東京入管の給食問題 視察委員会への情報提供

Posted on: 2019年 02月 15日

 以下のとおり、入国者収容所等視察委員会に、東京入管の給食問題について、本日付で情報提供をしました。
 参考 東京入管の「兵糧攻め」のような給食制限に抗議を (2月8日)

***

2019年2月15日
東日本地区入国者収容所等視察委員会 御中

情報提供

 当団体、SYI収容者友人有志一同は、入管施設に収容されている移民・難民の自由と人権の擁護を目的として活動する、任意団体です。

1
 最近、次のような通知が東京入国管理局の収容施設内に掲示され、そのとおりに2月から収容者の給食が制限されていると、複数の収容者から聞いています。

  1. 2月1日から「しょうゆ」と「みそしる」がなくなります。
  2. 1月29日からショッピングリストに「みそしる」がついかされます。ねだんは「204えん」で「10しょく」いりです。
  3. きゅうしょくに「ぎゅうにく」と「ぶたにく」はしようされていません。

 つまり、収容者の給食について、みそ、しょうゆ、豚肉、牛肉を提供しない(または有料化される)という措置がとられました。

 収容者からの聴き取りによれば、みそやしょうゆが提供されない理由は、それらが成分に微量のアルコールを含むからと、東京入管の職員に説明されたそうです。豚肉、牛肉とあわせて考えると、当該の措置は、宗教的理由により特定の人には提供できない食材を一律に提供しないという決定によるものと推察されます。しかしながら、こうした食材を普段とっている人たちにすら提供しないことには、何の合理的な理由も見出せません。

2
 東京入管の当該措置は、収容者の健康維持および人権保障の観点からみて、大きな問題があります。

 もともと入管収容施設の給食はとても粗末です。どの収容者に聞いても、次のように説明します。一食の大半は、炭水化物と、質の悪い油による揚げ物や、素材が悪くてくさい焼き魚などが占めます。野菜は、ほんの一つまみ程度にしか添えられていません。ごみ、髪の毛、害虫など異物が入っていることもあります。インスタント食品の購入はできますが、値段は高めです。しかも東京入管の場合、面会者が食品を差し入れることはできません。

 このような栄養学的も衛生的にも劣悪な食事が、このたびの措置によって、東京入管ではさらに低質になったのです。収容者たちは「まるで兵糧攻めのようだ」「今以上に食事がひどくなることはないだろうと思っていたら、もっとひどくなった」などなど、口々に苦しみや憤りの声をあげています。

 当局は、成人必須カロリー量を満たしていると主張するでしょう。しかし健康と人権の観点に立つなら、ビタミンなど他の栄養価も、少なくとも健康を維持できる程度には摂取できるように考慮するべきです。

3
 予算の観点からも問題点を指摘します。

 収容者の給食一食あたりの平均費用を計算してみます。2017年の東京入管における収容者給食の外注先との契約金額は、1億8672万円でした。同年の東京入管の収容者は、一日平均542.8人なので、平均して、一人一食あたり345.3円が給食に費やされていることになります。この年はまだ高いほうで、同じ方法で計算すると、たとえば2012年は一食あたり247.5円になります。

 注意が必要なのは、給食の外注額には、材料費だけでなく、受注業者の人件費、輸送費などの費用および利潤も含まれているということです。同じく給食を外注している警察の留置場では、たとえば岩手県だと一食が約415円となっているそうです(NHKニュース・ウェブ特集「ドラマとは違う 留置場の弁当事情」2017年11月28日)。この数字と比べてみても、入管の給食は相当に低い予算で済まされていることが分かります。これは収容者の最低限の健康維持に配慮した予算額ではないと言えます。

 当局に予算上の制約があるようにも見えません。というのも、東京入管は2月に並行して、収容施設内の電灯を一斉にLEDに取り換えているからです。まだ使用できる電灯の交換に資金をつぎこみながら、収容者に出される粗末な食事は、さらに粗末にしているのです。これはたいへん不条理なことだと考えます。

e0188516_10200970.jpg


 以上のとおり、このたびの東京入管の収容者給食にかんする措置の問題点を明らかにする情報を提供いたします。貴委員会におかれましては、当該措置の問題点を厳しく検証し、その撤回を強く勧告し、ひいては収容者給食の予算額を見直す必要性についても考慮していただければと期待しております。

SYI 収容者友人有志一同





# by p-dragon | 2019-02-15 07:37 | 入管収容の実態(報道・統計等)  

日本生まれの笠原カルロス圭一さんの長期収容

Posted on: 2019年 02月 14日

 日本生まれの笠原カルロス圭一さんは、国外退去を命令され、4年近くも入管に収容されています(現在、牛久入管に収容中)。今年1月、カルロスさんはうつ病との診断を受けました。このたび当団体が牛久入管所長に送った意見書を、ご本人の希望にそって公開します。

***

2019年2月14日
東日本入国管理センター所長 様

笠原カルロスさんの長期収容にかんする意見書

 笠原カルロス圭一さん(1993年生)は、2015年4月に(当初は東京入管横浜支局に)収容されてから現在にいたるまで、3年10か月もの長期にわたって入管に身体を拘束されており、現在までに彼がおこなった仮放免申請は15回に及びますが、ことごとく不許可にされています。

 以下に挙げる理由により、この長期収容は笠原さんにたいする許容しがたい人権侵害であると考えます。したがって、彼の収容を即時に解くことを要請します。

1 長期収容による人権侵害
 笠原さんが受けているのは、すでに4年半をこえ、しかも今後いつまで続くかも分からない拘禁です。この長期収容は、送還執行のための一時的措置という入管収容の建前とは明らかに矛盾しており、そして在留資格がないという理由だけで人間に強いるにはあまりに厳しく残酷なものです。

 笠原さんは鼻の骨が曲がってしまっているため、手術が必要ですが、収容のためにそれができず、かといって入管が彼に必要な医療を提供するわけでもありません。この点で、彼の収容継続は身体的な拷問にもなっています。このことに関連して、国連の拷問委員会が日本の入管収容にかんして表明している懸念のなかに、適切な医療へのアクセスの欠如が含まれている点も想起されるべきです。

2 笠原さんにたいする退去強制命令のはなはだしい非人道性
 笠原さんは日本国籍をもたないとはいえ、日本で生まれ育った、日本社会の実質的な一成員であり、彼が現実に属していると言える国は日本以外にありません。彼を送還対象者として収容しつづけることは、はなはだしく非人道的な措置です。

 私たちは本人から次のように聞いています。笠原さんは、日本で、ドミニカ国籍の父親とコロンビア国籍の母親のあいだに生まれた、日系三世です。永住資格をもっていましたが、両親の離婚にともない、何度か母親とともにコロンビアに渡航したことを理由に、在留資格を一年更新の定住に格下げされてしまいました。なお、彼の父親と家族は日本に暮らしつづけている一方で、彼の母親は再婚のためドイツに移住しており、ドミニカにもコロンビアにも彼の生活を支援してくれる人はいません。

 その後、2014年5月、20歳のときに、笠原さんは大麻所持の容疑で逮捕され、懲役6か月、執行猶予3年の実刑判決を受けました。刑務所には入らなかったものの、この実刑判決を理由に在留資格を更新されず、自動的に非正規滞在者とされてしまったことにより、2015年4月から彼は入管に収容されています。

 日本で生まれ育った笠原さんが、法的地位の違いという理由だけで、一度でも違法薬物所持の罪を犯せば更正の機会も与えられずに国外追放されるというのは、あまりに不公平で非人道的です。しかも無期限の入管収容は、笠原さんにたいする実質的な二重刑罰といえます。これこそ、国籍に関係なく保障されるべき基本的人権を無視する、不法な措置です。笠原さんの収容を直ちにやめるべきと考えます。

SYI(収容者友人有志一同)

e0188516_23404828.jpg


# by p-dragon | 2019-02-14 20:47 | 個人のケース(証言・抗議)  

東京入管の「兵糧攻め」のような給食制限に抗議を

Posted on: 2019年 02月 08日

東京入管に抗議の声をよせてください! 宛先は最下部にあります。

e0188516_06285958.jpg

 2月に入り、東京入管は、もともと粗末な収容者への給食を、さらにひどいものにしました。

  • これまで出ていた味噌汁を出さない。(売店で購入するとしても有料)
  • みそ、しょうゆ、およびそれらの入った食品を出さない。
  • 豚肉、牛肉は出さない。

 以上のような制限が新たに導入されたことが、複数の収容者からの聞き取りにより判明しました。

 豚肉、牛肉や、成分にアルコールが入っているみそやしょうゆを提供しないということは、宗教的理由により特定の人には提供できない食材を、一律に提供しないという暴挙に出たものと推測されます

 この措置に収容者たちは「まるで兵糧攻めのようだ」「今以上に食事がひどくなることはないだろうと思っていたら、もっとひどくなった」などなど、口々に苦しみや憤りの声をあげています。

 もともと入管収容施設の給食はとても粗末です。一食の大半は、炭水化物と、質の悪い油による揚げ物や、素材が悪くてくさい焼き魚などが占めます(成人必須カロリー量を数字だけ満たすようにするためか)。野菜は、ほんの一つまみ程度にしか添えられていません。インスタント食品の購入はできますが、値段は高めです。しかも東京入管の場合、面会者が食品を差し入れることはできません。 こんなにひどい食事が、2月からさらにひどくなったのです。

 【参考記事】入管収容施設の給食の劣悪さについて

 入管の意図が何であれ、この措置はまさに「兵糧攻め」です。いつ解放されるかも分からない環境で、まずくて栄養のない粗末な食事しか与えられない。このこと自体が収容者への拷問です。

 この措置にたいして、東京入管に抗議の声をよせてください!


東京入国管理局長 宛
郵便 108-8255 東京都港区港南5-5-30
FAX 03-5796-7125

【入管に要請して欲しいこと】
  • 2月からの収容者への給食の一律制限(みそ、しょうゆ、豚肉、牛肉)を撤回してください。
  • 収容者への食品の授与(差し入れ)を認めてください。
  • 収容者の栄養状態、健康状態が非常に劣悪であることを認め、根本的に改善してください。
  • 長期収容をやめてください。

# by p-dragon | 2019-02-08 08:23 | 抗議・声明  

入管収容施設の給食の劣悪さについて

Posted on: 2019年 02月 08日

 入管収容施設の給食がどれほど酷いかを伝えるために、2017年12月の年次報告会で配った資料の一部を、転載します。2017年末時点での東京入管の実態にかんする説明ですが、その後もこれといった改善はなく、そして2018年2月にさらに悪くなりました
 【2月10日 データを最新のものに更新】

*

 ......入管収容施設で提供される食事には、健康上、衛生上の問題があります。

 質の悪い食材が使われているようで、食べ物が臭いと多くの収容者が証言しています。腐った食材や虫が混入していることもあります。こうした証言は10年以上前からつねにあります。

 メニューもコロッケ、卵、焼き魚、たまに鶏肉やカレーなど、限られた種類のものしか出てこず、健康によくありません。現在、東京入管では、業者(株式会社祝一)に外注して作らせたものを提供しているようですが、入管が食品の衛生管理の責任を果たしているかどうか疑問です。

 給食にかけられている予算が低いことも一つの原因と考えられます。2017年の東京入管における収容者給食の外注先との契約金額は、1億8672万円でした。同年の東京入管の収容者は、一日平均542.8人なので、一人一食あたり314.2円ということになります。この年はまだ高いほうで、同じ方法で計算すると、たとえば2012年は一食あたり247.5円になります。しかも、この額には材料費だけでなく、人件費、輸送費、受注業者の利益なども含まれています。ところで、同じく給食を外注している警察の留置場では、たとえば岩手県だと一食が約415円となっているそうです(NHKニュース・ウェブ特集「ドラマとは違う 留置場の弁当事情」2017年11月28日)。この数字と比べてみても、入管の給食は相当に低い予算で済まされていると言えます。

 収容者の声 魚が腐っているので職員に言った。業者に注意すると言っていた。いつも食事はサンマ、サバばかりで、冷めていて固い。食べたくないのでプロテインでしのぐ。(Kさん、2017年8月の証言)

 収容者の声 食べ物が臭く、大きな虫半分が入っていて交換させた。(Aさん、2017年9月の証言)。


東京入管における収容者一人一食の推定価格(クリックで拡大)

e0188516_10200970.jpg

# by p-dragon | 2019-02-08 08:13 | 入管収容の実態(報道・統計等)  

Petition against Japan’s Existing Immigration Policy

Posted on: 2019年 01月 28日

English Translation of 日本の悪政である入国管理政策の是正をもとめる署名 (Issued on October 18, 2018)

Website
Join the Petition Online

e0188516_18332744.jpg

To the Minister of Justice,
To the Chief of Immigration Bureau,

Petition against Japan’s Existing Immigration Policy

We find that the recent debates over whether Japan should implement official immigration policy is misleading. What Japanese people has to do first of all is to know the problems caused by the existing Immigration Control Policy of Japan, and to solve them.

The problem of human rights abuse against immigration detainees in Japan arose at the same time as the establishment of Immigration Bureau in the postwar period, and still remains essentially unchanged. Its initial purpose was to detain and deport Koreans who migrated in Japan during and after Japan’s colonization of Korea. When Japan’s economic boom in the 1980s attracted workers from other Asian countries, Japan treated them only as “trainees” or “students” in order to avoid their admission as workers and neglect protecting their rights, which makes immigrants in Japan vulnerable to exploitation and abuse until today.

Japan’s immigration authorities stigmatize undocumented immigrants as criminals, or blame asylum applicants for camouflaging their real intention that they just seek for permission to work, while they impose unfair and unjust immigration rules from which immigrants attempt to escape. On the other hand, the authorities reject even such asylum seekers obviously meeting the definition in the Refugee Convention. They ignore freedom and basic rights of immigration detainees. They extend the period of detention indefinitely. They take no responsibility for any harm or death seemingly caused by long-term detention.

In a word, Japan’s immigration policy is designed to facilitate exploitation and abuse of non-citizens, especially those from developing countries. A nation maintaining such an indefensible policy never deserves to admit immigrant workers. As far as it maintains this policy, Japan will inevitably face increasing resentment by foreign citizens, and it will be difficult in the future that Japanese people make good friends with other nations when the home countries of immigrants compete or overtake Japan economically.

We therefore call for the reform of Japan’s existing immigration policy. We believe that all the demands below are feasible under existing law, or will be so by making a slight amendment of it.

1. Grant the status of residence to the children born to undocumented immigrants in Japan, and to their family members.

2. Grant the status of residence to undocumented immigrants living in Japan for a long time, e.g. for five years or more.

3. Grant the status of residence to all the undocumented immigrants married to a Japanese citizen or a permanent resident.

4. Examine asylum applications in a fair and reasonable manner, by changing the current way which is essentially contradictory to UN Refugee Convention.

5. Never detain those meeting Clauses 1-4 above.

6. Do not detain anyone for more than three months.

7. Abolish “Trainee” Admission Policy (gino-jisshu seido) and Government’s “300,000 International Students” Plan. Instead, implement a policy to provide immigrant workers with equal protection of their rights.

January 28, 2019 (English Translation)
Issued by SYI (Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainees' Friends, a voluntary association in Tokyo)

Join the Petition Online

Contact to SYI:
freeimmigrants [at] yahoo.co.jp
080 8844 7318 (+81 80 88 44 73 18)
http://pinkydra.exblog.jp
https://twitter.com/SYI_pinkydragon



# by p-dragon | 2019-01-28 18:34 | アクション・イベント  

入管収容中の難民ディサナヤケさん「私を家族のもとに返してください」

Posted on: 2019年 01月 22日

 スリランカ出身の難民申請者ディサナヤケ・ムディヤンセラゲ・ヴィプラさん(1970年生)は、2018年5月22日から東京入管に収容されています。彼は本国で迫害の恐れがあるためだけでなく、日本にいる家族のためにも、日本を出ていくことはできません。収容のせいで、彼は娘の出産に立ち会うことすらできず、いまだ一度も娘に会えていません。収容期間も、すでに7か月をこえています。

 この残酷な仕打ちに耐えかね、ディサナヤケさんは彼の境遇を日本社会に広く知らせ、入管の不当性を訴えることを決意しました。

妊娠中の配偶者から引き離す
 ディサナヤケさんは、出身国スリランカで政治的立場を理由に暴行や脅迫を受けるようになり、身の危険を感じ、2008年に日本に渡ります。その後、彼は2016年に千葉県在住の日本人女性と知り合い、2017年10月31日には彼女と結婚し、さらには彼女の妊娠が発覚します。ところが2018年5月22日、東京入管はディサナヤケさんを難民として認めない旨を伝え、同時に彼を収容してしまいました。

 同年8月28日には、二人の娘が生まれましたが、それでも入管はディサナヤケさんの収容を解こうとしません。娘の出生届を提出するよう彼に求めたにもかかわらず、入管は彼の仮放免を許可しないのです。

e0188516_14290940.jpg
(ディサナヤケさん、配偶者の女性と)

健康に問題のある配偶者に一人での子育てを強いる
 配偶者の女性は、過去に受けた家庭内暴力が原因で、精神障害を患っています。彼女は精神的ストレスがかかると、呼吸困難や抑うつ症状、希死観念などを発症し、ときにはめまいを起こして倒れてしまう場合もあります。彼女が妊娠中、ディサナヤケさんとの面会のため東京入管に訪れたときには、施設内で倒れたこともあります。それにもかかわらず、入管はディサナヤケさんを収容することによって、生後まもない娘を一人で育てることを彼女に強いているのです。

 入管に提出するために、娘の出生証明書の取得手続をとることだけでも、彼女には大変な仕事でした。彼女は体力があまりなく、自宅から遠い東京入管まで娘を連れて行くことが難しいので、ディサナヤケさんは生後5か月になる娘にいまだ一度も会えていません。

 女性は、出産前に東京入管を訪れたとき、ある職員がディサナヤケさんについて「犬や猫じゃないから餌は与える」というあまりに心ない発言をしたことが忘れられず、許せないと証言しています。一刻も早くディサナヤケさんを家族のもとに戻してほしいと、彼女は訴えています。
 
e0188516_14291158.jpg
(配偶者と娘)

ディサナヤケさんの怒り
 ディサナヤケさんは、彼を難民として認めないことだけでなく、このあまりに非人道的な家族分離についても、入管にたいして憤っています。結婚も、配偶者の妊娠も、すべて彼は入管に届け出ました。2018年2月および3月に、入管職員が彼の住居を訪問調査したときにも、配偶者の女性の妊娠のことを入管に知らせました。それを分かっていながら、入管は自分を収容し、いまだに解放しない、どうしてこんなにも残酷なことを入管はできるのかと、ディサナヤケさんは怒りをこめて抗議しています。

 東京入管は一刻も早くディサナヤケさんを解放し、彼の合法的在留を認めよ!


# by p-dragon | 2019-01-22 14:58 | 個人のケース(証言・抗議)