人気ブログランキング |

カテゴリ:アクション・イベント( 99 )

Posted on:

 

世界難民の日企画 たこくせき★交流会2019(6/16) 

Posted on: 2019年 05月 13日

SYI世界難民の日企画 たこくせき★交流会2019 
~ノーボーダー、ノー入管、だってぼくらは地球人♥~

SYI せかい なんみんのひ きかく たこくせき ★ こうりゅうかい 2019 
~ノーボーダー、ノーにゅうかん、だって ぼくらは ちきゅうじん♥~

English


 SYIは、日本[にほん]の入管政策[にゅうかん せいさく]とくに入管収容[にゅうかん しゅうよう]に反対[はんたい]する団体[だんたい]です。入管[にゅうかん]は、移民[いみん]や難民[なんみん]、外国人労働者[がいこくじん ろうどうしゃ]を、都合[つごう]よく管理[かんり]できるモノのようにあつかっています。この問題[もんだい]を広[ひろ]めるために、私[わたし]たちは活動[かつどう]しています。

 世界難民[せかい なんみん]の日[ひ]を記念[きねん]して、私[わたし]たちは小[ちい]さなパーティを開[ひら]きます。国境[こっきょう]にも在留資格[ざいりゅうしかく]にも分断[ぶんだん]されず、おなじ社会[しゃかい]にくらす仲間[なかま]として、交流[こうりゅう]を深[ふか]めましょう!
 

e0188516_21185171.jpg


《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318


by p-dragon | 2019-05-13 21:48 | アクション・イベント  

Multicultural Get-Together for World Refugee Day 2019 (June 16)

Posted on: 2019年 05月 12日

Multicultural Get-Together for World Refugee Day 2019
“No Border, No NYUKAN, ’cause We Are All Human Beings”

  • 2019.6.16 (SUN) 14:00-16:00
  • 2F Room C, Jimbocho Hall (03-3263-0741, Kanda-Jinbocho 2-40, Tokyo
  • 5-10 min. Walk from Suido-bashi / Jinbocho / Kudan-shita Sta.

We SYI opposes to the Immigration Bureau of Japan which treats immigrants like an object at its disposal, particularly in its detention policy. In commemorating World Refugee Day, we will have a small get-together. No border, no paper, anyone is welcome.

e0188516_21185171.jpg

SYI (Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainees’ Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
twitter.com/SYI_pinkydragon
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318


by p-dragon | 2019-05-12 21:16 | アクション・イベント  

東京入管抗議・激励・面会アクション(4月30日)

Posted on: 2019年 04月 21日

第37回 東京出入国在留管理局 抗議・激励・面会アクション

 2019年 4月 30日(火) 14:00-16:00

 東京入管 正門前(港区港南5-5-30)
 品川駅港南口(東口)8番バスのりば → 「入国管理局前」で下車


 4月、新入管法が施行され、入管局が「出入国在留管理庁」に格上げされました。なにやら新しい政策が始まったように見えます。しかし日本の入管の本質は変わっていません。

 入管収容施設には、さまざまな帰国できない事情をもつ人々が、在留資格をもたないという理由だけで無期限に拘束され、自由を奪われ、人権を侵害され、尊厳を否定されています。収容に耐えかねて収容者がみずから帰国を選ぶまで、かれらを入管は生かさず殺さずの状態のまま監禁しつづけるのです。たとえかれらが帰りをまつ家族をもっていても、あるいは深刻な病気になろうとも、入管は収容という名の拷問をやめようとしません。

 この非人道的なやりかたは、戦後に入管体制が構築されてから、ずっと続いているものです。たとえこの国が改元によって「新しい時代」を演出しようとも、入管の排外性は変わらないままです。

 連休のせいで収容者と面会できないので、私たちは抗議行動をおこないます。ご参集を!


《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

e0188516_06285958.jpg


by p-dragon | 2019-04-21 10:48 | アクション・イベント  

Protest at Tokyo Immigration Bureau (30 April)

Posted on: 2019年 04月 21日

Protest at Tokyo Immigration Bureau

Tuesday, April 30, 2019

14:00-16:00, at Tokyo Regional Immigration Bureau
(Konan 5-5-30, Minato-ku, Tokyo)

Take a bus at the Terminal 8, Konan exit of JR Shinagawa station.


 We, SYI, are a voluntary association in Tokyo opposing to Japanese immigration policy, especially to immigration detention.

 The Immigration Bureau of Japan, a department of the Ministry of Justice, totally abuses basic rights of undocumented immigrants. Even when a detainee dies because of its wrong treatments, it never takes responsibility.

 Opposing to human right abuse of detainees, we do demonstration at Tokyo Immigration Bureau on this day.


SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

by p-dragon | 2019-04-21 10:13 | アクション・イベント  

東京入管抗議・激励・面会アクション(3月1日)

Posted on: 2019年 02月 21日

第36回 東京入国管理局での抗議・激励・面会アクション

2019年 3月 1日(金)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会(予定、身分証明書必要)

 昨年、入管法改定をめぐる議論が活発になりました。しかし移民受入の是非を議論する以前に、いまの日本の入管政策には、解決すべき深刻な問題があるはずです。それは外国人労働者の人権否定にくわえて、非人道的な入管収容のことです。

 2018年2月、入国管理局は収容をさらに厳しくしました。オリンピックや入管法改定が予定されるなかで、非正規滞在者および難民申請者への締めつけ強めたのです。

 こうした人々は、日本に定着し社会の一員になっている、出身国で迫害される恐れがある、仲介機関にだまされ雇用者に搾取されて借金が返せない、等々、帰国できない事情をもつ人たちばかりです。そうした人々を無期限に強制収容することにより、出国に同意するまで精神的拷問にかけるのが、日本の入管のやり方です。このような強制収容を、なくさなければなりません。日本の現代の強制収容所に反対しましょう!

 集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
 行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば → 「入国管理局前」で下車

《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

e0188516_06285958.jpg

by p-dragon | 2019-02-21 15:04 | アクション・イベント  

Protest at Tokyo Immigration Bureau (1 March)

Posted on: 2019年 02月 21日

Protest at Tokyo Immigration Bureau

Friday, March 1, 2019
13:00 in front of Tokyo Regional Immigration Bureau
(Konan 5-5-30, Minato-ku, Tokyo)
Take a bus at the Terminal 8, Konan exit of JR Shinagawa station.

13:00 Demonstration
14:00 Submitting petitions
14:30 Meeting detainees (your ID needed)

SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318



by p-dragon | 2019-02-21 14:44 | アクション・イベント  

Petition against Japan’s Existing Immigration Policy

Posted on: 2019年 01月 28日

English Translation of 日本の悪政である入国管理政策の是正をもとめる署名 (Issued on October 18, 2018)

Website
Join the Petition Online

e0188516_18332744.jpg

To the Minister of Justice,
To the Chief of Immigration Bureau,

Petition against Japan’s Existing Immigration Policy

We find that the recent debates over whether Japan should implement official immigration policy is misleading. What Japanese people has to do first of all is to know the problems caused by the existing Immigration Control Policy of Japan, and to solve them.

The problem of human rights abuse against immigration detainees in Japan arose at the same time as the establishment of Immigration Bureau in the postwar period, and still remains essentially unchanged. Its initial purpose was to detain and deport Koreans who migrated in Japan during and after Japan’s colonization of Korea. When Japan’s economic boom in the 1980s attracted workers from other Asian countries, Japan treated them only as “trainees” or “students” in order to avoid their admission as workers and neglect protecting their rights, which makes immigrants in Japan vulnerable to exploitation and abuse until today.

Japan’s immigration authorities stigmatize undocumented immigrants as criminals, or blame asylum applicants for camouflaging their real intention that they just seek for permission to work, while they impose unfair and unjust immigration rules from which immigrants attempt to escape. On the other hand, the authorities reject even such asylum seekers obviously meeting the definition in the Refugee Convention. They ignore freedom and basic rights of immigration detainees. They extend the period of detention indefinitely. They take no responsibility for any harm or death seemingly caused by long-term detention.

In a word, Japan’s immigration policy is designed to facilitate exploitation and abuse of non-citizens, especially those from developing countries. A nation maintaining such an indefensible policy never deserves to admit immigrant workers. As far as it maintains this policy, Japan will inevitably face increasing resentment by foreign citizens, and it will be difficult in the future that Japanese people make good friends with other nations when the home countries of immigrants compete or overtake Japan economically.

We therefore call for the reform of Japan’s existing immigration policy. We believe that all the demands below are feasible under existing law, or will be so by making a slight amendment of it.

1. Grant the status of residence to the children born to undocumented immigrants in Japan, and to their family members.

2. Grant the status of residence to undocumented immigrants living in Japan for a long time, e.g. for five years or more.

3. Grant the status of residence to all the undocumented immigrants married to a Japanese citizen or a permanent resident.

4. Examine asylum applications in a fair and reasonable manner, by changing the current way which is essentially contradictory to UN Refugee Convention.

5. Never detain those meeting Clauses 1-4 above.

6. Do not detain anyone for more than three months.

7. Abolish “Trainee” Admission Policy (gino-jisshu seido) and Government’s “300,000 International Students” Plan. Instead, implement a policy to provide immigrant workers with equal protection of their rights.

January 28, 2019 (English Translation)
Issued by SYI (Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainees' Friends, a voluntary association in Tokyo)

Join the Petition Online

Contact to SYI:
freeimmigrants [at] yahoo.co.jp
080 8844 7318 (+81 80 88 44 73 18)
http://pinkydra.exblog.jp
https://twitter.com/SYI_pinkydragon



by p-dragon | 2019-01-28 18:34 | アクション・イベント  

年末の東京入管激励アクション 12/29

Posted on: 2018年 12月 20日

第36回 東京入管激励アクション

2018年12月29日(土)
14:00 東京入管前(防寒対策をお忘れなく)

入管はこの日から年末休みとなり、正月明けまで収容者は外部の人に会うことができません。
そこでこの日は、外から収容者に声と、世界の音楽を届けます。
ご参集を。

集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車

《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

e0188516_00105942.jpg


by p-dragon | 2018-12-20 22:37 | アクション・イベント  

SYI入管問題にかんする年次報告会(12月2日)

Posted on: 2018年 12月 02日

SYI年次報告会2018
日本の入管政策こそ移民・難民をだます偽装である

English


2018年12月2日(日) 14:00-16:30 (13:30会場)

万世橋区民館 3階和室 
 JR秋葉原駅 電気街口から徒歩5分
 東京都千代田区外神田1-1-11

資料代 500円

  • 報告 ますます厳格化する入管収容 / 入管庁? 移民受入? 無視される在来の移民・難民 / SYI年間活動報告
  • 講演 「入管を訴えたアリ・アイユルドゥズさん ~裁判の争点は何か~」大橋毅さん(弁護士、アリさん代理人)[*次回アリ裁判は 12月4日(火)11時 東京地方裁判所703法廷]
  • 当事者・活動団体アピール


Flyer (PDF)
e0188516_18073924.jpg

地図
e0188516_18185913.jpg


 いま国会では、人手不足を外国人労働者で埋めあわせるための法案が論争の的になっている。しかし、現行の入管システムの中心部で日々おこなわれている外国人の虐待は、わずかにしか話題に上らない。

 日本は「移民を受け入れない」と言いながら、実際にはたくさんの外国人を「技能実習生」「留学生」あるいは非正規滞在者として、搾取や使い捨てにされやすい劣悪な条件で働かせている。他方で、日本は難民を受け入れると国際社会に約束しておきながら、年間の難民申請者のうち1パーセントすら受け入れていない。そして入管は、その理不尽な規則から外れる人を「不法就労者」「偽装難民」などと呼んで貶め、刑務所のような収容施設にいつまでも閉じ込める。だがむしろ日本の入管政策こそが、その歪んだ実態を隠す“偽装”ではないだろうか。

 日本の悪政である入管政策の根本を支えている収容施設。そこで何が起きているのか。年間の状況を報告する。

SYI(収容者友人有志一同 Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318




by p-dragon | 2018-12-02 14:00 | アクション・イベント  

牛久入管の被収容者による集団要請 あなたも賛同を!

Posted on: 2018年 11月 12日

【2019/3/21 追記】 2019年3月19日、請願の作成者およびSYIが、請願および署名を東日本入管センター所長に提出しました。署名者一覧はこちら


 ますます長期化し、残酷になる入管収容にたえかねて、牛久入管の被収容者が集団要請文を提出しようとしています。当団体は、要請文の作成者の一人からの依頼を受けて、この要請文をウェブ(特設サイト)に公開します。

e0188516_17574061.jpg
(バナーをクリックして特設サイトへ)

 要請文の作成者たちは、牛久入管の他のブロックの被収容者と、さらには支援者および日本社会の人びと一般にも、要請に加わることを望んでいます。それゆえに当団体は、要請文への賛同署名を、あわせて募集します。

 賛同署名フォーム

 ご注目、ご協力を!


収容長期化を回避し、仮放免を弾力的に運用することに関する請願
特設サイト https://sites.google.com/view/petition-ushiku-20181030

【要旨】
  1. 私達は帰国できない事情があり、在留継続を求めています。
  2. 牛久入管はそもそも長期収容の可能な施設ではありません。
  3. 収容の根本の目的をはなれ、長期収容により心身を痛めつけて、被収容者を自主的な帰国へと追い込む手法。
  4. 長期収容化について、日本にとって積極的要素が見当たらず、消極的要素が潜在しています。

 作成者: 東日本入国管理センター(牛久入管)の被収容者
 作成日: 2018年10月30日
 抗議する人々に連帯して、あなたも署名を!

 公開者および署名募集代行者: SYI (収容者友人有志一同)




by p-dragon | 2018-11-12 18:12 | アクション・イベント