カテゴリ:アクション・イベント( 92 )

Posted on:

 

年末の東京入管激励アクション 12/29

Posted on: 2018年 12月 20日

第36回 東京入管激励アクション

2018年12月29日(土)
14:00 東京入管前(防寒対策をお忘れなく)

入管はこの日から年末休みとなり、正月明けまで収容者は外部の人に会うことができません。
そこでこの日は、外から収容者に声と、世界の音楽を届けます。
ご参集を。

集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車

《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

e0188516_00105942.jpg


by p-dragon | 2018-12-20 22:37 | アクション・イベント  

SYI入管問題にかんする年次報告会(12月2日)

Posted on: 2018年 12月 02日

SYI年次報告会2018
日本の入管政策こそ移民・難民をだます偽装である

English


2018年12月2日(日) 14:00-16:30 (13:30会場)

万世橋区民館 3階和室 
 JR秋葉原駅 電気街口から徒歩5分
 東京都千代田区外神田1-1-11

資料代 500円

  • 報告 ますます厳格化する入管収容 / 入管庁? 移民受入? 無視される在来の移民・難民 / SYI年間活動報告
  • 講演 「入管を訴えたアリ・アイユルドゥズさん ~裁判の争点は何か~」大橋毅さん(弁護士、アリさん代理人)[*次回アリ裁判は 12月4日(火)11時 東京地方裁判所703法廷]
  • 当事者・活動団体アピール


Flyer (PDF)
e0188516_18073924.jpg

地図
e0188516_18185913.jpg


 いま国会では、人手不足を外国人労働者で埋めあわせるための法案が論争の的になっている。しかし、現行の入管システムの中心部で日々おこなわれている外国人の虐待は、わずかにしか話題に上らない。

 日本は「移民を受け入れない」と言いながら、実際にはたくさんの外国人を「技能実習生」「留学生」あるいは非正規滞在者として、搾取や使い捨てにされやすい劣悪な条件で働かせている。他方で、日本は難民を受け入れると国際社会に約束しておきながら、年間の難民申請者のうち1パーセントすら受け入れていない。そして入管は、その理不尽な規則から外れる人を「不法就労者」「偽装難民」などと呼んで貶め、刑務所のような収容施設にいつまでも閉じ込める。だがむしろ日本の入管政策こそが、その歪んだ実態を隠す“偽装”ではないだろうか。

 日本の悪政である入管政策の根本を支えている収容施設。そこで何が起きているのか。年間の状況を報告する。

SYI(収容者友人有志一同 Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318




by p-dragon | 2018-12-02 14:00 | アクション・イベント  

牛久入管の被収容者による集団要請 あなたも賛同を!

Posted on: 2018年 11月 12日

 ますます長期化し、残酷になる入管収容にたえかねて、牛久入管の被収容者が集団要請文を提出しようとしています。当団体は、要請文の作成者の一人からの依頼を受けて、この要請文をウェブ(特設サイト)に公開します。

e0188516_17574061.jpg
(バナーをクリックして特設サイトへ)

 要請文の作成者たちは、牛久入管の他のブロックの被収容者と、さらには支援者および日本社会の人びと一般にも、要請に加わることを望んでいます。それゆえに当団体は、要請文への賛同署名を、あわせて募集します。

 賛同署名フォーム

 ご注目、ご協力を!


収容長期化を回避し、仮放免を弾力的に運用することに関する請願
特設サイト https://sites.google.com/view/petition-ushiku-20181030

【要旨】
  1. 私達は帰国できない事情があり、在留継続を求めています。
  2. 牛久入管はそもそも長期収容の可能な施設ではありません。
  3. 収容の根本の目的をはなれ、長期収容により心身を痛めつけて、被収容者を自主的な帰国へと追い込む手法。
  4. 長期収容化について、日本にとって積極的要素が見当たらず、消極的要素が潜在しています。

 作成者: 東日本入国管理センター(牛久入管)の被収容者
 作成日: 2018年10月30日
 抗議する人々に連帯して、あなたも署名を!

 公開者および署名募集代行者: SYI (収容者友人有志一同)




by p-dragon | 2018-11-12 18:12 | アクション・イベント  

SYI's Public Debriefing on Immigration Policy (DEC 2)

Posted on: 2018年 11月 10日

SYI's Public Debriefing 2018: Japanese Immigration Control Policy as FALSE “No Admission of Immigrants” and FALSE Asylum Policy

December 2, 2018, 14:00-16:30 (open at 13:30)

Mansei-Bashi Hall, 3rd Fl.
Soto-Kanda 1-1-11, Chiyoda, Tokyo, 5 min. walk from JR Akihabara Sta. Electric Town Exit

  • Reports: Tight Immigration Policy and Detention, Debates on the Amendment of Immigration Act, SYI’s Activities
  • Lecture: What is at Stake in Ali Ayıldız’ Lawsuit against Immigration Bureau? By Takeshi Ohashi, Attorney for Ali
  • Speeches of Former Detainees and Activists

Although a bill to amend the Immigration Control Act is currently a controversial topic, only few focus on the abuses repeated every day at the heart of present immigration control system.

Japan actually admits a large number of workers from abroad, but as disposable laborers like “trainees” “students” or irregular immigrants whose rights are strictly limited. Japan recognizes less than 1 per cent of asylum applicants in spite of its participation in UN Refugee Convention. It is Japan that DISGUISES the real face of Japanese immigration control system, as to be shown in our report on immigration detention this year.

e0188516_18073924.jpg
Flyer (PDF)

SYI(収容者友人有志一同 Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318




by p-dragon | 2018-11-10 18:11 | アクション・イベント  

日本の悪政である入国管理政策の是正をもとめる署名

Posted on: 2018年 10月 18日

「日本の悪政である入国管理政策の是正をもとめる署名」の募集を開始しました。

以下にかかげる要求は、いずれも、法の変更なしに、 あるいは部分的な法改正だけで、すぐに実行できるはずのものです。入管の権力乱用と人権侵害をやめさせるため、ぜひ署名にご協力を! 詳しくは、特設サイトをご参照ください。

特設サイト 日本の悪政である入国管理政策の是正をもとめる署名
https://sites.google.com/view/syi2018nyukan
オンライン署名フォーム https://docs.google.com/forms/d/1xJ_DQiy_-Mrxlt-xUabpRmSmUhRls8t-W9H7tpg-MLM
e0188516_21195241.jpg

  1. 日本で生まれた非正規滞在の子供に、またその家族に、在留資格を認めよ。
  2. 長期、たとえば5年以上暮らしている非正規滞在者に 、在留資格を認めよ 。
  3. 日本人や永住者の配偶者がいる非正規滞在者は、誰にでも 在留資格を認めよ 。
  4. 難民条約の趣旨にまったく反する日本の難民審査を見直し、難民を正しく認定せよ。
  5. 上記の1から4に該当する人を収容するな。
  6. どんな場合でも3か月を超える収容をするな。
  7. 外国人搾取の温床となっている技能実習制度および「留学生30万人計画」を廃止し、外国人就労者の権利を日本人と同等に保護する制度に変更せよ。

呼びかけ団体
SYI(収容者友人有志一同 Immigration Detainee's Friends)

【署名集めにご協力を!】
▼ 賛同団体を募集中!
私たちとともに署名を呼びかけてくれる団体を募集します。
賛同団体名は、本特設サイトに随時追加します。
ご賛同いただける団体は、SYIまでご連絡ください。

SYI連絡先 freeimmigrants [at] yahoo.co.jp / 080-8844-7318

▼ 署名をお送りください!
署名用紙を印刷し、ご友人や身近な方の署名をお集めください。
集めた署名は呼びかけ団体のSYIにお送りください。
郵送先(東京都)はEメールか電話でお問い合わせください。

SYI連絡先 freeimmigrants [at] yahoo.co.jp / 080-8844-7318

▼ オンラインで情報拡散を!
本サイトURL https://sites.google.com/view/syi2018nyukan
オンライン署名フォームURL https://docs.google.com/forms/d/1xJ_DQiy_-Mrxlt-xUabpRmSmUhRls8t-W9H7tpg-MLM
署名用紙印刷用PDFのURL https://drive.google.com/file/d/1ns6FZMgvbu2wy1zcOcGGnJX5wtPD6caZ




by p-dragon | 2018-10-18 21:20 | アクション・イベント  

東京入管抗議・激励・面会アクション(10月23日)

Posted on: 2018年 10月 10日

第35回 東京入国管理局での抗議・激励・面会アクション

English

2018年 10月23日(火)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会(予定、身分証明書必要)

入管は日本のために一生懸命働いている、いいことをしている宣伝しています。
しかし日本の入管政策の実態は、技能実習や留学の建前で外国人を搾取するものであり、難民受け入れも真っ赤な嘘です。
そして入管にとって不要な外国人は、収容施設に閉じ込め、心身がボロボロになっても解放しないのです。
自国の都合で外国人を騙し、苦しめるような政策を許してはいけません。
日本の現代の強制収容所に反対しましょう!

集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車

《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

e0188516_00105942.jpg

by p-dragon | 2018-10-10 04:58 | アクション・イベント  

Protest at Tokyo Immigration Bureau (23 Oct)

Posted on: 2018年 10月 10日

Protest at Tokyo Immigration Bureau

日本語

Tuesday, October 23, 2018
13:00 in front of Tokyo Regional Immigration Bureau
(Konan 5-5-30, Minato-ku, Tokyo)
Take a bus at the Terminal 8, Konan exit of JR Shinagawa station.

13:00 Demonstration
14:00 Submitting petitions
14:30 Meeting detainees (your ID needed)

SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_00105942.jpg

by p-dragon | 2018-10-10 04:46 | アクション・イベント  

世界難民の日2018 収容やめろ! 東京入管収容者を激励する行動(6/16)

Posted on: 2018年 06月 16日


世界難民の日 2018
収容やめろ! 東京入管収容者を激励する行動

English

2018年6月16日 (土)
16:00 街頭宣伝 品川駅港南口 「こうなん星の公園」 付近に集合
     (東京都港区港南1-9-24)
16:30 東京入管 (港区港南5-5-30) へ徒歩で移動 (バスも利用可)
17:00 東京入管前・激励行動

【緊急よびかけ】入管の長期収容への抗議文を送ろう


e0188516_14001132.jpg


 ビザをもたないという理由で入管施設に収容され、自由をうばわれている外国人。
 日本の入管は外国人を、刑務所のような場所に、裁判もなしに、そして無期限に、監禁しつづけます。

 いま入管収容施設では、収容が長期化し、1年や2年、3年ですら珍しくありません。また病気にもかかわらず医療放置される人や、耐えられなくなって自殺を試みる人が後をたたず、死人すら続出しています。

 かれらの多くは、日本社会にながく暮らす移民、迫害や身の危険から逃れてきた難民など、帰国できない事情をもっています。しかし入管は、そうした事情をいっさい無視して、いつまでもかれらを閉じ込めつづけようとします。まるで拷問のように。

 6月20日は世界難民の日ですが、難民条約がもつ人権と国際協力の精神に、日本の入管政策は反しています。そこでわたしたちは、6月16日、入管収容への反対を街頭でうったえるとともに、東京入管に収容されている人たちに激励の声をとどける行動を呼びかけます。


e0188516_13163433.jpg
(PDFで閲覧可)


 2018年5月21日

 SYI (収容者友人有志一同 Immigration Detainee’s Friends)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

【緊急よびかけ】入管の長期収容への抗議文を送ろう






by p-dragon | 2018-06-16 14:07 | アクション・イベント  

【緊急よびかけ】入管の長期収容への抗議文を送ろう

Posted on: 2018年 06月 16日


緊急よびかけ
入管の長期収容にたいする抗議文を送ってください !

 2018年5月21日公開

e0188516_13145114.jpg
(PDFで閲覧可)

送付先
 東京入国管理局(局長宛)
  108-8255 東京都港区港南5-5-30  FAX 03-5796-7125
 東日本入国管理センター(所長宛)
  300-1288 茨城県牛久市久野町1766-1  FAX 029-830-9010
 こちらも参照
 収容やめろ!東京入管収容者を激励する行動(6/16)


​ 現在、入管収容がますます長期化しています。当局に抗議文を送ってください! はがきまたはFAXを推奨します。以下の文例や、後掲のデータを参考にしてください。

▽ 長期収容は重大な人権侵害です。すぐに停止を!
▽ 市民の税金で人権侵害をするのをやめてください!
▽ ビザがないことよりも無期限収容のほうが不法だ!
▽ いつまた死者が出るかもしれない。長期収容反対!
▽ 憲法理念や国際人権規約は無期限収容を許さない!


​● 入管収容と強制送還

90%以上  入管により強制送還を命じられた人のうち、自費で帰された人の割合。
 
 この数字は、無期限収容を、送還の実行手段として入管が利用していることを物語る。入管収容を精神的拷問とよぶのは誇張ではない。

e0188516_22513365.jpg


● 入管収容施設での自傷、自殺、急死

44件  2017年、全国の入管収容施設における自傷行為(自殺)の発生件数。

17人  1997年から現在までの、入管の業務下における死者の数(公表されたかぎりで)。

 帰国できない事情をもつ移民や難民を、無期限に監禁しつづけるかぎり、自傷、自殺、医療放置による病死はかならず起こる。人を死に追い込んでも入管はいっさい責任をとらない。

 参考記事 入国管理局における死亡事件(1997-2018.4)


● 世界最低レベルの難民認定率

3.4%  過去6年間の難民申請者のうち、日本の在留を認められた人の割合(難民認定を得た人に限れば1%未満)。

 世界的に周知の問題だが、日本の難民認定の基準は異常なほどに厳格。人を疑い、取締ることを業務とする入管に、人権保障にかかわる難民審査を任せていること自体に問題がある。

e0188516_23561205.jpg


 こちらも参照
 収容やめろ!東京入管収容者を激励する行動(6/16)






by p-dragon | 2018-06-16 13:32 | アクション・イベント  

NO DETENTION! Demonstration at Tokyo Regional Immigration Bureau (16 June)

Posted on: 2018年 05月 21日


World Refugee Day 2018

NO DETENTION! Demonstration at Tokyo Regional Immigration Bureau

16 June 2018

16:00 Speech in a Park at Shinagawa Sta. (Konan 1-9-24, Minato-ku)
16:30 Walk to Tokyo Immig. Bureau (Konan 5-5-30, Minato-ku) or by bus
17:00 Demonstration at Tokyo Immig. Bureau

SYI (Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318

e0188516_13163433.jpg




by p-dragon | 2018-05-21 13:17 | アクション・イベント