カテゴリ:アクション・イベント( 85 )

 

世界難民の日2018 収容やめろ! 東京入管収容者を激励する行動(6/16)


世界難民の日 2018
収容やめろ! 東京入管収容者を激励する行動

English

2018年6月16日 (土)
16:00 街頭宣伝 品川駅港南口 「こうなん星の公園」 付近に集合
     (東京都港区港南1-9-24)
16:30 東京入管 (港区港南5-5-30) へ徒歩で移動 (バスも利用可)
17:00 東京入管前・激励行動

【緊急よびかけ】入管の長期収容への抗議文を送ろう


e0188516_14001132.jpg


 ビザをもたないという理由で入管施設に収容され、自由をうばわれている外国人。
 日本の入管は外国人を、刑務所のような場所に、裁判もなしに、そして無期限に、監禁しつづけます。

 いま入管収容施設では、収容が長期化し、1年や2年、3年ですら珍しくありません。また病気にもかかわらず医療放置される人や、耐えられなくなって自殺を試みる人が後をたたず、死人すら続出しています。

 かれらの多くは、日本社会にながく暮らす移民、迫害や身の危険から逃れてきた難民など、帰国できない事情をもっています。しかし入管は、そうした事情をいっさい無視して、いつまでもかれらを閉じ込めつづけようとします。まるで拷問のように。

 6月20日は世界難民の日ですが、難民条約がもつ人権と国際協力の精神に、日本の入管政策は反しています。そこでわたしたちは、6月16日、入管収容への反対を街頭でうったえるとともに、東京入管に収容されている人たちに激励の声をとどける行動を呼びかけます。


e0188516_13163433.jpg
(PDFで閲覧可)


 2018年5月21日

 SYI (収容者友人有志一同 Immigration Detainee’s Friends)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

【緊急よびかけ】入管の長期収容への抗議文を送ろう






[PR]

by p-dragon | 2018-06-16 14:07 | アクション・イベント  

【緊急よびかけ】入管の長期収容への抗議文を送ろう


緊急よびかけ
入管の長期収容にたいする抗議文を送ってください !

 2018年5月21日公開

e0188516_13145114.jpg
(PDFで閲覧可)

送付先
 東京入国管理局(局長宛)
  108-8255 東京都港区港南5-5-30  FAX 03-5796-7125
 東日本入国管理センター(所長宛)
  300-1288 茨城県牛久市久野町1766-1  FAX 029-830-9010
 こちらも参照
 収容やめろ!東京入管収容者を激励する行動(6/16)


​ 現在、入管収容がますます長期化しています。当局に抗議文を送ってください! はがきまたはFAXを推奨します。以下の文例や、後掲のデータを参考にしてください。

▽ 長期収容は重大な人権侵害です。すぐに停止を!
▽ 市民の税金で人権侵害をするのをやめてください!
▽ ビザがないことよりも無期限収容のほうが不法だ!
▽ いつまた死者が出るかもしれない。長期収容反対!
▽ 憲法理念や国際人権規約は無期限収容を許さない!


​● 入管収容と強制送還

90%以上  入管により強制送還を命じられた人のうち、自費で帰された人の割合。
 
 この数字は、無期限収容を、送還の実行手段として入管が利用していることを物語る。入管収容を精神的拷問とよぶのは誇張ではない。

e0188516_22513365.jpg


● 入管収容施設での自傷、自殺、急死

44件  2017年、全国の入管収容施設における自傷行為(自殺)の発生件数。

17人  1997年から現在までの、入管の業務下における死者の数(公表されたかぎりで)。

 帰国できない事情をもつ移民や難民を、無期限に監禁しつづけるかぎり、自傷、自殺、医療放置による病死はかならず起こる。人を死に追い込んでも入管はいっさい責任をとらない。

 参考記事 入国管理局における死亡事件(1997-2018.4)


● 世界最低レベルの難民認定率

3.4%  過去6年間の難民申請者のうち、日本の在留を認められた人の割合(難民認定を得た人に限れば1%未満)。

 世界的に周知の問題だが、日本の難民認定の基準は異常なほどに厳格。人を疑い、取締ることを業務とする入管に、人権保障にかかわる難民審査を任せていること自体に問題がある。

e0188516_23561205.jpg


 こちらも参照
 収容やめろ!東京入管収容者を激励する行動(6/16)






[PR]

by p-dragon | 2018-06-16 13:32 | アクション・イベント  

NO DETENTION! Demonstration at Tokyo Regional Immigration Bureau (16 June)


World Refugee Day 2018

NO DETENTION! Demonstration at Tokyo Regional Immigration Bureau

16 June 2018

16:00 Speech in a Park at Shinagawa Sta. (Konan 1-9-24, Minato-ku)
16:30 Walk to Tokyo Immig. Bureau (Konan 5-5-30, Minato-ku) or by bus
17:00 Demonstration at Tokyo Immig. Bureau

SYI (Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318

e0188516_13163433.jpg




[PR]

by p-dragon | 2018-05-21 13:17 | アクション・イベント  

東京入管抗議・激励・面会アクション(4月17日)

第34回 東京入国管理局での抗議・激励・面会アクション

English

2018年4月17日(火)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会(予定、身分証明書必要)

ビザがないという理由だけで、ここには外国人が裁判もなしに、無期限に収容されています。
苦しみ、体を壊し、心を病んでも、当局は収容者を解放しません。
日本の現代の強制収容所に反対しましょう!

集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車

《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

e0188516_21040761.jpg


[PR]

by p-dragon | 2018-04-03 21:19 | アクション・イベント  

Protest at Tokyo Immigration Bureau (17 April)

Protest at Tokyo Immigration Bureau

日本語

Tuesday 17, April 2018
From 13:00 in front of Tokyo Regional Immigration Bureau (Konan 5-5-30, Minato-ku, Tokyo)
Take a bus at the Terminal 8 of Konan exit at JR Shinagawa station.

13:00 Demonstration
14:00 Submitting petitions
14:30 Meeting detainees (your ID needed)

SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_21040761.jpg





[PR]

by p-dragon | 2018-04-03 21:05 | アクション・イベント  

東京入管抗議・激励・面会アクション(3月12日)

第33回 東京入国管理局での抗議・激励・面会アクション

English

2018年3月12日(月)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会(予定、身分証明書必要)

日本は移民を受け入れないと言いながら、実際にはたくさんの移住労働者に働かせています。
日本は難民を受け入れると国際社会に約束していながら、比較的少ない難民申請者のうち1%さえも受け入れていません。
日本の”偽装”移民政策、”偽装”難民政策は矛盾だらけです。

そして役人にとって不都合な外国人は収容施設に閉じ込め、あきらめて送還に同意するまで苦しめつづけるのです。
現代日本の強制収容所は廃止すべきです。ともに抗議しましょう。

集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車

《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318
e0188516_21040761.jpg

[PR]

by p-dragon | 2018-03-05 21:23 | アクション・イベント  

Protest at Tokyo Immigration Bureau (12 March)

Protest at Tokyo Immigration Bureau

日本語

Monday 12, March 2018
From 13:00 in front of Tokyo Regional Immigration Bureau (Konan 5-5-30, Minato-ku, Tokyo)
Take a bus at the Terminal 8 of Konan exit at JR Shinagawa station.

13:00 Demonstration
14:00 Submitting petitions
14:30 Meeting detainees (your ID needed)

SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318
e0188516_09222628.jpg

[PR]

by p-dragon | 2018-03-05 21:15 | アクション・イベント  

【転載】緊急FAXキャンペーン 入管収容者メルバンの解放を!(続報ウェブニュースも)

本会メンバーの織田朝日が先月より呼びかけている、東京入管に収容されているメルバンさんの解放を求めるFAXキャンペーンを転載します。
昨日には下のウェブニュース記事も出ました。
ご注目、ご協力のほど、よろしくお願いします。


新婚女性を拘束、吐血・痙攣しても薬を与えず、口封じの脅迫 東京入管の難民虐待が酷すぎる
2/7(水)  志葉玲(フリージャーナリスト)  
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20180207-00081337/


緊急FAXキャンペーン メルバン・ドゥールスン(MEHRIBAN DURSUN)の解放を!
編む夢日記 http://d.hatena.ne.jp/amm/20180123

6歳の頃から、親に連れられ来日したトルコ国籍クルド女性メルバン・ドゥールスン(MEHRIBAN・DURSUN)は16年目の22歳にして東京入管に収容されました。
日本育ちの彼女は、突然の収容に理解ができず混乱しています。
また、パニック障害だったにもかかわらず、入管から自身の薬を取り上げられたびたび収容所内で発作を起こし、耐えられないほどの苦しみだと本人から聞いています。
ある日、たびたび血を吐き、高熱を出すようになっても、独房に入れられ何の治療もしてもらえず、病院にすら連れて行ってもらえません。

メルバンはこれ以上に収容に耐えうる事はとても不可能です。
取り返しのつかない事になるまえに、どうか入管当局にメルバンを解放するFAXを送ってください。
皆様、よろしくお願いします。

FAX宛先
東京入国管理局長
03-5796-7125 (FAX)
03-5796-7111 (電話)
所在地 108-8255 東京都港区港南5-5-30





[PR]

by p-dragon | 2018-02-08 15:28 | アクション・イベント  

年末の東京入管抗議・激励アクション 12/26, 12/29


第31回 2017年12月26日(火) 抗議・激励・面会アクション
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会(予定、身分証明書が必要)

第32回 2017年12月29日(金) 激励アクション
 入管は年末休み。外から収容者に声と、世界の音楽を届けます。
 14:00 東京入管前に集合(防寒対策をお忘れなく)

 集合場所: 東京入国管理局・正門前(港区港南5-5-30
 行き方: 品川駅・港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車

 Flyer (PDF)
e0188516_10262491.png

私たちSYIは、入管収容に反対しています。全国17か所の入管収容施設で、今日も1000人以上の外国籍者が無期限に監禁され、自由を奪われ、精神的に、ときには身体的にも迫害されています。これは、日本が民主的・平和的であるべきと考えるすべての人にとって無視されてはならない問題です。

近年、入国管理局は、在留外国人の取締と追放を強めています。非正規滞在者や、在留資格をとりあげられた人が、つぎつぎに収容されています。長いあいだ日本に暮らし、すでに社会の一員になっている人々や、難民として迎えられると思ってやってきた人々でさえ、収容施設に隔離され、まるで犯罪者のように扱われているのです。

3月には、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に収容されていたベトナム国籍の男性が、脳の病気で死亡しました。12月4日に公表された法務省の内部調査報告は「当局に過失なし」としていますが、しかし実際には、一週間にわたり体の苦しみを訴えてきたにもかかわらず、職員に無視されたまま亡くなったのです。死に至らないだけで、同じように収容のせいで苦しめられている人は数多くいます。

問題の根は、入管政策そのものにあります。留学生や技能実習生という資格による移民労働を非公式に許しながら、そうした人々を不安定な地位に留め、不都合な存在になればすぐに収容して追い出せるようにしているのです。そうして追い詰められた人の一部が、難民申請でなんとか在留や就労の資格をつなごうと試みることを、当局は最近「偽装難民」と呼んで問題視しています。しかし、それ以前から日本は、難民認定率の異常な低さで国内外から非難を浴びています。

私たちは年末も東京入管への抗議と収容者への激励をおこないます。26日には、収容者の家族も抗議の声をあげます。現代日本の強制収容所にたいして、ともに反対しましょう!

《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318
 http://pinkydra.exblog.jp
 https://twitter.com/syi_pinkydragon

e0188516_09222628.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-12-15 08:44 | アクション・イベント  

【集会】人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う(12月10日)

(12月4日 最終更新)

人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う
- SYI 年次報告会2017 -

In English

 2017年12月10日(日) 13:30 開場 14:00 開始
 和泉橋区民館 3階和室
 (東京都千代田区神田佐久間町1-11 秋葉原駅から徒歩5分)
 資料代 500円

  • 講演「コンゴ難民マッサンバさんの事例について」浪岡新太郎さん(明治学院大学准教授)
  • 報告「強化される取締り 入管収容施設で何が起きているか」(2017年の概観、医療と健康、食事と衛生 、難民の収容について、ベトナム出身の収容者について)
  • 当事者・活動団体アピール

  • 翌日は 東京入管抗議・激励・面会アクション を実施。
  12月11日(月) 13:00 東京入管(港区港南5-5-30)正門前に集合
  品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車
  ※ 面会に参加を希望する方は、身分証明書をご持参ください。


 SYI(収容者友人有志一同)は、入国管理局による人権侵害、とくに収容に反対している団体です。おもに東京で活動し、東京入国管理局(品川区)での抗議や収容者への面会、入管問題にかかわる情報発信などをおこなっています。

 日本の入管は、在留資格がないという理由だけで、外国籍者を無期限に監禁します。裁判もなしに、当局の判断だけで、刑務所のような施設に人を閉じ込め、あらゆる自由を奪います。急病にすら適切な対応をとらず、何人もの人々を間接的に殺しています。自殺者も後を絶ちません。そして、収容施設内で何が起きても、当局は法的な責任を負わないのです。

 法務省は12月4日から10日を人権週間と定めています。当の法務省が、外国籍者の人権を侵害しつづけているというのに。この問題こそ問われるべきではないでしょうか?

 今回は、収容施設内での死者、劣悪な医療環境や食事、暴力的な職員など、2017年に入管で起きたさまざまな事件をふりかえり、問題点を明らかにします。当会の独自調査で判明したことも報告します。ぜひご参集ください。

SYI (収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

ビラ(PDF)
e0188516_09124828.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-12-01 18:36 | アクション・イベント