SYI入管問題にかんする年次報告会の報告

Posted on: 2018年 12月 07日

さる12月2日に開催された、
SYI年次報告会2018 日本の入管政策こそ移民・難民をだます偽装である
は、30名の方にご参加いただきました。
また収容者支援寄付金として20,500円をお預かりしました。
誠にありがとうございます。

e0188516_12465764.jpg

報告の内容は、次のとおりでした。集会資料(PDF) もご参照ください。
  • 報告会タイトルについて
    • 日本は難民条約を結びながら難民を保護せず、その一方で「移民政策はとらない」と称しながら外国人に働かせている。
    • この建前と実態の使い分けに従わない外国人にたいする実力手段が、入管収容。だから今後の移民受入の是非以前に、入管収容の問題がもっと知られ、議論されねばならない。
  • SYIの一年間の活動
  • メルバン・ドゥールスンの収容反対キャンペーン
  • 長期収容によるストレス 抗議・自傷と入管の冷酷な対応
  • 医者の職業倫理に反する平野賢二医師(東京入管非常勤医師および東京高輪病院内科医・消化器)
  • 入管を訴えたアリ・アイユルドゥズさん 裁判の争点は何か(大橋毅弁護士講演)
    • トルコ政府のクルド人弾圧を入管が過小評価していること。
    • 2004年に法務省が入管職員を調査のためトルコに派遣しアリさんらクルド難民の名をトルコ政府に伝えたこと。
    • 難民申請者にたいして入管は明らかに敵対的であること、など。
  • ベトナム、ウイグル訪問、ある技能実習生の医療放置と強制送還にかんする報告
  • 入管法改定と収容強化の関係

e0188516_12551218.jpg


by p-dragon | 2018-12-07 13:40 | アクション報告  

<< 年末の東京入管激励アクション ... 2月の仮放免の厳格化について(資料) >>