ある日の入管61

Posted on: 2018年 07月 27日

面会中に後ろを通る収容者が、声をかけてくるのはよくあることで、
名前や国籍を言ってもらい、後で、また手続きをして面会するようにしている。
これくらいの事はよくあり、職員も数秒であればたいがいは黙認をしている。
今回のような事は初めてだし、なにも松葉づえをついている人に対して突き飛ばすことは
ないだろう。口で言えばわかることだ。

この男性職員は髪はぼさぼさで、服の裾をひとりだけ出しているので
わりと上のほうの立場の人だと思われる。
服装だけでなく、このように独自の判断で暴力を振るう権限を持っていると
いう事だ。
本当に入管は恐ろしい。

e0188516_19551520.jpg


[PR]

by p-dragon | 2018-07-27 20:05 | 4コマまんが  

<< ある日の入管62 【入管に抗議を】コンゴ難民ビキ... >>