【入管に抗議を】コンゴ難民ビキラさん 病気で手続に遅れただけで在留資格を更新せずに収容!

Posted on: 2018年 07月 16日

【7月17日追記】
 東京入管に抗議のはがき・FAXを送ってください! 次の要求項目を参考にしてください。

  • ビキラさんの収容をすぐにやめてください!
  • ビキラさんと二人のお子さんに元どおりの在留資格を認めてください! 日本生まれのお子さんを送還の対象にするのをやめてください!
  • ビキラさん一家を難民認定してください! / 他の難民受入国なみの常識的な基準で、ビキラさん一家の難民申請をきちんと誠実に審査してください!

 宛先 東京入国管理局長
  108-8255 東京都港区港南5-5-30
  FAX 03-5796-7125

 東京入管に収容されているビキラ・モロコさん(女性)は、コンゴ民主共和国出身の難民です。同じくコンゴ難民の配偶者とのあいだに、日本生まれの二人のお子さんがいます。ところが東京入管は、ビキラさんとお子さんが病気で更新手続に遅れたことを理由に、彼女およびお子さんの在留資格を更新せず、さらにはビキラさんを収容してしまいました。この非人道的な措置の不当さを日本社会に訴えたいというご要望にしたがって、私たちはビキラさんの事例を公表するとともに、ビキラさんの解放と、彼女およびお子さんにビザをふたたび出すことを求めます。

ビキラさんの事情
 ビキラさんと配偶者は、お二人ともコンゴ民主共和国で政治活動にかかわっていましたが、迫害の恐れが生じたため、2008年に来日、同時に難民申請しました。審査中に与えられる「特定活動」の在留資格をお二人は得ましたが、それから10年以上たった現在も審査中の状態のまま、難民認定を受けられずに放置されています。日本生まれの二人のお子さんも、ご両親と同じ不安定な在留資格のまま、生後ずっと暮らしてきました。

 2017年1月、東京入管での在留資格の更新手続に指定された日に、ビキラさんと二人のお子さんは病気で寝込んでしまい、手続を受けに行くことができませんでした。後日、ご家族4人で入管に出向いたものの、ビキラさんと二人のお子さんのビザ更新は認められませんでした(ビキラさんの配偶者は更新日が別だったため在留資格を失わず)。医師による証明書を提出したにもかかわらず、東京入管は彼女の事情をまったく考慮しませんでした。そしてビキラさんは一年後の今年1月25日、東京入管に収容されてしまいます。【2018年11月30日、時系列を修正】

収容による家族分離
 家族と引き離されたことによる悲しみと不安で、ビキラさんは苦しめられています。夜も眠れず、頭や体のあちこちが痛むと、彼女は訴えています。とくに小学生のお子さんのことを気にかけていて、配偶者が仕事に出ているあいだ、こどもだけで居なければならないのが心配だと言っています。

 ビキラさんの収容は、当局が彼女を強制送還の対象として扱っていることを意味します。しかしながら、彼女は迫害の恐れをもつ難民であり、彼女を送還することは難民条約のノン・ルフールマン原則に反します。

日本生まれの子すら送還対象として扱う非人道性
 二人のお子さんが在留資格を失ったことも、深刻な問題です。現行法では、在留資格がない人は市町村の住民登録から排除され、健康保険や児童手当など、あらゆる行政サービスを受けられなくなってしまうのです。病気で更新手続に遅れただけで、ビキラさんのみならず、お子さんの在留資格すら奪うというのは、あまりに非人道的で残酷なやりかたです。

 在留資格がないというのは、お子さんたちもまた送還対象として扱われることを意味します。しかしながら、お子さんたちは二人とも日本生まれで、日本の社会環境しか知らず、フランス語も分かりません。そんなお子さんたちに日本から出ていけというのは、あまりに残酷だとビキラさんは訴えています。

東京入管への要求
 ビキラさんは、彼女への収容をすぐに解くこと、彼女とお子さんの在留資格を回復させること、そして彼女たちを難民として正当に認めることを東京入管に求めています。東京入管はビキラさんの要求を認めるべきと私たちも考えます。

e0188516_00105942.jpg

[PR]

by p-dragon | 2018-07-16 00:34 | 個人のケース(証言・抗議)  

<< ある日の入管61 東京入管に収容されているペルー... >>