世界難民の日2018行動にかんする報道

Posted on: 2018年 06月 22日

 16日におこなった「世界難民の日2018 収容やめろ! 東京入管収容者を激励する行動」について、今のところ二つ報道が出ました。

毎日新聞ウェブ「東京入管 支援者ら30人が抗議行動 収容者を激励」6月16日

AbemaPrime(ウェブニュース番組)「世界難民の日! 日本は年間20人... 過酷な入管事情とは?」6月20日
 ※ 放映後一か月間、閲覧可。SYI行動の様子は最初の数分。

 毎日新聞では次のように報じられました。

 20日の「世界難民の日」を前に、不法滞在者として強制退去処分とされた外国人が収容されている東京都港区の東京入国管理局前で16日、収容者の親族や支援者ら約30人が「諦めないで」などと声を張り上げて収容者を激励した。全国にある入管の収容施設には1464人(7日現在)が収容されている。収容期間が6カ月以上の長期収容者も増えており、支援者らは人道上の配慮を求めている。

 「収容やめろ」などと書いたプラカードを手にした参加者が「家族を返せ」「仲間を返せ」とコールを始めると、収容者らが部屋から手を振る姿が見え、「来てくれてありがとう」「がんばる」などと叫ぶ声が聞こえた。

 弟が収容されているというトルコから来たクルド人の女性(31)は「とてもストレスがたまっているようだ」と弟を心配する。「体に痛みを訴え、病院には行けているようだが、医師が何を言っているか理解できていない。痛みもよくなっていない。出されるご飯が臭いとも言っている」と入管の対応に不信感を抱く

 ......

 東京入管前での行動を呼びかけた大学教員の柏崎正憲さん(35)は「日本の移民政策自体を変えて外国人の権利が保障されるようにしないと、この状況は変わらない」とした上で、「現行法の中でも人権が配慮されておらず問題だ」と訴えている。

e0188516_00105942.jpg

 同記事の映像版には、当団体メンバー柏崎によるより長い解説が収められています。言葉が足りない部分を若干補足しつつ、以下に文字起こししておきます。

 収容されている人のなかには二回目、三回目の人もいて、ビザ(在留資格)がないとはいえ、入管はそうした人たちを把握し、コントロールしているんですね。その人たちは難民申請をしているとか、家族が日本にいるとか、日本に長年暮らしていて故郷に戻る場所がないとか、そういう理由で、入管に身元を明かして、ずっと日本にいるんです。

 そういう人たちでも、ずっとビザ(在留資格)のない状態のまま放っておいて、収容したり出したりということを入管は繰り返す。とくに去年ぐらいから、収容が長引いている。一年以上収容されている人が、いま東京入管にはざらにいます。収容が長引くと、自由がないですから、精神的に追い詰められていきますよ。

 外国人の権利が、もっと十分に保障されるように法や制度を改めないと、入管による厳しい統制のなかで収容される人が増える、という状況は根本的には変わらないでしょう。

 その一方で、現行の法律のなかでも、在留資格のない人たちの人権を配慮していないことは問題であり、是正する余地が大いにあります。





[PR]

by p-dragon | 2018-06-22 00:12 | アクション報告  

<< 牛久入管に収容されているバッ... 世界難民の日2018 収容やめ... >>