入管収容施設における医療放置の実態 急病人に逆らうなと恫喝 2


 記事1(概要) 記事3(証言・報道)

 2017年6月における入管収容施設での医療放置(記事1を参照)について、その証拠となる入管の内部文書を公開します。以下の二つの文書は、当該の男性ご本人の同意のうえで、男性の代理人である大橋毅弁護士から提供されました。なお文書の黒いマスキングは入管によるもの、緑のマスキング(本人名)とピンクの下線(問題のある箇所)は弁護士によるものです(クリックして文書データを閲覧可)。

  • 看守勤務日誌 2017年6月3日: 本人が個人情報開示請求により取得。

 以下は上の文書からの抜粋(太字は引用、〔 〕は当団体による注記)および本人の証言、弁護士のコメントです。本人証言は、当団体が収容中に男性から聞き取ったものです。

e0188516_19594244.jpg


2017年6月3日

(日誌2頁) 〇〇看守責任者指示により、容態観察のため、収容区B共同4号室トルコ人〇〇〔本人〕を収容区G単独3号室に移室。〔時刻は入管により隠されているが、開放処遇(自由時間)終了後から夕食前〕

(日誌5頁) 〔夕方の点呼と看守職員の交代の後、夜間に〕容態観察中の収容区G単独3号室トルコ人〇〇〔本人〕は、インターフォンを介して、腹痛の症状を訴えていたところ、突然興奮し、居室の壁を1回殴打した後、「お腹痛いよ。」と収内に響き渡るほどの大声を出したため、〇〇警守長がインターフォンを介して同行為を口頭で制止した。

(日誌6頁) 〔制止の直後〕収容区G側調室において、収容区G単独3号室トルコ人〇〇〔本人〕に対する事情聴取及び生活指導を実施。〔入管収容施設での医療放置が常態化していることの証拠。しかも下記の本人証言によれば、これは「生活指導」よりも恫喝と呼ぶのが正しい。〕

(本人証言) 職員に腹痛を訴えたのに、独房〔上述のG単独3号室〕に入れられ放置された。何度も苦しみを訴えると「お前は4時間くらい寝ていたから大丈夫」と言われ、頭に来て壁を叩いた。すると6人くらいの職員に別室に連れていかれ、二度と逆らわないよう脅された。

(弁護士コメント) 入管職員は「容態観察のため」という名目で男性を独房に移し、夜中に職員が彼の観察を実施、しかし医師による診察はなかった。男性は激痛で叫んでいたにもかかわらず、生活態度が悪いと説教をしただけで、何も治療をしていない。

e0188516_19594752.jpg

2017年6月4日

(報告書1頁) ……〔男性は〕翌4日、容態が快復したため、日朝点呼後、収容区B共同4号室に移室した経緯のある者である。〔後出の本人証言のとおり、男性は独房にいたままでは生命の危険があると感じたので、雑居房に戻るために機転を利かせて、痛みが治ったふりをした。〕

(報告書2頁) ……14時03分、収容区〇〇室〇〇人〇〇〔同ブロックの収容者の一人〕が、収容区B側ホール搬入口から、「〇〇〔本人〕の体調が悪いです。」と訴えたことから、14時06分、〇〇警守が収容区B共同4号室に赴き、〇〇〔本人〕の検温及び血圧測定を実施したところ、
  体温 38度7分
  血圧 153/89mmHg
  脈拍 103回/分
を確認したことから、これらの状況を〇〇看守責任者に報告した〔他の収容者の訴えで、ようやく職員が動き出したのは、独房にいたままでは危険だという男性の予感が正しかった証拠〕。……15時32分、〇〇看守責任者指示により、〇〇警備士長以下4名で、〇〇〔本人〕を東京都港区所在の東京高輪病院へ連行した。……東京高輪病院において〇〇〔本人〕は〇〇医師による問診、触診及び各種検査を受けた結果、急性虫垂炎及び限局性腹膜炎と診断され、緊急手術を要するとして、入院措置となった。

(本人証言) このまま独房で死ぬかもしれないと危険を感じた。〔この年の〕3月に牛久でベトナム人が病気なのに放置されて死んだ事件を思い出した。だから痛みが治ったと嘘をついて雑居房に戻りたいと職員に伝えた。
 移室後、トイレに行くと流血していたので、職員に報告。同房者も、彼の容態が悪いことを訴えてくれた。こうして、ようやく高輪病院に連れていかれた。24時間以内に手術が必要だと医者に言われて、すぐに手術を受けた。


 記事1(概要) 記事3(証言・報道)





[PR]

by p-dragon | 2018-05-04 20:11 | 声明・情報・考察  

<< 入管収容施設における医療放置の... 入管収容施設における医療放置の... >>