【転載】 牛久入管内からの声 ベトナム人収容者の死について

以下は、牛久入管収容所問題を考える会ウェブサイトに掲載された、牛久入管(東日本入国管理センター)の収容者6名からの手紙を、画像から文字起こししたものです。3月25日に報道された、ベトナム人収容者グエン(NGUYEN THE HUAN)さんの死亡事件の経緯にかんする、同ブロックの収容者からの証言になります。

あわせて、SYIが入管当局に送った抗議声明もお読みください。

※ (  )内はSYIの注記。適宜、段落を分けた以外は、原文どおり。



 こんにちは。
 支援者たちへ!

 私は〇〇〇〇と申します。ベトナム人です。

 今日は2017_03_25日、大変のこと起きたですよ。私の7Bブロック209室に1人ベトナム人に亡くなったので、死んだの人は名前はNGUYEN-THE-HUANさんです。原因は入管に見殺しだったので死亡時間は午前1:15分に搬送されましたが本当はNGUYENさん死んだ時間はたぶん2017_03_24日午後8:00ごろでした。

 NGUYENさんと私は同じインドシナ難民です。5年前に私とNGUYENさんに横浜入管から仮放免許可されましたが、今までずっと5年間に毎月仮放免の延長していますので、今回の仮放免延長ときに、そのまま理由がなく名古屋入管に強制収容されましたが、その後品川入管に移送されて、そして品川入管から東日本入国管理センター(茨城県牛久)に来ましたですが、入所ときはNGUYENさんの体調不養(ママ)なったので、指定された9Aブロックでした。

 同室人はNGUYENさんに入ってから3~4日くらい朝から夜までずっと痛痛しい職員に呼んで診察してもらったので、熱が高いと思ったですが、診察終ってから、ブロックにチェンジなりましたので7Bブロック来て2017_03_18日土曜日18時30分くらいです。7B_209室なった。一人部屋ですので、NGUYENさんと私はもともと友だちです。

 7Bブロック来てから4日間ずっと室内一人で痛痛しい。私はNGUYENさんの室に来て様子みました。NGUYENさんは声かけたけど、何も返事してなかった。一人苦しそうな姿に見て可哀相な思いますが、その4日間に職員たち誰でも見て来なかったので、3連休明け2017_03_22日NGUYENさんの苦しそうな姿に通路出て私とNGUYENさんに卓球台上に横なってNGUYENさんと話たので、どこが痛いですか? NGUYENさんから言うと首と頭がすごく痛いですが、私たちは、すぐ職員に呼んで、NGUYENさんが痛い言ってるけど、早く医者に見てください、そのときは13:30分だったので、けっこく15:00すぎNGUYENさんに連ていったけど、医者さんはレントゲン診断と痛止めの薬を出すだけ。室に戻ってからあと担当たち一切来なかったので、それとNGUYENさんは苦しい間ずっとごはんを食べてなかったので、本人はおかゆごはんほしいに言うたので、担当にダメ言われた。

 NGUYENさんは日本語をあまり分からないし、1日乳牛を1本飲むだけ。本当に入管たちに人殺しと同じ思う。いつも私たちのウソ病気に言って思ったので、私たちは人間だから、この件が一日でも早く解決してほしいですので、命が入管にとられましたです。

 NGUYENさんに死んだ一日前の夜は本人はとっても苦しんで、担当たちに来てもらうけど、NGUYENさんの自身も分からないので、痛い痛いに叫ぶのときは、担当たちの口から言うた、静かにしろと言われましたが、NGUYENさんのことはまったく不用心なので、こんな病気が外の病院に通院させてなかったので、次の日2017_03_24日NGUYENさんが朝から痛痛しいで、夕方までも同じ痛みにさけぶを繰り返す、担当たち一人も来ないです。

 2017_03_24日の夜10時頃担当さんにライターと灰皿を回収のときに、NGUYENさん~NGUYENさん灰皿下さい。NGUYENさんはまったく反応してないので、あと、10:15分ごろ3人担当にNGUYENさんの部屋のドアをかぎあけたのしゅんかんにドアをしめたまま、逃げましたけど、しばらく夜中2017_03_25日午前1:15分再び3~4人担当にNGUYENさんの部屋のドアあけて、中入って心電図をしてますので、そのあと救急車隊員たちに来てNGUYENさんの遺体は外の通路で担架にのせて、カメラ設置された場所にNGUYENさんのしんぞうをマッサージして、そのやりがたはかたちだけ、本当はNGUYENさんが何時間前亡くなった。遺体は固まってましたが、とっても可哀相の死に方、7Bブロックは6人いますので、みんな全て分かります。

 私たちはほとんど病気人ばっかりなのにバキスタン人は1年間ごはんをまったく食べないですが、入管たちはぜんぜん心配してなかったので、私も肝ぞう病気とC型肝炎持ってますので、ここ中で診断されたなのに、C型肝炎を治したいけど、お薬下さいと願いしたけど、ここの医者さんは、ひどいの言葉を言われた、ここになおる薬はない。外に出て自分で直しなさい。入管のドクターは、どんな病気でも大丈夫と言いますので、私たちは、こんな場所に死にたくないです。これ以上、私たちにがまんできないので、NGUYENさんと同じなりたくないです。どうか、私たちにたすけて下さい。お願い致します。

 上記:のこと全て真実のことです。

署名(匿名)

2017_03_25日記
署名(匿名 ベトナム)
署名(匿名 カメルーン)
署名(匿名 パキスタン)
署名(匿名 イラン)
署名(匿名 バングラデシュ)
署名(匿名 ネパール)

.
[PR]

# by p-dragon | 2017-04-06 10:27 | 入管内からの声  

【速報】入管収容のベトナム人死亡 東日本センター

報道によれば、また入管収容施設で尊い人命が失われてしまいました。
事実関係を確認、調査します。

---

入管収容のベトナム人死亡 東日本センター
産経ニュース 2017.3.25
http://www.sankei.com/affairs/news/170325/afr1703250031-n1.html

 東日本入国管理センター(茨城県牛久市)は25日、収容中の40代のベトナム人男性が意識不明となり、救急搬送先の病院で死亡したと発表した。司法解剖して死因を調べる。
 同センターによると、同日午前1時ごろ、巡回中の職員が、施設内の部屋に1人で寝ていた男性が動かないことに気付いた。声を掛けたが応じず意識が無かったため、119番通報した。同日午前2時20分ごろ、死亡が確認されたという。

[PR]

# by p-dragon | 2017-03-26 12:26 | 声明・情報・考察  

パネル展「日本の知られざる難民・入管問題」 札幌でも!(4/1-4/12)

2月にSYIが実施したパネル展「日本の知られざる難民・入管問題」ですが、なんと、札幌でも開催していただくことになりました!
「パレスチナ連帯・札幌」を中心とした札幌の市民団体の皆さまに、実行委員会を組織していただきました。ありがとうございます!

以下の期日中、札幌にご予定のあるかたは、ぜひお立ち寄りください。


パネル展「日本の知られざる難民・入管問題」 @札幌

2017年4月1日~4月12日
午前9時~午後9時 (最終日は午後6時まで)

札幌エルプラザ 2階交流スペース
(札幌市北区北8条西3丁目 011-728-1222)

主催: 「日本の知られざる難民・入管問題」パネル展札幌実行委員会
後援: さっぽろ自由学校「游」 / 札幌キリスト教連合会 / 在日韓国・朝鮮人との共生をめざす委員会 / パレスチナ連帯・札幌

資料提供: SYI(収容者友人有志一同) 東京 


概要 (2月パネル展告知文)

 世界では難民受け入れをめぐる議論が活発になっています。
 日本もまた、ずっとまえから難民条約を結び、そして実際に多くの難民がやってきています。ところが、こうした人々にたいして政府は「不法滞在者」「にせ難民」などのレッテルを貼り、排除をつづけています。そのような閉鎖的な入国管理政策の実態は、市民にはほとんど知られていません。
 いかに日本の制度が人権を無視しているものか、このパネル展をとおして確かめてみませんか?


[PR]

# by p-dragon | 2017-03-25 08:08 | アクション・イベント  

4コマまんが「ある日の入管」38

入管職員も忙しいのか、大変苛ついているのがうかがえる。
しかし難民申請者に丁寧に対応するのも仕事の一つだろう。それを忘れないでほしい。

クリックでかくだい。

e0188516_237337.jpg

[PR]

# by p-dragon | 2017-03-23 23:10 | 4コマまんが  

難民を脅威と見なす難民研究者 墓田桂『難民問題』の批判的検討(1)

難民を脅威と見なす難民研究者
――墓田桂『難民問題』の批判的検討(1)


目次へ)

墓田は難民が受入国を脅かすと主張している。しかしそれは中立的、客観的な調査をつうじた結論ではなく、人の移動それ自体が国家への侵害だという先入観から、現実の一部だけを切り取って、不当に誇張することにより支えられた意見である。このような意見は、結局のところ極右の移民排斥論を補強するものだ。それは道徳的に問題であるだけでなく、難民問題の根本的な解決にも決してならない。


 墓田の議論の特徴は、難民政策において国家が認識すべきとされる「善意の限界」を強調する点にある。「社会の安寧や限られた財源といった問題を考えるとき、国民が示せる善意には限界がある」(223頁)。たしかに難民保護の意欲と能力とは別であり、そして受入国の財政能力は無限ではないだろう。それだけでなく、無差別攻撃や人身取引などに関与する越境者や、生活習慣や規範をめぐる移住者と市民との摩擦といった、対処すべき課題が生じるのも事実だ。しかし、次の点には注意しなければならない。受入国がこうむる負担を、越境者の保護に付随する課題と考えるのか、それとも、越境者によってもたらされる災難と見なすのか。これらは必ずしも同じことではない。そして墓田にとっては、人の移動それ自体が国家にたいする一種の侵害行為であるようだ。彼いわく、現代は「越境する人が安全保障上の脅威となりうる時代である」(230頁)。

 なぜ「越境する人」を墓田は危険視するのか。彼が挙げるのは「混合移動」の問題、つまり「難民」と「移民」が混ざっていることである。もっとも彼は、難民が移住先での生活条件を考慮して目的地を選んではいけない(そうする者はニセ難民だ)と言っているわけではなく、「同一人物が難民性と移民性を併せ持つ」ことを認めている。だが彼は、多種多様な越境者のなかに「シリア人になりすます」者や「戦争犯罪やテロとの接点をもつ非正規移動者」が紛れ込むことを問題視する。彼は「有象無象」という言葉まで使って、罪のない越境者と危険な越境者とを区別できないことを強調している(90-92頁)。しかしながら、難民ではない者として、移民と「戦争犯罪やテロ」の関係者とを同列に扱うことは不当ではないか。「戦争犯罪やテロ」という名目において、越境者全体を一律に危険視することが許されていいのだろうか。

 だが実のところ「戦争犯罪やテロ」は主張な問題ではない。墓田にはどんなことでも、難民の群れが脅威であるという印象の材料にしかならないようだ。彼は「移動者が残したペットボトルや丸めた紙、毛布やコート」の散乱を挙げ、難民の通過地となった街や村が「深刻」な「喧噪や荒廃」に見舞われていると嘆く(106-107頁)。「荒廃」とは、まるで難民が畑を荒らすイナゴの大群のようだとでも言わんばかりだ。住み家を求めてさまよう人々には、指定されたゴミ捨て場もないということくらい想像がつかないのだろうか。帰る場所のない人たちに、ゴミの持ち帰りのマナーを説教すべきというのか。まったくもって良識的で立派な難民研究者である。

 それだけではない。墓田にとっては、難民を保護することは社会的公正に反することでもあるらしい。彼は2016年5月にギリシャを視察したようだが、その報告は、彼の学者としての能力とセンスを疑わせる記述に満ちている。いわく、アテネ中心部の高級住宅地だった地区は、いまや「街は荒廃し、今では南アジアの雰囲気の漂う移民街」になっているとのことだ(109頁)。ここでも彼は、移民・難民が「荒廃」の原因だと決めつけているが、土地価格の低下と欧州危機による経済停滞との関連性については思い至らなかったのだろうか。

 次のようなくだりもある。非正規上陸者の収容施設がある港では、別のところに「ギリシャ人の路上生活者」もいたが「難民支援に携わるNGOからは見放されたようだった」と感想を記している。すぐさま彼は「むろん非正規移動者はこれを理由に責められるべきではない」とつけ加えてもいる(110頁)。だがどんな言い訳をつけても、福祉の不足と難民保護とを結びつける言論は移民排斥論を助長するものでしかない。外国人排斥の共鳴者のなかに国の福祉削減に不満をもつ市民もいるということは、状況分析としては正しいだろう。だがそうだからといって、あたかも難民保護のせいで福祉がおろそかにされているかのように言うことはできない。福祉削減の要因は、市場の景気変動がもたらす圧力であり、市場競争を促そうとする政策転換である。雇用という点にかんしても、現在の先進諸国は国内に不足している労働力(いわゆる高度人材や、逆に市民に避けられがちな労働部門)を選別的に導入しているので、その道徳的な当否は別として、国内労働者と移民の競合という主張は正しくない。こうした点を無視するかぎり、移民や難民が福祉(あるいは雇用)を市民から奪うという排外主義者の常套句を補強することにしかならない。

 これまでの筆者の記事では、どれだけ移民や難民が安全を脅かされているか、それも出身国ではなく欧州の排除的な国境政策によっても脅かされているかを説明してきた。だがそのことを墓田は一切問題にしない。それどころか、軍事同盟であるNATOが「密航対策」の名目で地中海をわたる難民の監視・取締に適用されるという2016年2月の決定を、妥当な施策として紹介している(153-154頁)。

 要するに、墓田はすべてにおいて、難民は受入国にとって災難であり脅威であるという先入観に立ってものを見ており、この先入観に収まらない現実を切り捨てている。だからこそ彼はためらうことなく、難民は安全保障上の脅威だと断言できるのである。「国家の安全保障」、市民にとっての「人間の安全保障」、「経済の安全保障」、「環境の安全保障」など、受入国のあらゆる種類の安全を難民が脅かすと言うのである(133-134頁)。さらには「排斥」や「拒絶」は一概に不道徳な実践ではなく、入学試験で不合格者を排除するように「優れて人間的な営為」でもあると、問題を抽象化して開き直ってすらみせている(147頁)。学者風の専門用語がそう見えにくくさせているかもしれないが、墓田の議論は徹底して、移民排斥論を補強するものでしかない。


【補足】

 他方で、外国人により市民が傷つけられる事件が実際に発生することについては、以前の連載のなかで取り上げるつもりだったが、まだ触れていなかった。たとえその種の事件が実際に起きたとしても、移民や難民を一括りに脅威と見なすことは許容できない。これについて指摘すべき点は二つある。

 第一に、とくにいわゆるテロ事件(無差別攻撃)について言えることだが、それをまったくの外部から舞い込んできた災難として捉えることの不正確さ。2015年から2016年にかけて、フランス、ドイツ、ベルギーで無差別攻撃が起きたが、それらは2016年12月のベルリンでのトラック攻撃を除いて、欧州出身者が単独でか、グループの中心となって実行した事件だった。いわゆるホームグロウン・テロである。これはテロの要因が欧州内部にもあることを示している。そのことを深く考えずに、新規入国者を一概に危険視することは、まず状況認識として誤っている。

 またそもそも、欧州への攻撃を過激主義者が扇動するのも、中東やアフリカにたいする欧米諸国の干渉や戦争(過去のではなく、現在も継続中の)が理由であって、まったくいわれのない暴力ではない。過激主義者の行為がどれだけ残虐であるとしても、というより残虐であるほどに、グローバル化の中心にいる集団と周辺に追いやられている集団との力の不均衡を、象徴的に埋め合わせようとする、それは絶望的な復讐劇なのである。グローバルな不均衡と不平等の真の解決にむけた国際的な取り組みがはじまらないかぎり、人をテロリズムに共感させる回路を断つことはできない。テロリストにいくら恐怖と憎しみを募らせても、問題は解決しないのである。

 第二に、特定の事件を全体としての移民・難民に結びつけることの問題。いわゆるテロ事件の他にも、ドイツやスウェーデンでは、北アフリカ出身者の集団による女性への暴行・嫌がらせの事件や、難民申請者による強かんや殺人などが起きている。こうした事件は移民排斥の風潮をますます煽った。これについてまず言うべきは、犯罪を法的に裁かねばならないからといって、特定の出身地や人種などを犯罪に結びつけることは正当化できないということだ。だが今日では、排斥論者はあからさまな人種的偏見よりも、政府が外国人から市民を守れなかったという失態を強調するだろう(墓田もこのスタンスだ)。この論点には、確信犯的な人種差別論者でない人にも受け入れられやすい。

 たしかに結果論として、こうした罪を犯した人々が入国していなければ、事件は起きなかったのだろう。だがそうしなかったのが問題だとしても、誰が一般犯罪を犯すかを入国前に判別することなどできないのだから、外国人の犯罪が嫌なら、国境を完全にシャットアウトするしかない。だが国や政府の責任については別の考え方もある。新たな移住者とのあいだに、同じ社会にくらす隣人としての連帯意識を少しでも共有することができていれば、やはりこうした事件は生じなかったかもしれない。ところが、現在の欧州諸国が実際にとっている政策は、それとは正反対である。新来の移住者どころか、古くからの移民やその子孫(国によっては、移民ではなく市民である人々)すら、社会の異物として扱われがちである。この問題については、次節で詳しく触れる。

(次の記事へ)

.

[PR]

# by p-dragon | 2017-03-22 18:14 | 声明・情報・考察  

墓田桂『難民問題』の批判的検討 (はじめに・目次)

墓田桂『難民問題』の批判的検討

柏崎正憲


《目次》
はじめに
1.難民を脅威と見なす難民研究者


はじめに

 欧州難民問題にかんする解説の続きとして、ヨーロッパ社会の移民排斥の動向について書くつもりでいたが、そのかわりに、昨年夏に公刊された墓田桂『難民問題』(中央公論新社、2016年9月)を批判的に検討したい。墓田は国内避難民の研究者で、仏のナンシー第二大学で公法学の博士号をとり、現在は成蹊大学教授。そのような人物が昨今の難民問題を解説するのは適任に見える。だがその内容は、率直に言って「この人物に難民研究者として語る資格があるのか」と疑いたくなるほど酷いものだった。難民問題には理想主義ではなく現実主義で対処すべきだと、墓田は主張している。現実主義というのは、受入国が自国内での難民保護を制限すべきということを意味する。難民条約からの脱退すら、彼は一つの選択肢として提唱している(230頁)。

 むしろ墓田こそが、ある種の現実を軽視あるいは無視しているのではないか。彼が軽視している現実とは、移民や難民が「国益」の手段ではなく、権利と尊厳と血のかよった身体をもつ人格であるということだ。そして彼がまったく無視している現実とは、近年の「難民危機」に先立って振るわれてきた、世界の「南」に属する人々への直接的な暴力や間接的な圧力であり、しかもそうした暴力・圧力の全てではないにせよ大きな部分が、「北」に属する豊かな国々から生じているということに他ならない。墓田の「現実主義」は、これらの現実を考慮しないという非現実的(あるいは反現実的)な態度を決め込むことでしか成立しえないものだと言える。

 とはいえ、墓田の著作を取り上げることには、それなりの利点もある。彼の著作は、現在はびこっている移民・難民への恐怖、警戒、敵意を、極右や排外主義とは異なる語り口で、ある意味では巧みに表現しているからだ。彼の主張は、移民が国益に貢献するという論法では覆せないだろうし、難民擁護論にありがちな抽象的な人道主義だけで対抗することも難しいだろう。越境者を「危険」や「脅威」に結びつける言説に抗うには、移民や難民の主体的行為としての越境を、権利として擁護しなければならないだろう。

次の記事へ)

.
[PR]

# by p-dragon | 2017-03-22 18:07 | 声明・情報・考察