<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

年末の東京入管抗議・激励アクション 12/26, 12/29


第31回 2017年12月26日(火) 抗議・激励・面会アクション
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会(予定、身分証明書が必要)

第32回 2017年12月29日(金) 激励アクション
 入管は年末休み。外から収容者に声と、世界の音楽を届けます。
 14:00 東京入管前に集合(防寒対策をお忘れなく)

 集合場所: 東京入国管理局・正門前(港区港南5-5-30
 行き方: 品川駅・港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車

 Flyer (PDF)
e0188516_10262491.png

私たちSYIは、入管収容に反対しています。全国17か所の入管収容施設で、今日も1000人以上の外国籍者が無期限に監禁され、自由を奪われ、精神的に、ときには身体的にも迫害されています。これは、日本が民主的・平和的であるべきと考えるすべての人にとって無視されてはならない問題です。

近年、入国管理局は、在留外国人の取締と追放を強めています。非正規滞在者や、在留資格をとりあげられた人が、つぎつぎに収容されています。長いあいだ日本に暮らし、すでに社会の一員になっている人々や、難民として迎えられると思ってやってきた人々でさえ、収容施設に隔離され、まるで犯罪者のように扱われているのです。

3月には、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)に収容されていたベトナム国籍の男性が、脳の病気で死亡しました。12月4日に公表された法務省の内部調査報告は「当局に過失なし」としていますが、しかし実際には、一週間にわたり体の苦しみを訴えてきたにもかかわらず、職員に無視されたまま亡くなったのです。死に至らないだけで、同じように収容のせいで苦しめられている人は数多くいます。

問題の根は、入管政策そのものにあります。留学生や技能実習生という資格による移民労働を非公式に許しながら、そうした人々を不安定な地位に留め、不都合な存在になればすぐに収容して追い出せるようにしているのです。そうして追い詰められた人の一部が、難民申請でなんとか在留や就労の資格をつなごうと試みることを、当局は最近「偽装難民」と呼んで問題視しています。しかし、それ以前から日本は、難民認定率の異常な低さで国内外から非難を浴びています。

私たちは年末も東京入管への抗議と収容者への激励をおこないます。26日には、収容者の家族も抗議の声をあげます。現代日本の強制収容所にたいして、ともに反対しましょう!

《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318
 http://pinkydra.exblog.jp
 https://twitter.com/syi_pinkydragon

e0188516_09222628.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-12-15 08:44 | アクション・イベント  

第30回 東京入管抗議・激励アクション報告

e0188516_10460636.jpg

 12月10日の集会にひきつづき、11日には、30回目となる東京入管での抗議・激励行動をおこないました。前回と同様、クルドの収容者の家族が中心となって街頭に立ち、家族の解放を訴えました。

 申し入れの後、クルドの参加者たちは家族が解放されるまで帰宅しないという決意をあらわし、座り込みました。職員たちは「あなたたちが損をするだけ」「警察を呼ぶ」などと脅しながらも、最終的には、違反審査部門(仮放免を所管)の首席林秀和が対応に出てきました。
 しかし、この職員、実はすでに申し入れの開始直後に出てきていた人物。そのときには職位を聞かれても名乗りもしなかった。そのことを問いただしても、薄笑いをうかべ、こちらを見下したような態度で「答える必要ないと思ったから」と無責任な回答をするだけ。他の質問にたいしても、誠実な回答はいっさい返ってきませんでした。
 怒りと不信はつきないものの、警察の介入前に行動を終えました。

 法務省と入管の職員たちは、収容者を対等な人間として扱わず、収容のせいで体を壊して苦痛を訴えても詐病ときめつけて真剣に聞き入れません。その結果、人が死んだとしても「当局に責任はない」と開きなおり、それを正しいと信じています(3月の牛久入管でのベトナム国籍収容者の死亡事件にかんする、今月4日の法務省の内部調査のように)。
 すべての職員がそうではないかもしれません。しかし上の職位ほど、そのような差別意識に凝り固まった人間性のない職員ばかりです。今回の件にも、そのことがよく表れています。
 ​違反審査部門首席・林秀和は恥を知れ!​




[PR]

by p-dragon | 2017-12-14 08:30 | アクション報告  

年次報告会「人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う」の報告

 12月10日の年次報告会「人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う」では、2017年に入管で起きた問題と、SYIの活動について報告しました。以下の資料(PDF)をごらんください。

年次報告会資料 目次
  • 開会の辞(2017年の概観)
  • 2017年の入管・難民関係のできごととSYIの活動
  • 入管当局にたいするSYIの要求: 以下の各要求の趣旨説明、あわせて収容者の事例と証言の紹介。
  1. 収容をやめること。
  2. 長期在留者に資格資格を認め、難民審査の基準を改善すること。
  3. 仮放免者の就労禁止と移動制限をなくすこと。
  4. 横暴な入管職員の名前と役職を公開すること。
  5. 収容施設で喫煙者にたいする禁煙の強制をやめること。
  6. ムスリムのハラルフード対応をおこなうこと。
  7. 収容者が健康の問題を訴えたらすぐに外部の医者に診せること。

 ゲスト講師の浪岡新太郎さん(明治学院大学准教授)には、2015年に裁判をつうじて難民認定をえたマッサンバさんの支援会の活動について、報告をお願いしました。
 もともと難民支援とはかかわりのなかった個人や団体が、たまたま隣人として知り合った一難民を支援することになり、難民認定義務づけの判決を得るまでの経緯について、エピソードをまじえながら分かりやすく興味深く語っていただきました。
 隣人としての繋がりにもとづく、日常性を基盤にした運動の意義と可能性について、示唆に富むお話をいただけました。その一方で、そういう日常性のなかで私たちが出自や国籍をこえて社会関係をはぐくんでいく可能性を、まさに入管が阻んでいると、浪岡さんが最後に強調されていたことが、心に残ります。
 浪岡さん、まことにありがとうございました。

 翌日の東京入管抗議行動の報告に続きます。


e0188516_08074627.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-12-14 08:23 | アクション報告  

ある日の入管53

出会った頃は小学2年生だった。
現在22歳の彼女は東京入管に収容されている。
日本人でない子供たちに、この国では未来がない。
勉強しても働けない、大人になったら収容される。
本当に悪いのは入管か?あなたの無関心ではないのか?

クリックでかくだい。
e0188516_12321944.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-12-13 12:36 | 4コマまんが  

【集会】人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う(12月10日)

(12月4日 最終更新)

人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う
- SYI 年次報告会2017 -

In English

 2017年12月10日(日) 13:30 開場 14:00 開始
 和泉橋区民館 3階和室
 (東京都千代田区神田佐久間町1-11 秋葉原駅から徒歩5分)
 資料代 500円

  • 講演「コンゴ難民マッサンバさんの事例について」浪岡新太郎さん(明治学院大学准教授)
  • 報告「強化される取締り 入管収容施設で何が起きているか」(2017年の概観、医療と健康、食事と衛生 、難民の収容について、ベトナム出身の収容者について)
  • 当事者・活動団体アピール

  • 翌日は 東京入管抗議・激励・面会アクション を実施。
  12月11日(月) 13:00 東京入管(港区港南5-5-30)正門前に集合
  品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車
  ※ 面会に参加を希望する方は、身分証明書をご持参ください。


 SYI(収容者友人有志一同)は、入国管理局による人権侵害、とくに収容に反対している団体です。おもに東京で活動し、東京入国管理局(品川区)での抗議や収容者への面会、入管問題にかかわる情報発信などをおこなっています。

 日本の入管は、在留資格がないという理由だけで、外国籍者を無期限に監禁します。裁判もなしに、当局の判断だけで、刑務所のような施設に人を閉じ込め、あらゆる自由を奪います。急病にすら適切な対応をとらず、何人もの人々を間接的に殺しています。自殺者も後を絶ちません。そして、収容施設内で何が起きても、当局は法的な責任を負わないのです。

 法務省は12月4日から10日を人権週間と定めています。当の法務省が、外国籍者の人権を侵害しつづけているというのに。この問題こそ問われるべきではないでしょうか?

 今回は、収容施設内での死者、劣悪な医療環境や食事、暴力的な職員など、2017年に入管で起きたさまざまな事件をふりかえり、問題点を明らかにします。当会の独自調査で判明したことも報告します。ぜひご参集ください。

SYI (収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

ビラ(PDF)
e0188516_09124828.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-12-01 18:36 | アクション・イベント  

[Conference] Accusing Human Right Abuses by the Immigration Bureau of Japan (10 Dec)

SYI's Public Debriefing 2017:
Accusing Human Right Abuses by the Immigration Bureau of Japan

In Japanese

2017.12.10 (Sun), 13:30 (open), 14:00 (start)
3rd Floor of Izumibashi Hall (Kanda Sakumacho 1-11, Chiyoda-ku, Tokyo), 5 minute walk from Akihabara sta. (JR Line or Metro)

  • Lecture: The Case of Massamba, a Congolese Refugee (by Prof. Shintaro Namioka, Meiji Gakuin University).
  • Reports on Immigration Detention in 2017: food sanitation, medical problems, detained asylum seekers, Vietnamese detainees.
  • Speeches by ex-detainees, refugees and activists.

  • Protest at Tokyo Immigration Bureau on 2017.12.11, from 13:00 in front of Tokyo Immigration Bureau bldg. (Konan 5-5-30, Minato-ku, Bus: Terminal No. 8 of Konan exit, JR Shinagawa sta.).

We, SYI, are a voluntary association in Tokyo opposing to Japanese immigration policy, especially to immigration detention.

The Immigration Bureau of Japan, a department of the Ministry of Justice, totally abuses basic rights of undocumented immigrants. Even when a detainee dies because of its wrong treatments, it never takes responsibility.

Dec. 10 is the day UN determines as World Human Rights Day, and the MOJ promotes public awareness of human right. However, it is the MOJ and the Immigration Bureau that violates basic rights of immigrants.

On this day, we have a public debriefing in order to report our activities and the problems made clear concerning Japanese immigration policy.

SYI: Shuyosha Yujin Yushi Ichido (Immigration Detainee's Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

Flyer (PDF)
e0188516_09124828.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-12-01 18:35 | アクション・イベント