「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

茨城・牛久の入管収容所で収容者2人が死亡

茨城・牛久の入管収容所で収容者2人が死亡


緊急の情報です。東日本入国管理センター(以下、牛久入管)で、別の部屋に収容されていた2名の男性(イラン国籍とカメルーン国籍)が、一両日のあいだに、立て続けに死亡しました。この異常な事態に、他の収容者のかたがたは大きく動揺し、その一部は30日夕方より、2名への入管職員の対応を非難して、帰室拒否による抗議をおこなっているようです。

2名の死因は、いまのところ不明です。イラン国籍のかたは、28日夕方の食事中に倒れ、すでにそのとき心臓がほとんど止まっており、翌29日の午後に死亡が確認されたと、われわれは他の収容者から電話で聞いています。彼についてはすでに報道にも出ており、茨城県警は「司法解剖して死因を調べる」としています(最下部参照)。カメルーン国籍のかたについては、まだ報道もされておらず、数日前に倒れ、30日の午前に死亡したということしか、われわれは把握していません(倒れて運ばれた彼が後で死んだということを、収容者は入管職員から聞いて知ったので、死亡の事実だけは残念ながら間違いないでしょうが)。共通の死因(たとえば出された食事)があるのか、たんなる不幸な偶然なのかも、現時点ではまったく分かりません。

しかしながら、2名の死を直接にもたらしたとは言わないまでも、それを防ぐための適切な措置や環境をまったく欠いている点において、牛久入管には大いに責任があるはずです。収容者のかたがたが動揺し、入管にたいして怒りを表明するのは、まったくもって当然のことです。

牛久をはじめとする入管収容所は、医療がまったく行き届いていません。所内の医師は痛み止めと睡眠薬しか処方しないようなとんでもないヤブであり、外部診療を求めても、数週間から一、二ヶ月も待たされることが通常です。仮放免を認められる人の多くは、衰弱し、やせ細り、入管の手に余るようになってから、ようやく外に放り出されます。くわえて、収容そのものが人の身体と精神を弱らせます。外にいたときには比較的小さなものでしかなかった持病が、収容によって悪化するケースは、しばしば見られます。こうした環境のなかでは、人がいつ死んでもおかしなことではなく、それが今回、立て続けに起こったのです。

そもそも入管収容所は、在留資格なしに居留する外国人が、帰国するか在留資格を獲得するかまで一時的に滞在する施設にすぎないはずです。また、この建前において入管に許されるのは、対象者の移動の自由を制限することだけであるはずです。健康で文化的な生活を送るための他の権利や自由を、収容によって制限してはなりません。それは国家による不当な人権侵害です。だとすれば、入管には24時間体制で医者がいなければならないし、申請者の意志に応じてすぐに外部医療の機会を提供しなけばならないし、所内の環境が抜本的に改善されねばならないはずです。もちろん、現実の入管収容所は、このような前提に立って設計されてはいません。言い換えれば、入管収容所そのものが、系統的な人権無視によって成立しているのです。そうであるかぎり、入管収容所における死者は途絶えることはないでしょう。

もちろん、基本的人権を無視せずして、収容所のような施設を運営するなど、とうてい不可能なことです。人を狭い部屋に閉じ込めつづけながら、他のあらゆる自由や権利を保障することが、一体どうして可能になるのでしょうか。そもそも収容など、入国管理のためであろうが、してはならないことなのです。入管法を改定し、収容をなくさないかぎり、今後も入管収容所内は死者を作り出していくことでしょう。

われわれは入管収容をなくすべきことを社会に訴えます。入管当局にたいしては、2名の死の原因をきちんと究明および公開するとともに、2名の遺族に然るべき賠償をし、また24時間365日対応可能な医療体制を所内に作ることを要求するものです。読者の皆さんも、以下に抗議の声を届けてください。


東日本入国管理センター (茨城県牛久市久野町1766-1)
TEL 029-875-1291
FAX 029-830-9010


---


【報道】

★ イラン人収容者 食事中倒れ死亡 東日本入管センター
(日本経済新聞 30日朝刊 社会面)

茨城県警牛久署は29日、牛久市の東日本入国管理センターで収容中のイラン国籍の男性(33)が倒れ、その後死亡したと明らかにした。司法解剖して死因を調べる。

牛久署によると、男性は28日午後7時50分ごろ、センターの居室で食事中に突然倒れた。病院に搬送されたが、29日午後3時すぎに死亡が確認された。センターからは、29日昼すぎに連絡があったという。


★ 弁当を食べ苦しみだし、収容中のイラン人死亡
(読売新聞 ウェブ版30日 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140330-OYT1T00187.htm

茨城県警牛久署は29日、牛久市久野町の東日本入国管理センターに収容されていたイラン国籍の男性(33)が収容先の部屋で倒れ、死亡したと発表した。

発表によると、男性は28日午後7時50分頃、収容先の部屋で夕食の弁当を食べていたところ、突然、苦しみだし床に倒れた。男性は同市内の病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。同署は31日に司法解剖して死因を調べる。
[PR]

by p-dragon | 2014-03-31 08:40 | 入管内からの声  

たこくせきフェス2014(仮)をいっしょに作ろう!


(追記) 実行委員会を立ち上げました。
http://takokuseki14.wordpress.com/


たこくせきフェス2014(仮)をいっしょに作ろう!


ひらがな
English


第1回実行委員会 2014年3月21日(金)18:30
スマイルなかの3階 会議室B 東京都・中野駅北口 徒歩5分
地図 http://nakanoshakyo.com/contact_us/


6月20日は世界難民の日。毎年この時期に私たちは、日本における移民・難民問題を考える集会を、東京で行ってきました。今年は、より多くの協力を呼びかけつつ、討論、展示、料理、音楽やダンスなどから構成される「たこくせきフェス2014」(仮)を企画しています。

近年、日本の政界や財界では、人口減少への対策として移民をたくさん受け入れることが議論されています。他方で、この国の外国人を減らせと主張する人たちもいます。しかしどちらも、外国人を日本の都合だけで働かせたり追い出したりしようと考えている点では、違いはありません。すでにこの国に暮らし、働き、あるいは難民条約にもとづく保護を求めて逃げ込みながらも、まさにこの国の法律によって権利を妨げられている、多くの移民や難民は、どうなるのでしょうか。こうした人たちを排除しつづける日本を、開かれた、国際的な、民主的な社会と呼ぶことができるでしょうか。

移民政策でも排斥でもない、ほんとうに平等で民主的な多文化共生への道を、このフェスをつうじていっしょに模索してみませんか? まずは集まり、アイデアを持ちよりましょう。


呼びかけ団体 SYI(収容者友人有志一同)
連絡先 freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2014-03-05 10:06 | アクション・イベント  

たこくせき ふぇす 2014(かり)を いっしょに つくろう!


たこくせき ふぇす 2014(かり)を いっしょに つくろう!


漢字・かな
English


だい1かい じっこういいんかい 2014ねん 3がつ 21にち(きん)18:30
スマイルなかの 3かい かいぎしつB とうきょうと なかのえき きたぐち とほ5ふん
ちず http://nakanoshakyo.com/contact_us/


6がつ20にちは せかい なんみんの ひ。まいとし このじきに わたしたちは、にほんに おける なんみん・いみん もんだいを かんがえる しゅうかいを、とうきょうで おこなって きました。ことしは、より おおくの きょうりょくを よびかけつつ、とうろん、てんじ、りょうり、おんがくや だんす などから こうせいされる「たこくせき ふぇす2014」(かり)を きかく しています。

きんねん、にほんの せいかいや ざいかいでは、じんこう げんしょうへの たいさくとして いみんを たくさん うけいれる ことが ぎろん されています。たほうで、このくにの がいこくじんを へらせと しゅちょうする ひとたちも います。しかし どちらも、がいこくじんを にほんの つごうだけで はたらかせたり おいだしたり しようと かんがえている てんでは、ちがいは ありません。すでに このくにに くらし、はたらき、あるいは なんみん じょうやくに もとづく ほごを もとめて にげこみながらも、まさに このくにの ほうりつによって けんりを さまたげられている、おおくの いみんや なんみんは、どうなるのでしょうか。こうした ひとたちを はいじょ しつづける にほんを、ひらかれた、こくさいてきな、みんしゅてきな しゃかいと よぶことが できるでしょうか。

いみん せいさくでも はいせきでもない、ほんとうに びょうどうで みんしゅてきな たぶんか きょうせい への みちを、この ふぇすを つうじて いっしょに もさくして みませんか? まずは あつまり、あいであを もちよりましょう。


よびかけ だんたい SYI(しゅうようしゃ ゆうじん ゆうし いちどう)
れんらくさき freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2014-03-05 10:01 | アクション・イベント  

Call for Organizing Members of Multinational Cultural Fes 2014

Call for Organizing Members of Multinational Cultural Fes 2014 (tentatively named)


Japanese


1st Organizing Meeting: 18:30, 21 March 2014
Room B, 3rd Floor, Smile Nakano Bldg. (http://nakanoshakyo.com/contact_us)
5 minute walk from the North Exit of Nakano Station, Tokyo


Every year, around 20 June, the World Refugee Day, we hold a conference in Tokyo concerning refugees and immigrants in Japan. This year we are planning tentatively named Multinational Cultural Fes 2014 composed of discussions, exhibitions, food booths, musical or dance performances, and so on. In order to realize this plan, we call for organizing members.

The leadership in Japanese politics and economy argues these years over a measure to invite more immigrant workers in compensation for the domestic population expected to decrease. On the other hand, some insist to reduce the number of foreigners staying in Japan. These two positions, however, never make the opposite extremes because they both suppose that they can introduce or deport foreigners only by reason of national interest. They never consider the immigrants or asylum seekers already living in Japanese society, whose basic human rights are ignored or abused in the name of law. Can we call such a society open, international or democratic?

Our planned Fes will be one of the attempts to search for a way other than immigration politics or xenophobia, a truly egalitarian and democratic way of cultural coexistence. Why don't you join us? We need your support.


SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2014-03-05 09:56 | アクション・イベント  

SYIしんぶん 2014-01

SYIはニューズレターを作りはじめました!
クリックで拡大↓
e0188516_1065659.jpg
e0188516_107426.jpg


内容抜粋


2013年・日本の入国管理局はこうだった!

 入国管理局にある外国人収容所のエゲツなさはエスカレートしている。しかし入管の、本来なら大罪ともいえる人権侵害を裁く機関は、今のところ、この日本では何処にもない。というよりも入管は日本政府そのものに守られ、外国人への虐待は止まることはない。
 2013年だけでも、あらゆる事件がおきた。長期収容に対する不満や処遇改善などを求め、収容者達によるストライキが行われた。「自由時間」が終っても部屋に戻らないという抗議が、何度か組織された。しかし数が圧倒的に勝る入管職員達により、ほとんどの場合、何の要求も達成できないうちに、懐柔され、あるいは力ずくで解体される。暴力による抵抗をしないにもかかわらず、怪我を負わされた収容者も出たし、リーダーと判断された人の多くは独房に強制的に隔離された。
 チャーター機で一気に強制送還をするという事件もおきた。7月にはフィリピン人約75人、12月にはタイ人約50人が(註・裏面を参照)、入管職員に暴力的に空港に連れて行かれ、JALのチャーター機に押し込まれ、強制送還された。送還されるまでの出来 事は、まるで人を人とも思わないような屈辱的な扱いであったと、のちに送還された人々は語る。送還された人の中には、この国で10年から20年、それ以上も生活してきた人が多く、日本で生まれ、または幼いうちに日本に来たために、日本語しかしゃべれない人もいた。数々の事情を持って生活していた人々に対し、入管は少しの事情も聞かず、なんの配慮もなくまとめて追い払ってしまった。これを「不法滞在は犯罪者だから当然」「日本は法治国家」などと正当化する排外的な一般市民も存在する。日本の人権意識が、ますます低く見られかねない問題である。
 さらに東京入管では、10月に難民申請者が亡くなった。収容されたその日に倒れたにもかかわらず、入管側はしばらく放置していた。その結果、病院に運ばれた頃にはすでに手遅れとなり、難民申請者は帰らぬ人となった。あきらかに入管のせいではあるが、まったく問題として取り上げられることはなかった。こんなことは、これまでにも何度も繰り返されてきたことなのである。
 今年度にも、チャーター機の予算は新たに計上される。また多くの外国人が、まとめて日本から追い出されることとなるだろう。(O)


なぜ日本はヘイトスピーチに甘いのか──外国人差別に対する乏しい感覚

 昨今、話題に上ることの多いヘイトスピーチは、最近始まったものではない。何年も前からこの社会に存在していたものだ。その根幹にあるのが入管問題だといえる。こころみに入管のサイトにアクセスしてみよう。トップページには以下の文言が堂々と掲げられている。「法務省入国管理局では、『ルールを守って国際化』を合い言葉に出入国管理行政を通じて日本と世界を結び、人々の国際的な交流の円滑化を図るとともに、我が国にとって好ましくない外国人を強制的に国外に退去させることにより、健全な日本社会の発展に寄与しています」。人間を選別することに何の疑問ももっていないこの文章が、公的機関のサイトになんの憚りなく掲載されている今日の日本社会は、根底に差別が組み込まれていると言える。
 ヘイトスピーチに甘い日本社会では、「行動する保守」を批判する右翼が称揚されている。その際、彼らが別の問題で(たとえば歴史修正主義)見せる差別的な言動は、黙認される。一例として、よく良心的右翼として引き合いに出される新右翼団体「一水会」を取り上げよう。「一水会」は、2010年8月フランスの国民戦線のジャン・マリー・ルペンをはじめとする欧州各国の新右翼の日本に招き、靖国神社を参拝させた。欧州の新右翼は日本の入国管理体制を理想としており、2011年7月にノルウェーで起こった連続テロ事件の容疑者アンネシュ・ブレイヴィクは、日本と韓国の入国管理体制を讃美していたとさえ伝えられている。これら欧州新右翼は自国内で外国人排斥を先導している連中である。彼らを招いて歓待するということがなにを意味するか、論を俟たない。「良心的」右翼の代表としてとくに日本のリベラル言論界で重用されている「一水会」顧問の鈴木邦男は、ブログで次のように書いている。「どこのニュースでも、そうだったが国民戦線を「極右政党」と皆、書いている。これもおかしい。フランス議会、欧州議会では、かなりの議席を持った、れっきとした政党だ。それにフランスのサルコジ政権も、国民戦線の政策をかなり採り入れて、政権運営をしている。それなのに、「極右」と切って捨てるような書き方はいかがなものか。又、移民問題には頭を痛め、様々な提言をしているが、「移民排斥」はしていない。これだと、移民に襲いかかるネオナチ…というイメージだ。そんなことは一切やってない。そんなことをしたら議員にはなれない」。議席を持っているから、政権が政策を取り入れているから、極右ではないとする鈴木の指摘は噴飯ものだが、端無くも日本社会の差別性を浮き彫りにしている。欧州新右翼よりも露骨な差別的言動の多い石原慎太郎をはじめとする日本の極右政治家を日本のメディアは極右とは呼ばない。しかしそれは、相手を外国人と見なした瞬間から、その権利を奪うことになんの疑問も感じないという、この社会の差別的体制を示しているにすぎない。差別とたたかうには、まずこの事実を受け止めるところから始めなければならないだろう。(H)
[PR]

by p-dragon | 2014-03-01 10:08 | 声明・情報・考察  

SYIは何に抗議しているか


SYI(収容者友人有志一同)は、2009年末から、日本の入国管理制度における外国人へのさまざまな人権侵害に抗議する活動を続けています。とくに、あらゆるかたちの入管収容に反対しています。

日本の入管は、ビザ(在留資格)がないという理由だけで、外国人を、入管独自の収容所に、無期限に閉じ込めてしまいます。家族であれば、生計をかせぐ父親だけを収容して、母親と子供は外部に放置するのが一般的です。難民として逃げて来た人を空港で拘束し、収容所に送ることすら、少なくありません。入管の「収容センター」は、実質的には強制収容所です。裁判もなしに拘束された被収容者は、プライバシーの配慮もなく、数人(多ければ約10人)でひとつの部屋に押し込まれます。自由に窓を開け気温を調節したり外気を吸ったりすることすらできず、就寝時には毛布しか与えられません。定時に起床、定時に食事、定時に自由時間、という具合に、まるで刑務所のように、一日の生活時間を管理されます。公衆電話か郵便を使う他には、外部と連絡をとることすら許されず、面会者ともガラス越しでしか話せません。病気や怪我を負っても、所内の医者はきちんと診断もせず痛み止めや睡眠薬などを処方するだけであり、外部の病院で治療を受けるには数週間から一、二ヶ月以上も待たされ、しかも腰縄をつけたまま受診させられます。人権の「じ」の字もありません。

そんな入管問題への社会的な関心が高まるよう、SYIは広報や集会などを催すとともに、定期的に入管収容所に出かけ、収容者と面会し、所内の諸問題について責任ある人に抗議をしています。


SYI(収容者友人有志一同)
連絡先 freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2014-03-01 09:56 | SYIとは / What is SYI?