「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

東日本入管センターでスリランカ人男性が一時意識不明に

 2週間ほどまえのニュースになりますが、4月11日の17時16分ごろ、福島県浜通りを震源とする地震がありました。地震の規模はマグニチュード7.1で、3月11日の東日本大震災の余震とみられています。
 この地震により 8人のかたが重軽傷を負ったと報道されていますが、そのうちのひとりは東日本入管センター(茨城県牛久市)に収容されているスリランカ人男性です。


以下、引用
--------------------------------
茨城で男性が転倒、死亡=福島では数人生き埋め

 最大震度6弱を観測した茨城県では、龍ケ崎市の男性(46)が地震で転倒し、頭を強く打ち死亡した。東日本入国管理センター(牛久市)でも、スリランカ人男性(46)がショックで倒れ、一時意識不明になった。
 福島県内では、いわき市田人町で土砂崩れが発生し家屋3棟が倒壊し、計8人が巻き込まれた。このうち数人は自力脱出したり、消防に救助されたりしたが、残り数人が行方不明になっている。同市渡辺町では、車2台が土砂崩れに巻き込まれたが、運転者らは無事救出された。(2011/04/11-21:21)

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011041100786(時事通信)
--------------------------------
引用以上


 茨城県では、いまだ大きな余震がひんぱんに起きています。こうした位置にある東日本入管センターでの収容は、被収容者のおおきなストレスになるばかりでなく、かれら・かのじょらの生命を危険にさらす行為です。地震による建物の倒壊や火災の危険がじゅうぶんに危惧される場所で、ひとを収容所にとじこめ、身体の自由を拘束しつづけることは、とりわけゆるされないことです。
 しかも、先週月曜日(4月18日)からは、3月11日以降ストップしていた東京入管(東京・品川)から東日本入管センターへの被収容者の移収が、再開されました。いったい入管はどのような判断のもと、いっそう大きな危険が予想される茨城へと収容者をわざわざ移送しているのか、理解にくるしみます。
 わたしたちは、移民・難民を犯罪者あつかいし収容することそのものに反対していますが、入管が被収容者の安全確保をおこたっていることにたいしても、強く抗議していきたいとおもいます。
[PR]

by P-dragon | 2011-04-27 02:32 | 声明・情報・考察  

第15回SYI行動 入管への抗議と収容者への激励

【かな】

第15回SYI行動 入管への抗議と収容者への激励

わたしたちは、東京入管(品川)による数々の深刻な人権侵害に抗議するとともに、収容されてしまった移民・難民の皆さんを励ますアクションを毎月行なっています。今回で第15回を迎えますが、今月の詳細が決まりましたので、以下の通りお知らせします。

◆日時:2011年4月21日(木曜)
◆集合:品川駅 港南口にて 12時~情宣
    入管前アクション 13時~抗議・激励行動(1時間を予定)

前回の行動では(http://pinkydra.exblog.jp/14452998/)、3月11日に起きた大地震の際に、狭い部屋へ鍵をかけて収容者を閉じ込めた入管の信じがたい対応への抗議を重点的に行ないました。そのとき、はるか上の階からわたしたちにこたえる収容者の皆さんの声がはっきりと届きました。

刑務所ですら「刑期」がありますが、入国管理局の収容者がいつになったら外に出られるのかは、入管の考え次第です。生命の危険の待っている祖国へ送還されてしまう人もいます。また、長く収容されるうち、劣悪な医療・衛生環境と、先の見えない毎日を過ごすストレスから、病気になる人が続出しています。

わたしたちは、入管の非人道的な扱いに抗議の声をあげるとともに、そんな苦しみのなかにいる収容者へ励ましの声を届けたいと思います。入管問題についてもっと知りたいという方、初めて来られる方も、ぜひお気軽にいらしてください。途中抜け・途中参加もできますし、声をあげるのは苦手なのだけど少し覗いてみたい、という方も歓迎です。
[PR]

by P-dragon | 2011-04-15 11:22 | アクション・イベント  

だい15かい SYI こうどう にゅうかんへの こうぎと しゅうようしゃの げきれい


【漢字・かなまじり】

だい15かい SYI こうどう にゅうかんへの こうぎと しゅうようしゃの げきれい

わたしたちは、とうきょうにゅうかん(しながわ)による かずかずのしんこくなじんけんしんがいに こうぎするとともに、しゅうようされてしまった いみん・なんみんのみなさんを はげます アクションを まいつきおこなっています。こんかいで だい15かいをむかえますが、こんげつの しょうさいが きまりましたので、いかのとおり おしらせします。

◆にちじ:2011ねん 4がつ 21にち(もくようび)
◆しゅうごう:しながわえき こうなんぐちにて 12じ~えきまえで あぴーる
       にゅうかんまえアクション 13じ~こうぎ・げきれい(1じかんを よてい)

ぜんかいの こうどうでは(http://pinkydra.exblog.jp/14452998/)、3がつ11にちにおきた だいじしんのさい、せまいへやへ かぎをかけてしゅうようしゃをとじこめた にゅうかんのしんじがたいたいおうへの こうぎをじゅうてんてきに おこないました。そのとき、はるかうえのかいから わたしたちにこたえる しゅうようしゃのみなさんのこえが はっきりととどきました。

けいむしょですら「けいき」がありますが、にゅうこくかんりきょくのしゅうしょうしゃが いつになったら そとにでられるのかは、にゅうかんの かんがえしだいです。いのちのきけんのまっているそこくへ そうかんされてしまうひともいます。また、ながくしゅうようされるうち、れつあくないりょう・えいせいかんきょうと、さきのみえない
まいにちをすごすストレスから、びょうきになるひとが ぞくしゅつしています。

わたしたちは、にゅうかんの ひじんどうてきなあつかいに こうぎのこえをあげるとともに、そんなくるしみのなかにいるしゅうようしゃへ はげましのこえを とどけたいとおもいます。にゅうかんもんだいについてもっとしりたいというかた、はじめてこられる方も、ぜひおきがるにいらしてください。とちゅうぬけ・とちゅうさんかもできますし、こえをあげるのはにがてなのだけど すこししのぞいてみたい、というかたも かんげいです。
[PR]

by P-dragon | 2011-04-15 11:20 | アクション・イベント  

長期収容と再収容に反対する全国統一一斉面会についての呼びかけ(転載)

※集合場所の訂正あり

難民、移民などへの支援に取り組まれている皆さまへ

一昨年の6月ころから現れた入管の「退去強制の適正な執行」という名の収容送還の強行は、退去強制処分者の激しい抵抗・抗議を引き起こし、また取り返しのつかない痛ましい犠牲者を生み出しました。
西日本、東日本の両入国管理センターでの長期収容への抗議と仮放免を求める被収容者の大規模ハンスト、東日本入国管理センターでの相次ぐ自殺、さらには東京入管の無謀な無理矢理国費送還によるガーナ人男性殺害などです。
これらの事実そのものが、入管の収容送還方針の無謀性と破綻を示していると言えます。リーマンショック後、非正規外国人はもとより、在留資格のある移住労働者さえもが日本を見捨てて続々と帰国していきました。そうしたなかで入管の退令処分に従わず、帰国を拒否し、日本在留を求める人たちは、難民や日本人配偶者など、本当に帰国できない人たちばかりなのです。

にもかかわらず入管は、このような帰国できない人たちに対し、いまだに収容送還方針に固執し、再収容を繰り返し、帰国を強要しています。東京入管では仮放免されて2ヶ月や3ヶ月で再収容されるケースが頻発しています。まるで動物を檻から出したり閉じ込めたりするように、入管は収容権を濫用し、帰国を強要しているのです。名古屋入管でも仮放免者の再収容がたびたび行われており、大阪入管でも出頭の際、別室に呼び再収容を匂わせてしつこく「なぜ帰国しないのか」と圧力を掛けています。
品川に再々収容されたあるイラン人難民は「収容されるたびに、アパートや家財道具などを失い、借金だけが残った。このまま仮放免されても生きていく意味がない。再収容をやめろ!」と、死を決意したハンストを決行しました。

このように、入管が収容送還方針に固執しそれを強行に進める限り、その方針に対する抵抗は収まることはないばかりか、さらに多くの犠牲者を生み出すことは目に見えています。既に牛久では、自殺未遂者が頻発し、入院している者もいます。たとえ国家権力によっても、命を賭けて闘う彼らの人生を踏み潰すことは出来ません。入管自身がこれまでの収容送還方針を転換し、彼らに在留資格を付与する以外に、抜本的解決はないのです。
私たちは、収容所の長期収容や再収容からの解放と日本在留を求めて闘っている被収容者、仮放免者の人たちと連帯し、以下の要求のもとに、全国統一一斉面会を行いたいと思います。

* 入管は、長期収容者・再収容者・重病者を即刻仮放免せよ!
* 入管は、仮放免者の再収容を止めろ!
* 仮放免者に在留資格を与えよ!


当事者の闘いと連帯し、その運動がさらなる成果をもたらすよう、全国の支援者の皆さんの全国統一一斉面会への参加、ご協力をお願いします。



長期収容と再収容に反対する全国統一一斉面会要領

日時:2011年4月6日(水)

一斉面会及び申入れ先
* 入国管理センター 牛久・茨木・大村
* 地方局  品川・横浜(支局)・名古屋・大阪


呼びかけ団体
* 牛久の会(牛久入管収容所問題を考える会)
* SYI(収容者友人有志一同)
* BOND(外国人労働者・難民と共に歩む会)
* あいち移住労働者と共に未来を考える会(フレンズ)
* WITH(西日本入管センターを考える会)
* TRY(外国人労働者・難民と共に歩む会)
* 日中友好雄鷹会大阪府本部
* 大村入管被収容者を支える会


集合時間・場所
* 東日本入管センター(牛久): 4月6日(水) 10時30分 牛久面会所集合
* 東京入管(品川): 4月6日(水) 10時 東京入管1階休憩所面会受付集合(4月5日訂正)
* 東京入管横浜支局:
* 名古屋入管: 4月6日(水)12:30 名古屋入管2階ローソン横の休憩場 廊下側のテーブル付近集合
* 西日本入管センター(茨木): 4月6日(水) 午後12:30 西日本入管センター集合
* 大阪入管: 4月6日(水) 午前9時30分 大阪入管集合
* 大村入管センター: 4月6日(水) 午前10:30 大村入管前集合
[PR]

by P-dragon | 2011-04-02 01:42