「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

第3回抗議・激励行動やります!!

【東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ 】
2010年2月5日(金)
11:00 品川駅港南口(東口)前集合 その後、バスで品川入国管理局前へ移動
12:00~13:00 入管前アクション 
その後、品川駅前で情宣

品川に入国管理局があるのをご存じでしょうか?
私たちは入国管理局内で行われている、収容者への非人道的な待遇に反対しています。
入管前での抗議行動は今回で3回目を迎えます。入管の外から激励の声を上げ、収容されている人たちを
元気付けましょう!
また、入管職員に対し、収容施設内で行われていることを外部から見ている人たちがいること、
そして、収容者への非人道的な扱いを改めるよう訴えましょう!
入管問題について書いたチラシも配布していますので、ぜひお受け取り下さい。

                              SYI(収容者友人有志一同)


SYI(収容者友人有志一同)blog Pinkydragon(ピンキードラゴン)
URL   http://pinkydra.exblog.jp/
連絡先 freeimmigrants★yahoo.co.jp(★は@に変えてください)
[PR]

by p-dragon | 2010-01-24 02:33 | アクション・イベント  

入国管理局の実態についての参考文書

10年以上前は入管職員の外国人に対する暴力は想像を絶するものでした。
収容した外国人を大勢でリンチをして大けがをさせたり、女性に対するセクハラ、レイプなども行われていたと言われています。
外国人が立場の弱いのに付け込み、職員はやりたい放題という人として非常に許しがたいものです。日本にもアウシュビッツ、グアンタナモ、アブグレイブ刑務所があると言っても決して大袈裟ではありません。

最近は外国人への支援者も増えたり、非道な行いが世間に少しづつ、明るみになったのもあり、直接の暴力まではなくなってきたようではあります。
しかし、決して収容者に対する待遇が改善されたとは、とても言い切れません。
罪の無い外国人を犯罪者扱いして強制収容する事体がそもそも人権侵害としか言いようがありませんが、相手の自尊心を傷つける言葉の暴力。収容者の言い分には一切、耳を傾けようとしない。何を聞いても嘘と決めつける。病気になっても病院に連れて行かない。何の説明も受けず、訳のわからない薬だけ飲まされる。職員に「先生」と呼ばせる。逆らえは即、狭くて汚い懲罰房へ連れて行かれる。
母国に帰れば命の危険がある難民に対しても「早く、母国へ帰れ」と追い返そうとする。
言いだしたらキリがないほど、入管の行いは人道に反しています。

これから徐々に、入管の情報をこのブログにあげて行こうと思います。
下記は入管に対しての実態が記されている本です。ご参考までに。

~参考文書~
入管問題調査会 『密室の人権侵害 入国管理局収容施設の実態』 現代人文社 1996
入管問題調査会 『入管収容施設 スウェーデン、オーストリア、連合王国、そして日本』 現代人文社 2002
アリ・ジャン 『母さん、ぼくは生きてます』 マガジンハウス 2004
クルド人難民二家族を支援する会 『難民を追い詰める国 クルド難民座り込みが訴えたもの』 緑風出版 2005
土井香苗 『“ようこそ”と言える日本へ 弁護士として外国人とともに歩む』 岩波書店 2005 
難民受け入れのあり方を考えるネットワーク準備会 『難民鎖国 日本を変えよう! 日本の難民政策FAQ』 現代人文社 2002
「壁の涙」製作実行委員会 『壁の涙 法務省「外国人収容所」の実態』 現代企画室 2007
雨宮剛/エルダル・ドーガン 『私の人生、これなに?在日難民達の証言』 自主出版 2006
[PR]

by p-dragon | 2010-01-20 23:55 | 基本情報・豆知識  

声は届いた!

入管前アクションでは収容されている人達に、私達の激励の声が確かに届いたようです!
収容されている人達も、一体となり、下にいる私達に届くよう大声を挙げたという。

何処からともなく聞こえてきた「おー!」「そうだー!」という声は、9階や8階に閉じ込められている
彼らの声だった。

窓からバナーも見えたそうです。

「嬉しかった、ありがとう」

後日、面会した時、友人にそう言われました。
[PR]

by p-dragon | 2010-01-06 23:25 | アクション報告  

謹賀新年

e0188516_1342585.jpg

このブログをご覧になっている皆様、今年もよろしくお願い致します。
本年もますます入国管理局の非道ぶりを監視し続け、いかに人権侵害をしているかを
世間に広めていきたいと思います。

外国人達の自由や平等を願い、共存の道を目指し、私達も頑張って行く所存です。
[PR]

by p-dragon | 2010-01-03 01:43 | SYIとは / What is SYI?