カテゴリ:アクション報告( 60 )

 

世界難民の日デモ、無事終了いたしました。

賛同してくださった皆様、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。
世界難民の日「かぞくをかえして!ともだちをかえして!入管の人権侵害に反対するデモ」はおかげ様で無事に終了する事ができました。
日本人をはじめ、クルド、イラン、中国、アフリカ、フィリピンと多国籍な集まりとなり、参加者は100人を超えました。
入管の非道を参加者一丸となり、沿道の人々に訴えることができ、難民の方々にも喜んでいただけたようです。またこのような企画を今後も続けていけたらと思います。

応援してくださった皆様には心より感謝を申し上げます。

【動画】
nikepolitics:I am REFUGEE...I am not CRIMINAL
http://www.youtube.com/watch?v=PP5bhxyA75U

OurPlanet-TV:「世界難民の日」に牛久と渋谷で抗議アクション
http://www.ourplanet-tv.org/

【写真】
Also Sprach Mkimpo Kid かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ
http://www.mkimpo.com/diary/2010/world_refugee_day_10-06-20.html

【ブログ】
編む夢日記 ひとつの夢
http://d.hatena.ne.jp/amm/20100620

夢のリスト : 世界難民の日・3
http://blog.livedoor.jp/sodegami138/archives/51093559.html

e0188516_22334996.jpg
e0188516_22342448.jpg
e0188516_2235292.jpg
e0188516_22353621.jpg
e0188516_22361229.jpg

[PR]

by p-dragon | 2010-06-21 22:47 | アクション報告  

6.20入管の人権侵害に反対するデモ・情宣もやってます

こちらもチェック!

かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ
6月20日(日) 14:00 集合 代々木公園・ケヤキ並木(JR原宿駅徒歩5~10分)

 → 賛同者一覧(6.20現在)

GIVE BACK Our Family/Friends! Stop Human Rights Abuses!
Demonstration against Immigration Bureau of Japan, 20 June
14:00 Gathering at Keyaki Street, Yoyogi Park (in front of NHK Hall)


________________________________

6月20日難民の日デモに向けて、時間をみつけて情宣も行っています。

6月11日、12日には品川でも情宣を行いました。
品川駅前、そして入管前の公道でもデモのビラを撒きました。

e0188516_10213479.jpg


入管のなかで「法」の名目のもとに行われていることが、どれだけひどいことか、知らずにいる日本の人々にはもっと知ってほしいし、入管の職員ひとりひとりにも自覚してほしい。(これとか、これとか、これとか、これとか、これとか、他にもたくさん。)

そういう次第で、6月20日デモ、どうぞみなさまよろしくおねがいします。


↓↓↓ まずあなたたち(入管・法務省)が難民条約や基本的人権を守れ! ↓↓↓

e0188516_102115100.jpg

[PR]

by P-dragon | 2010-06-12 00:36 | アクション報告  

第6回抗議・激励行動無事終了。

e0188516_21482268.jpg

早いもので、ついに第6回行動が行われた。本日も運良く天候に恵まれた。
今回も収容者の家族や友人が集まり、賑やかな行動となった。
相変わらず入管職員は苦虫をつぶしたような表情でこちらを見ている。
e0188516_21484079.jpg

父親を収容され、子供達が泣きながらマイクを持って訴えた。
「お父さんをかえして」
子供達の悲痛な声が入管にこだまする。
中学生、小学生の子供に続き、更に小さな女の子もマイクをもって繰り返した。

おとうさんかえして おとうさんかえして おとうさんかえして

子供達の想いはお父さんに届いただろうか?そして入管職員の心にも届いただろうか。
e0188516_21485940.jpg

「FREEDOM」と願いを込めたバルーンをあげる。収容されている人達に元気づけてもらいたい。そして1人じゃないと伝えたかった。
今回はテスト段階で、2階分くらいしかあがらなかったが、いずれは7階より上にある収容所に届くように高く高く、沢山のバルーンをあげたい。

e0188516_21503548.jpg
e0188516_2150564.jpg

難民家族の要望もあり、今回も法務省へ向かった。
法務省職員に出てきてもらう為のアポ取りは、かなりの手間だった。
なかなか申し入れに応じてくれなかった。

なんとかやっと外に出てきてもらい、当事者達と一緒に話をした。
なかなか出てきてくれなかった割には、職員の対応はそれなりに誠意を感じた。
1人1人の意見や訴えに対し真面目に耳を傾け、ちゃんとメモをしている。
話し合いは30分ほどかかった。
最後に中2の少女は
「お父さんを出してください、あなたの事を信じています」
と、職員の手を握り締めた。

どこまで効果があるかわからないが、やるだけの事はやると
言ってくれた女性職員を我々も信じたい。
[PR]

by p-dragon | 2010-05-07 21:49 | アクション報告  

第5回抗議行動 入管と法務省前で

第五回目の抗議活動の様子。毎回パワーアップしていく。

抗議行動が、ジャパンタイムスで取り上げられました!
e0188516_1550530.jpg

e0188516_15492255.jpg

Protests hit immigration detainee treatment
By MINORU MATSUTANI Staff writer
【支援者による記事の邦訳】
 3月31日、30人ほどの日本人、中国人、ガーナ人、トルコ国籍のクルド人らが、収容者の処遇の改善を要求して、品川区の東京入国管理局と、千代田区の法務省の前で抗議活動を行った。
 入管収容所に収容されている外国人を支援する団体、SYI(収容者友人有志一同)のメンバーである Masanori Kashiwazaki は、入管局長 Shigeru Takaya と、千葉景子法務大臣に対して申し入れを行い、抗議文を手渡した。
 メンバーたちは、3月上旬に、西日本入国管理センターで、70人に及ぶ収容者たちが、11日間のハンガーストライキをおこなった事に関して、入管側の非人道的な扱いに抗議した。
 父親が現在も収容されているクルド人の子どもは、「お父さんを返してよ」と、メガホンで叫んだ。
 抗議文の中で、SYIは、収容者に対する抑圧的、暴力的な取扱いを中止するように要求している。また、3月22日に起こった、強制送還中のガーナ人男性の成田空港での死亡事件に関して、入国管理局に対する捜査を行い、事件の真相を究明、公開することを求めた。
 報道によれば、入管当局はガーナ人が暴れたことに対して、制止を加えたとされている。
 「私たちとしては、こういった行動をすることで、収容されている人々を励まし、孤立してはいないことを伝えたいと考えています。入管当局は収容者に暴力を加えていると聞きます。しかし、実際にどれだけのことが起こっているかはわかりません。当局がきわめて秘密主義的なためです。ただ、収容者は刑務所の受刑者より悪い待遇を受けていると言えます」と Kashiwazaki は言う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クルド人、ガーナ人、中国人、ビルマ人と、イラン人と、顔ぶれも多彩。
これは入管裏手で、収容所の中の人々に応援のメッセージを送っているところ。
e0188516_0265161.jpg


入管正面で。
「収容を、止めてください。お願いですから、止めてください。お父さんを、かえして下さい」
小学生の女の子が、涙ながらに訴えた。
みんなで叫ぶ。
「お父さんをかえせー! お母さんをかえせー! 友だちをかえせー! 
みんなを、かえせー!」
e0188516_0271255.jpg


今回は申し入れ書も手渡した。
プレスも、英字紙、ポルトガル語紙、通りがかりのテレビクルーなど、
さまざまな人々が来て、取材をしてくれた。
e0188516_0273727.jpg


夕方からは、法務省前で抗議行動。
ここでも申し入れをした。

収容所からは、声を限りに呼応する、収容者たちの声が聞こえてきた。
私たちの目的は、収容者を励ますことなのだが、
励まされ、問われているのは、実は私たち自身なのだと思う。

収容所の存在を許す社会は、それ自体が収容所なのだ。
e0188516_028028.jpg

(富井)
[PR]

by p-dragon | 2010-04-01 00:31 | アクション報告  

第4回抗議・激励行動無事終了。

e0188516_0553390.jpg

寒風吹きすさぶ中、本日の行動が行われた。

午前中に、品川駅に集合し情宣を開始する。
新しいバナーも加え、道行く人の目を引いた。
情宣の様子をを見て、入管について相談してくる人も何人かいた。

e0188516_1275526.jpg

品川駅から入管へ向かい、収容者激励&入管抗議行動を始めた。
4回目の行動となるが、参加者の数も増えてきている。
この問題に関心を持って下さる人が徐々に出てくるのは嬉しいかぎりです。
マイクアピールをしていると、またもや上階の収容所から口笛や声が聞こえてくる。
こんなに離れていても、心が一つになれると実感する。

e0188516_133178.jpg

収容所から人影が見える。
収容者がこちらを見てくれているのだろうか?

e0188516_135664.jpg

高い所からこちらの様子をうかがっている職員がちらほら見られる。
こちらがカメラを向けると、スッと柱に隠れた。
手に持っているのは携帯か?写メでも撮っているのだろうか。

e0188516_1375963.jpg

こちらも陰に隠れながら、コソコソとメモを取っている公安。
やはりカメラを向けると隠れてしまう。
私達は間違った事していると思っていないし、やましい事など何もない。
彼らもやましい事がなければもっと堂々とするべきだ。
ましてや入管も、言いたい事があるのなら我々はいくらでも応じる所存だ。

公安が数人いたが、無事に行動も終了する。
この後、皆で収容者の面会に入る。

相変わらず収容者の話を聞くと、入管の酷い対応が明らかになる。
見過ごすわけにはいかないので、この先もどんどん明らかにしいく。
[PR]

by p-dragon | 2010-03-04 01:56 | アクション報告  

第3回抗議・激励行動無事終了。

e0188516_533089.jpg

e0188516_5333417.jpg


行動も3度目となり、少しずつ入管に来る外国人達に、私達の存在が広まりつつあるようです。

様々な事情で入管まで足を運ぶ人達が私達に声をかけて、自分の境遇などを涙ながらに教えてくれたりします。

今回はとにかく収容所からの声が強く聞こえてきました。

激励の声が届いた様で、遥か上の階から、それに答える収容者達の声が、かなり多くの人達の声が聞こえてきました。

中でも聞こえたのが

「ここから出してくださーい!」

という言葉でした。私達に向けてか入管に向けてかはわかりませんが、こんなにはっきり声が聞こえるとは驚きました。

上からのたくさんの声や口笛はしばらく続き、こんなに遠く離れているのに、この時だけは収容されてる友人達と一体になれたような気がします。

この後、収容所の公衆電話から

「凄く声が聞こえた、俺達もいっぱい声出したよ」

と収容されているクルドの友人からお礼の電話を頂きました。

私達の行動で少しでも元気になってもらえれば、本当に嬉しく思います。

Ourplanet-TVの取材が入りました。
ありがたいかぎりです。

「入国管理局の外国人への非人道的対応に反対!」

[PR]

by p-dragon | 2010-02-06 05:35 | アクション報告  

声は届いた!

入管前アクションでは収容されている人達に、私達の激励の声が確かに届いたようです!
収容されている人達も、一体となり、下にいる私達に届くよう大声を挙げたという。

何処からともなく聞こえてきた「おー!」「そうだー!」という声は、9階や8階に閉じ込められている
彼らの声だった。

窓からバナーも見えたそうです。

「嬉しかった、ありがとう」

後日、面会した時、友人にそう言われました。
[PR]

by p-dragon | 2010-01-06 23:25 | アクション報告  

第2回行動の映像がTouTubeにアップされました。

#01 東京入国管理局・品川の収容者へ2度目の激励アクション
[PR]

by p-dragon | 2009-12-30 18:04 | アクション報告  

第2回抗議行動

e0188516_21154059.jpg

e0188516_2117034.jpg
e0188516_21191969.jpg

東京入国管理局に対し、2回目の抗議行動、収容者激励行動を開始した。
前回は正面玄関のみでの行動だったが、今回は出来るだけ多くの収容者に声が届くように、建物の後ろ、横に回って全員が順番に声を挙げた。

入管の中には難民でありながら収容されている外国人、病気でありながら病院にも連れて行ってもらえず苦しんでいる外国人、お父さんだけ収容され家族バラバラにされた外国人達がいる。

そんな入管の残酷な仕打ちを受けている彼らに激励の声をひたすら挙げ続けた。

どこからともなく口笛や「おー!」「そうだー!」と声が聞こえた。
もちろん、なんらかの事情で入管に来ている外国人達の声でもあるが、8階や9階に閉じ込められている収容者達にも私達の声が届いたのだと手ごたえを感じた。

e0188516_21205275.jpg

高いところから見下ろしている入管職員よ、私達の怒りの声はあんた達の心にも届いたか?

e0188516_21211676.jpg

その後、品川駅に移動し、1時間ほど情宣をする。
入管の人権侵害を道行く人々に伝えていく。チラシを貰ってくれる人は多く、中には私達の気持ちに共感してくれた人も何人かいた。

この地道な行動はまだまだこの先も続けていく。
[PR]

by p-dragon | 2009-12-28 21:21 | アクション報告  

品川入管で12月14日、第1回抗議行動

e0188516_2351316.jpg

東京入国管理局では多くの外国人達が収容されている。
その中には私達の友人達も・・・・。

狭い壁の中に閉じ込められ、いつ外に出られるのかもわからず、病気になっても治療もしてもらえず、強制送還に怯える毎日。
いつのまにか牛久入管(茨城県の山奥)に移送される人もほとんどです。

そんな人権侵害を私達は許さない!

友人有志12人が集まり、東京入管で抗議行動を行いました。
そして9階や8階に閉じ込められている友人達に、激励の声が届くように大声を張り上げました。

私達の友達を返して!と。

入管へ来ている外国人が次々に集まってきました。
私達に共感して涙を流す人、喜びをあらわにする人、いつのまにか私達の行動に一緒に参加してくれる人。
今回は少人数ながらも、手ごたえのある行動だったと思います。

e0188516_035755.jpg

1時間の抗議行動の後、品川駅に移動し情宣をしました。
品川に、こんなにも非道な入管という建物がある事を道行く人々に訴えました。
意外にもチラシを手にしてくれた人も多く、300枚用意したチラシがほとんどさばけました。

抗議行動の映像がこちらから観れます。


今回の行動は今後も、少しづつ拡大しながら続けて行こうと思います。
[PR]

by p-dragon | 2009-12-20 00:08 | アクション報告