カテゴリ:アクション報告( 60 )

 

1月に不当逮捕された難民の釈放のおしらせ/SYI第13回行動の報告

1月7日に不当逮捕されたパキスタン人難民(くわしくは前記事)ですが、1月25日に不起訴で釈放され、家族と再会することができました。
ご注目いただいたみなさまには、諸事情によりすぐに報告できなかったことを、おわびもうしあげます。

カンパにご協力くださったみなさまには、御礼もうしあげます。
(じゃっかん不足もありますので、いまからでもご協力いただける方は大歓迎です。振込先はこちら最下部
集まったお金は、一家の弁護士費用などとして使わせていただきます。

そして、入管のパキスタン人への侮辱行為と不当逮捕を、わたしたちはつよく糾弾します。
外国人を侮蔑し差別しつづける日本の入管システムは、根本的に変えられなければなりません。

____________________

さて、きのう7日はSYIの定例アクションでした(告知)。


品川駅港南口
e0188516_15124331.jpg

品川駅前での街宣。
同時刻に、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)も、海外での難民支援活動の宣伝をしていました。
あのー、日本にも難民はいっぱい来ているんですけど、そのかれらにたいしては、何かしてくれているのでしょうか??(参考「第9回入管抗議・収容者激励行動→国連」


東京入国管理局
e0188516_15125380.jpg

怒りの抗議!
さいきん収容されてしまったわたしたちの友人は、腰の病気で手術を控えていたにもかかわらず入管に自由を奪われ、複数の病院から「手術と入院が必要」と診断されているにもかかわらず、閉じ込められつづけています。

e0188516_1513656.jpg

収容者への激励。

e0188516_15131478.jpg

この日は、収容されている仲間が、いつもより一層大きな声で、わたしたちに応えてくれました。

e0188516_15132098.jpg

みんなの姿が見えた! 
半分の喜びと、もう半分は、鉄格子ごしにしか彼らの顔を見れないことへのやるせなさや憤りを感じました。


入管抗議&収容者激励のあとは、面会へ。
この日の面会には、とある海外からの研究者も、参加してくれました。
日本の入管制度の非人道性や、難民認定率のものすごい低さ(2009年で約30人)に、何度も驚かれていました。
[PR]

by p-dragon | 2011-02-07 15:13 | アクション報告  

SYI第12回 今年最初の入管抗議・収容者激励行動 報告

e0188516_17371315.jpg

e0188516_18294161.jpg

[PR]

by p-dragon | 2011-01-07 17:37 | アクション報告  

SYI第11回行動 ことしさいごの東京入管・収容者への激励行動 報告

12月30日に、ことし最後の激励行動をおこないました。

12がつ 30にちに、ことし さいごの げきれい こうどうを おこないました。



e0188516_0153611.jpg

品川の東京入管は、12/29から1/3まで受付業務をおやすみしてます。なので、この年末・年始6日間は、家族やともだちが面会したくても、会うことができません。

しながわの とうきょう にゅうかんは、12/29から 1/3まで うけつけ ぎょうむを おやすみ してます。なので、この ねんまつ・ねんしの 6にちは、かぞくや ともだちが めんかい したくても、あう ことが できません。



e0188516_10495789.jpg

13時40分ごろから、ひとけのない 収容所のまえで、中に収容されている人たちと、職員たちにむけて、ハンドマイクでメッセージを送りました。
収容は不当であること。
わたしたちをふくめ、「外」から注目しているひとがいること。
スラジュさんが強制送還中にに死亡した事件で、捜査にあらたな動きがあったこと。
人間が他者とともに生活の場を築き、よりよく暮らしていこうとすることに、「不法(滞在)」も 「合法」も ないし、「外国人」も「日本人」も関係ないこと。
金太郎あめみたいにどこを切ってもおんなじような日本社会よりも、さまざまな言語がとびかい、いろんな文化がまじりあう社会に住みたいこと。
などなど。
行動の参加者がそれぞれの気持ちや考えを、マイクをまわしながらひとりひとり訴えました。

13じ 40ふん ごろから、ひとけの ない しゅうようじょの まえで、なかに しゅうよう されている ひとたちと、しょくいんたちに むけて、ハンドマイクで メッセージを おくりました。
しゅうようは ふとう である こと。
わたしたちを ふくめ 「そと」から ちゅうもく している ひとが いる こと。
スラジュさんが きょうせいそうかんちゅうに しぼう した じけんで、そうさに あらたな うごきが あった こと。
にんげんが たしゃと ともに せいかつの ばを きずき、より よく くらして いこうと する ことに、「ふほう(たいざい)」も 「ごうほう」も ないし、「がいこくじん」も 「にほんじん」も かんけい ないこと。
きんたろうあめ みたいに どこを きっても おんなじ ような にほんしゃかい よりも、さまざまな げんごが とびかい、いろんな ぶんかが まじり あう しゃかいに すみたい こと。
などなど。
こうどうの さんかしゃが それぞれの きもちや かんがえを、マイクを まわしながら ひとりひとり うったえました。



e0188516_1051360.jpg

年末で、入管の受付も閉まっており、また、あたりを通るひとや車もすくなく、しずかだったためでしょうか?
わたしたちのアピールに応える収容されたひとたちの声が、いつも以上にわたしたちにも聞こえました。7階に閉じこめられたひとたちの窓から手をふる姿がみえましたし、ことばもはっきりと聞きとることができました。
「きこえてるよ。ありがとう」
「法律をかえてください」
「入管のやりかたはひどすぎる」
収容されているひとたちから、「あなたたちの電話番号をおしえてください」という声 があったので、ハンドマイクで携帯電話の番号をさけびました。
すると、まもなく、収容所のなかから、ふたりのかたが、わたしたちのささやかな行動へのお礼と、自分たちの苦しみを訴える電話をかけてきてくれました。
ここで詳しく書くことは今はまだできませんが、収容され自由をうばわれるだけでなく、収容所のなかの環境があまりにわるいために、体も心もかなり痛めつけられているということがわかりました。

ねんまつで、にゅうかんの うけつけも しまっており、また あたりを とおる ひとや くるまも すくなく、しずかだった ためでしょうか?
わたしたちの アピールに こたえる しゅうようされた ひとたちの こえが、いつも いじょうに わたしたちにも きこえました。7かいに とじこめられた ひとたちの まどから てを ふる すがたが みえましたし、ことばも はっきりと ききとる ことが できました。
「きこえてるよ。ありがとう」
「ほうりつを かえて ください」
「にゅうかんの やりかたは ひどすぎる」
しゅうよう されて いる ひとたちから、「あなたたちの でんわ ばんごうを おしえて ください」という こえが あったので、ハンドマイクで けいたい でんわの ばんごうを さけびました。
すると、まもなく、しゅうようじょの なかから、ふたりの かたが、わたしたちの ささやかな こうどうへの おれいと、じぶんたちの くるしみを うったえる でんわを かけて きて くれました。
ここで くわしく かく ことは いまは まだ できませんが、しゅうようされ じゆうを うばわれる だけでなく、しゅうようじょの なかの かんきょうが あまりに わるい ために、からだも こころも かなり いためつけられて いる という ことが わかりました。



e0188516_23263551.jpg

こうして激励行動をとおして出会うことのできた収容所のなかの友人たちと、今後もつながり連絡をとりながら、わたしたちは入管や法務省のありかたを広く問題にしていきたいと思います。

こうして げきれい こうどうを とおして であう ことの できた しゅうようじょの なかの ゆうじんたちと、こんごも つながり れんらくを とりながら、わたしたちは にゅうかんや ほうむしょうの ありかたを ひろく もんだいに して いきたいと おもいます。


※2011年1月7日(金曜)に、年明け早々の激励行動を予定しています。


【関連リンク】
ムキンポの忍者ブログ
SYI第11回行動 ことしさいごの東京入管・収容者への激励行動
http://mkimpo.blog.shinobi.jp/Entry/1112/

YouTube - CMPNCA さんのチャンネル
SYI 第11回 東京入管・収容者への激励行動
http://www.youtube.com/watch?feature=player_profilepage&v=RxZ7VwkTfXg
[PR]

by p-dragon | 2010-12-30 23:27 | アクション報告  

いみん・なんみんに夢と希望を! 知ろう、変えよう入管の問題 世界人権デー劇場 報告

e0188516_133330.jpg


【関連リンク】
ムキンポの忍者ブログ
いみん・なんみんに夢と希望を! 知ろう、変えよう入管の問題 世界人権デー劇場
http://mkimpo.blog.shinobi.jp/Entry/1102/

Wattan Net Life
「世界人権デー劇場」メーキング
http://ameblo.jp/watan0/entry-10738231319.html
[PR]

by p-dragon | 2010-12-17 01:38 | アクション報告  

SYI第10回行動 入管への抗議と収容者の激励 報告

e0188516_2164119.jpg


ムキンポの忍者ブログ SYI 第10回東京入管抗議・収容者激励行動
http://mkimpo.blog.shinobi.jp/Entry/1081/
[PR]

by p-dragon | 2010-11-05 23:59 | アクション報告  

第9回入管抗議・収容者激励行動→国連

e0188516_21233141.jpg
e0188516_21244099.jpg
e0188516_21252538.jpg
e0188516_21275377.jpg

今回は難民に光を実行委員会の入管デモにも参加してくれた各国の有志達が来てくれました。

入管前での行動は外国人達にとってかなりリスクが高い事かもしれません。

しかし彼らは入国管理局によりたった一度しかない人生を奪われました。
何度も、何年も収容され、時間はもうもどりません。

もう二度と人間の心をボロボロにする残酷な収容を止めさせたい。

自分や友達や家族をこれ以上、傷つけてほしくない。

彼らは立ちあがり、勇気をだして入国管理局に向かって声を上げます。

「収容を止めろ」と。


e0188516_2128668.jpg

こんな小さな赤ちゃんのお父さんも収容されています。
一刻も早い解放を!

入管行動の後は休む事無く、申し入れをする為に国連まで移動しました。
しかし、UNHCRだけ引っ越しをしたと聞き、急きょ住所を調べることになりました。
国連に問い合わしたところ新住所を教えてくれません。

別の方法で調べ向かいましたが、新住所の近くに来たところでUNの職員が待ち伏せをしていて
「新住所は教えられないから、公園で話をしよう」
と提案してきました。

何故、住所を秘密にする必要があるのか、しかも申し入れを公園でやるなどと失礼ではないかと、難民達は憤慨しました。

しかも公安警察が離れたところで見張っているのです。
入管はともかく国連は難民にとって味方のはずなのに、ただ申し入れに来た外国人を警戒し、警察を呼ぶUNには少し残念な気持ちにさせられました。

外で、長い交渉の末、やっと新しいUNHCRの事務所に6名だけ入る事が出来、職員と改めて話し合いを行いました。2時間以上の長い話し合いとなりました。

しかし残念ながら難民達と職員の間には何処か距離を感じるものがありました。

難民達が必死に辛い境遇を訴えたのに対し

「あなた達は知らないだけで、入管は少しずつ良くなっている」

「難民がデモンストレーションをしたりハンストをしてもプラスになるどころか無駄なだけ。
UNHCRもデモをしたから動いたとか世間に思われたくない」

と発言しました。

誰が好き好んでデモやハンストをやるでしょうか?
ならUNHCRはもっとヴィザを出すよう入管に言ってもらいたいものです。
それが出来ないから難民達は自分たちでも道を開くために懸命に行動を起こしているのです。

せめてその気持ちをくみ取ってもらいたかったです。

なにか・・・すっきりしない話し合いとなりました。
[PR]

by p-dragon | 2010-10-05 21:35 | アクション報告  

Freedom for Refugees~難民に自由を~ 無事貫徹

e0188516_458247.jpg
e0188516_4585868.jpg
e0188516_4592497.jpg
e0188516_501048.jpg

写真提供:Kさん。

難民申請者達を中心とした「難民に光を実行委員会」による入管抗議デモ、無事終了しました。

大雨の中でも90名以上が集まり、入管に向けてデモ行進をしました。

入管を一周するデモはかつてなく、今回は画期的な取り組みとなりました。
入管の周りを回る時の盛り上がりは相当のものでした。

皆で「収容やめろ!収容やめろ!」と声を上げ続けました。
収容者たちにも必ず声が届いたはずです。

デモ終了後は90名全員で入管前に行き、代表者3名が申し入れの為、建物に入りました。
これ以上の収容、収容者への虐待等を改めるよう総務課の職員に伝えました。

これだけの多くの人々が怒り、立ちあがったのです。
入管職員も自分たちがいかに非道な行いをしているのか、改めて考えなおしてほしいものです。

デモに参加された各国の皆様、本日は大雨の中、本当にお疲れ様でした。

【関連リンク】

編む夢日記
2010-09-08 嵐の入管抗議デモ
http://d.hatena.ne.jp/amm/20100908

Also Sprach Mkimpo Kid
難民申請者たちによるデモ Freedom for Refugees ~難民に自由を~
http://www.mkimpo.com/diary/2010/freedom_for_refugees_10-09-08.html

牛久の会
難民・移民に人権を! 記録的豪雨の中、品川駅前~東京入管 90名が抗議デモ(9/8)
http://www011.upp.so-net.ne.jp/ushikunokai/

Street Photo Gallery: STOP THE RE-DETAINED say forieners live in Japan
http://buddcom.blogspot.com/2010/09/stop-re-detainedsay-forieners-live-in.html

毎日新聞 2010年10月4日 東京朝刊
ニッポン密着:東日本入管センター 仮放免の保証金、ハンストで「減額」?
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101004ddm041040049000c.html
[PR]

by p-dragon | 2010-09-09 05:13 | アクション報告  

8.23「入管前納涼祭」での申し入れ報告


さきの報告記事にもあるように、8.23「入管前納涼祭」のさい、品川入管への申し入れをおこないました(対応したのは総務課のトミヤマ、オザキ)。

まず、SYI・5つの要求を知ってもらおうと、申し入れを行いました。ただし、これについては、回答をもとめていません。入管職員は「わたしたちは法律にのっとった措置をおこなっているだけだ」と言いながら平然と人権侵害をおこなっているので、権利にかんする発想が根本的にズレています(たとえば牛久入管での申し入れ時のやりとり)。よって、これらの要求を全入管職員に読ませレポートを書かせろ、とだけ言っておきました。

また、ことし3月22日に起きた、不当にも強制送還されたガーナ国籍のスラジュさんの死亡事件についも、質問をおこないました。

この件については、スラジュさんの妻と支援者(APFS)が、かれの死の原因と責任についての究明を入管と千葉県警にもとめており、6月28日には刑事告訴もおこなっています(APFSブログ)。しかし、これにたいする誠実な回答はいまだなされていません。

この件にかんする責任の究明が進んでいるのかどうかという質問にたいして、対応したトミヤマは「警察の捜査に全面協力している」の一点張りでした。一般論として「入国管理のための公務の最中に人命が失われた」ことの責任を、入管としてはどう考えているのかと聞いても、同じ答えのくり返し。公務中における人命の損失について、入管は独自には責任を調査する気がない、つまり、同じようなことの再発防止を講じようとすらしていないわけです。これには、怒りを通りこして心底あきれました。

入管に自浄能力はありません。これを放っておいたままでは、今後も第二、第三のスラジュさんが作り出されつづけるでしょう。戦後ずっと、入管は在日朝鮮人・韓国人、在日中国(台湾)人の弾圧機関でありつづけましたし、ほかの国からの労働者が流入するようになってからも、おなじように非人道的な拉致、監禁をもって対応し、多くの外国籍者の健康や生命をうばってきました。それは2010年のいまもかわっていないのです。
[PR]

by P-dragon | 2010-08-28 11:14 | アクション報告  

入管前納涼祭

さすがに8月に、昼間からの行動は暑くて大変。
そんな訳で今回は夕方からの行動です。

16時にSYI代表者3名が品川入管の総務課に申し入れをしました。
申し入れの詳しい報告は後になりますが、とにかく対応は酷いものでした。

申し入れの後、メンバー皆で収容者への激励行動をやりました。

e0188516_0572683.jpg

e0188516_058139.jpg


そして公園に向かい、本番に向けての準備です。
人文字といっても高度な文字を作るのは少し難易なので、今回は万国共通のマーク「ハート❤」に色々な想いをこめて作りました。
e0188516_0592411.jpg

e0188516_0594225.jpg

e0188516_0584211.jpg


お酒を飲みながら、バンド演奏、自己紹介タイム、花火などをやって今回集まった人たちと楽しく交流を深めました。

e0188516_059514.jpg


収容されている人たちに、皆で心をこめたハートは見えたでしょうか?
入管により遠く引き離されたとしても、心はひとつですよ。

ちなみに納涼祭が終わった後は皆、泥だらけになっていました。
[PR]

by p-dragon | 2010-08-25 01:20 | アクション報告  

第7回抗議・激励行動無事終了。

まだ梅雨も明けていないというのに、今日も天候に恵まれました。
SYI行動は今のところ、運よく雨にみまわれていません。

11時に品川駅に集合し、情宣をやりました。
平和な品川駅ですが、バスで10分も行けば入国管理局があり、その建物の中でいかに外国人達が強制収容され、非道な扱いを受けているかを訴えました。
e0188516_23473596.jpg

12時、入管前に移動し、抗議&激励行動を開始しました。
いつもの入管職員が苦笑いをしてこちらを見ています。
しかし、なぜ私たちがわざわざ入管まで来て抗議をするのか、職員にも考えてほしいものです。
e0188516_23562395.jpg
e0188516_23491251.jpg

裏手に廻り、収容所に向けて激励をすると、収容されている人達も一生懸命、私たちに答える為に
声を挙げてくれます。
そして驚いたことに収容所の窓から、収容者が手を振っている姿が見えたのです。
私たちも懸命に手を振り返し、彼らもいつまでも手を振り続けてくれました。

こんなに遠く離れていても通じ合える一体感で感動しました。
e0188516_0205660.jpg

e0188516_23521698.jpg


やはりこの行動は続けていくべきなのだと改めて再認識しました。
[PR]

by p-dragon | 2010-07-15 23:58 | アクション報告