カテゴリ:アクション報告( 56 )

 

たこくせきフェス2014 は 6/22(日)

SYIの呼びかけで準備されている、たこくせきフェス2014が、再来週にせまってきました!
まだこれから詳細が、特設ブログにアップされていきます↓
ぜひご注目を!


http://takokuseki14.wordpress.com/



世界難民の日企画 たこくせきフェス2014

2014年6月22日(日) 12:00-16:00
中野駅北口広場 (駅前暫定広場) 東京都中野区中野4-9

主催:たこくせきフェス2014実行委員会
後援:中野区(東京都)
入場料:無料

東京にくらす移民・難民が、生のことばと生きかたを表現する、そんなまつりです。これからの多文化社会に向けて、交流を深めるために、足をはこんでみませんか?

予定企画
★エスニック料理(販売) … イラン ネパール トルコ etc.
★展示 … パレスチナ 国内移民社会 etc.
★ダンス … ラテンアメリカ クルド  etc.
★音楽 … 難民の歌 バグパイプ サズ etc.
★難民・支援者の体験談

問い合わせ
たこくせきフェス2014実行委員会
takokuseki14@gmail.com
080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2014-06-09 21:05 | アクション報告  

食べよう! 学ぼう! SYI移民・難民交流会 第1回 11/17

食べよう! 学ぼう! SYI移民・難民交流会
第1回 パキスタン難民のお料理とお話。


SYI's Learning Café with a Pakistani Refugee

ひらがな

日本にも、さまざまな国からやってきた移民や難民がいます。
どんな事情で日本へやってきたのか。
日本の法制度や社会環境のなかで、どんな経験を、どんな思いをしてきたのか。
そんなお話を、いっしょにお料理、お食事をしながら、聞いてみよう! という交流会です。
今回は、パキスタン難民のAさんを、ゲストとしてお招きします。

2013年11月17日(日) 13:00(お料理を手伝ってくれる人) 15:00(お食事から参加したい人)

参加したい方は、なるべく、事前にSYIへご連絡ください。
 TEL: 080-8844-7318
 Email: freeimmigrants@yahoo.co.jp

江東区青少年センター 調理室  東京都・亀戸駅から 徒歩15分 バスで5分
バス: 亀戸駅バスのりば1番または10番で「亀戸7丁目」へ、道の反対側に渡り、自動車の店(BMW)の裏へ(亀戸7丁目41)

地図(ビラを見てください)


★ 食べ物・飲み物の持込み、大歓迎!
★ 材料費として、500円以上のカンパをお願いします(可能な方)

主催: SYI(収容者友人有志一同 : Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)

e0188516_817065.jpg


e0188516_1863985.jpg

[PR]

by p-dragon | 2013-11-17 00:00 | アクション報告  

あるミャンマー難民の収容中の死に東京入管は責任がある!

10月23日(水)14時30分~
東京入管前抗議行動
ロヒンギャ難民や今まで入管により亡くなった人たちの追悼の意味を込めて

e0188516_23504052.jpg

e0188516_2353697.jpg


【以下、配布したビラの文面】


あるミャンマー難民の収容中の死に東京入管は責任がある!
Tokyo Immigration Bureau Is Responsible for the Death of a Myanmar refugee on 14 Oct.


 東京入管に収容された人の命が、また奪われました。彼はミャンマーのロヒンギャ難民でしたが、今月に再収容され、その日に収容所で倒れ、意識不明となりました。しかしながら、職員がようやく対応をしたのが40分後、救急車を呼んだのが1時間後でした。彼は病院に運ばれたものの、5日後の14日、尊い命を失いました。

 入管の収容のせいで死んでしまうなんて、いったい何のための人生だったのでしょうか? それを思うと、悔しくてなりません。いまの入管行政を今すぐやめさせなければ、これからも悲劇は繰り返されるでしょう。
          
 いつものことですが、東京入管はこの件について、責任を認めていません。しかしながら、倒れた彼をすぐに医者に診せなかったこと、そもそも難民申請者である彼をきちんと受け入れずに強制収容したこと、こうしたことがなければ、彼は死にまで至らなかったでしょう(収容と同じ日に倒れたということが、彼が受けたショックを物語っています)。

 入管は、人の命を弄ぶ収容を、いますぐやめろ!


2013.10.23
SYI(収容者友人有志一同 Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
[PR]

by p-dragon | 2013-10-23 23:53 | アクション報告  

強制送還やめろ! ビザを出せ! 8.30 入管抗議デモ 報告

強制送還やめろ! ビザを出せ! 8.30 入管抗議デモ
Protest March against Immigration Bureau on 30 August 2013 in Shinagawa

炎天下となりましたが、デモを貫徹しました。
SYIとして品川入管に抗議をかけるのは久しぶりでした。
e0188516_10345396.jpg


前半は品川のオフィス街にて入管問題を訴えるかたちとなりました。
これもまた意味のあることです。
入管はただ外国人をコントロールしたいからそうしているのではなく、日本の企業社会の要請にあわせて、超過滞在者を放置したり、追い出そうとしたりしているからです。

品川入管では、総務課にて申し入れを行いました(総務課渉外担当・課長補佐・アサイ、他が担当)。
チャーター機送還にかかわる予算がまだ残っているはずなので、もう一度送還をやるつもりなのかと、あわせて質問しました。
まともに答えるはずがないことは承知のことでしたが、あいかわらずの無責任な回答ぶりで、こちらの要請をきちんと「上に」伝えるとしながら、メモすらとっていないありさまでした。
強制送還への厳重な抗議を表明したうえで、総務課をあとにしました。

今後のSYIの予定は未定ですが、いろいろ企画していくと思います。
情報は当ブログに随時アップします。

e0188516_1035552.jpg


呼びかけ団体: SYI(収容者友人有志一同)
SYI (Shuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)

Also Sprach Mkimpo Kid
http://www.mkimpo.com/diary/2013/protest_march_in_shinagawa_13-08-30.html
[PR]

by p-dragon | 2013-08-30 23:59 | アクション報告  

7.17 チャーター機強制送還への抗議申し入れ行動 報告

昨日の行動では、SYIのほか2団体が、抗議申し入れを行いました。

法務大臣の秘書官が抗議文書を受け取り、法務大臣に渡すと回答して引き下がりました。
その前後には、法務省職員全員にたいして、日本の入管行政が法務省の掲げている「人権」の理念に真っ向から背いていることを、法務省入口で宣伝しました。

e0188516_8324537.jpg


緊急の呼びかけではありましたが、お集まりいただいた皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by p-dragon | 2013-07-18 08:37 | アクション報告  

牛久入管への申し入れの報告



前記事にあるとおり、SYI 世界難民の日行動2013で、牛久入管に対する申し入れ文を決議し、それを6月26日に牛久入管に届けました。
対応したのは、総務課の高草木係長でした。

われわれが提出したのは、5つの「質問と要求」でしたが、高草木係長は「皆さんの意見は間違いなく(牛久入管)所長に伝え、参考とさせていただきます」という対応を、終始くりかえしました。
最初から質問に答える気はないようです。

「あなたたちは、まがりなりにも公的機関なのに、あなたたちが「法に基づいて行っている」と称しているところの業務について、なぜ市民からの質問に答えないのか? かりに機密事項であったとしても、「こういう法的根拠により公開しない、答えない」などといった回答はせめてあるはずだ。それならば、問題はあれこれの法律ということになる。しかし、まったくの無反応となると、入管当局は、自分たちの業務について説明責任はない、入管収容所のなかでは何をやってもいい、という姿勢でいるのかと見なさざるをえない。それを、法にもとづいた公務と言えるのか。」

「たとえば仮放免申請が却下されたとき、却下の理由を明確に示せと申請者たちは要求しており、私たちも同じ要求を掲げている。しかしながら当局は「申請却下にはさまざまな理由があるので一概には言えない」といった返答しかしない。一般論を聞いているのではなく、個別の申請について、申請者本人にきちんと説明をせよと言っている。はぐらかした返答をするのはやめていただきたい。」

こういったことを、何回も何回もくりかえし説明しました。

その結果として、高草木係長からはようやく、「それでは何らかの回答をするよう、上に促しておきます」という答えが返ってきました。

本当に回答が得られるのでしょうか? さしあたりは様子を見ることにします。

牛久入管のみなさん、このブログを見ているのでしたら、高草木係長はたしかに、回答をよこすと言いましたので、その点、お忘れなきよう。


---

その後も、牛久入管からは情報が伝わってきています。
本日もまた、帰室拒否による抗議が行われたようです。
入管当局は、抗議者の一人の「保護房」行き(隔離房、要するに懲罰房)によって応えたと、聞いています。

裁判もなく、期限もなく、「ビザがない」というだけで人間を国が拉致・監禁しつづける収容制度に、正義はない!
被収容者たちの抗議は正当である!
入管は収容をやめろ!



.
[PR]

by p-dragon | 2013-06-28 21:09 | アクション報告  

牛久入管への申し入れ(SYI 世界難民の日行動2013で決議)


SYI 世界難民の日行動2013で、牛久入管に対する以下の申し入れ文を決議し、6月26日に牛久入管に届けました


---


法務省入国管理局 局長 様
東日本入国管理センター 所長 様


質問と要求


 今月18日、東日本入国管理センター(以下、牛久入管)の被収容者が、自由時間後の帰室を拒否し、以下の四つの質問および要求に応えるよう、牛久入管当局に要請しました。

 1.なぜ仮放免申請の結果が出るまでに約二ヶ月かかるのか、なぜ却下の場合に理由が公開されないのか。
 2.収容所内における医療の改善。
 3.収容所内の環境の改善、被収容者の人権の保障。
 4.チャーター機による送還が実行されるのかどうか。

 当局(統括部門の岡崎および鳥巣担当官)は、これらの質問・要求には後日回答すると表明したため、帰室拒否は同日のうちに終えられました。ところが、その翌日、当局はなんの回答もせずに被収容者を帰室させ、さらには前日の帰室拒否者の一人を連れ去り、別のブロックに移動させたのです。その後、今日にいたるまで、当局が何らかの回答をしたという情報は伝わってきていません。
 私たち「SYI 世界難民の日行動2013」参加者は、日本の入管行政、とりわけ入管収容が、外国人の権利や尊厳を無視し、人々の国籍や文化的差異をこえた連帯を妨げる、抑圧的で問題のある制度であることを、今日、改めて確認しました。それゆえに、私たちもまた、入国管理局および牛久入管センターに対して、以下のとおり質問・要求します。

 1.仮放免申請の判定までの期間を、受理後、二週間以内に短縮してください。短縮できない場合、その合理的な理由を説明してください。
 2.仮放免申請が却下される場合、なぜ却下の根拠が個別に公開されないのか、合理的な理由を教えてください。
 3.チャーター機による大量送還の準備をしているのかどうか、チャーター機による送還先はどの国なのか、回答してください。回答できない場合、その合理的な理由を説明してください。
 4.入管収容所は懲罰機関ではありません。しかし実際には、「自由時間」以外には数畳の狭い房の外にすら出られない、外部への連絡手段が制限されている(自分の通信機器を持ち込めない)、適切な医療にアクセスできない、食事・就寝・その他の生活環境が劣悪である、そもそも料理、洗濯、掃除、空調の操作などを自主的に行うことができない、等々、ほとんど刑務所と変わらないような(場合によってはそれ以下の)生活を強いられています。それはなぜですか。なぜ改善されないのですか。合理的な理由を説明してください。
 5.そもそも私たちは入管収容そのものに反対しているので、すべての被収容者をただちに解放してください。そうする場合のみ、上記1~4の質問には回答していただかなくて結構です。

 最後になりますが、以上の質問・要求に対しては、2013年7月5日(金)までに、本文書の最下部にある連絡先まで、回答をお送りいただくよう、よろしくお願いいたします。


2013年6月23日
SYI 世界難民の日行動2013(於・東京都渋谷区穏田区民館)参加者

(連絡先)





.
[PR]

by p-dragon | 2013-06-28 21:07 | アクション報告  

SYI 世界難民の日行動 2013

SYI 世界難民の日行動 2013
~ 何が難民を作り出すのか、誰が権利を奪っているのか ~
神宮前穏田区民会館

第1部 ★ 報告・議論 「難民を生み出し、抹消する世界 ドイツ滞在の報告をかねて」 報告者 柏崎正憲
e0188516_2274292.jpg


第2部 ★ クルドっこ演劇 ~入管収容所をテーマに~
e0188516_2233662.jpg


渋谷をデモ 神宮前穏田区民会館前 → 渋谷駅前 → 国連大学前
e0188516_22223768.jpg

e0188516_2234522.jpg

[PR]

by p-dragon | 2013-06-23 22:04 | アクション報告  

チャーター機で一気に強制送還?ふざけんな!行動 @法務省前 第2回

e0188516_2221369.jpg
e0188516_22211180.jpg


呼びかけ
https://twitter.com/freeasahi/status/283227433203822594
[PR]

by p-dragon | 2012-12-26 23:59 | アクション報告  

チャーター機で一気に強制送還?ふざけんな!行動 @法務省前

e0188516_855889.jpg
e0188516_855176.jpg
e0188516_8552522.jpg


呼びかけ
https://twitter.com/freeasahi/status/281315895979171840

不法滞在者:チャーター機で一気に強制送還へ 法務省方針
毎日新聞 2012年12月19日 02時30分
http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m040126000c.html
[PR]

by p-dragon | 2012-12-20 23:59 | アクション報告