カテゴリ:アクション・イベント( 68 )

 

かぞくをかえして!ともだちをかえして!入管の人権侵害に反対するデモ+入管への5つの要求にご賛同を!


かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ
English

2010年6月20日(日)
集合 代々木公園・ケヤキ並木(JR原宿駅徒歩5~10分)
  14:00 集会、アピール交換
   15:00 デモ出発(原宿・渋谷をめぐり、国連大学前を通ります)
主催 SYI (収容者友人有志一同)

★ 世界難民の日、日本入管・政府の外国人差別にNOをうったえましょう!
★ 入管行政のここが人権侵害だ! 抗議声明への賛同者・賛同団体を幅広く募集します。
e0188516_036098.jpg

《デモよびかけ》

 6月20日は世界難民デー。世界じゅうには、経済的または政治的な理由による難民が1000万人以上いると言われています。そのような難民の保護と援助について世界的な関心を高めるために、この日は制定されたそうです。

 ところで、難民とはどこか遠い国の問題ではありません。日本は移民・難民行政についてとても大きな問題をかかえています。ほとんどすべての難民申請は、たいした審査もなしに却下されます。さらには入国管理局が、難民申請中の人でさえおかまいなしに恣意的な収容を行います。ひとたび収容されれば、人権がまったく配慮されない環境のなかに、何ヶ月でも何年でも監禁され続けるでしょう。職業などを求めてやってくる難民以外の外国人も、同じようにあつかわれます。出身国での迫害から逃げてきた難民には、帰る場所などありません。また、たとえ難民の場合でなくとも、非人道的な収容環境それ自体が大きな問題です。収容のあいだに心身の健康を損ない、けがをし、ときには命を失うことすらあるのです。

 いつ解放されるとも知れず収容されている外国人の家族は、入管に対してこう訴えています。「かぞくをかえして!」と。わたしたちもこう叫びます。「ともだちをかえして!」と。日本人のみなさん、入国管理局でいったい何が行われているのかを正しく知ってください。こんな非人道的な入管行政を許し続けている日本人の責任について、この日によく考えてみてください。そしてわたしたちは、ともに声を挙げてくれる人を歓迎します。


《入管への5つの要求に賛同してくれる方・団体を募集します》

以下は、法務省および入国管理局に対するわたしたちの要求です。
この要求内容に賛同してくれる個人・団体を募集します。(デモに参加できない方でもOK)

賛同の連絡先: freeimmigrants★yahoo.co.jp (★は@に変えてください)
※ 個人のかたはお名前、(できれば)肩書きをお伝えください。
※ 賛同者・団体名はSYIブログに公開します。(個人で非公開希望のかたはその旨お知らせください)
※ 件名「入管への5つの要求に賛同します」でお願いします。


法務省および入国管理局への要求

1.すべての難民申請者に対する現行の審査基準および審査慣行を全面的に見直し、難民条約にもとづいて難民審査手続きを改善すること。

2.全国の入管収容施設におけるすべての病人や怪我人を、すぐに釈放するか適切な医療機関に診断させること。ただし、ここで言う「適切な医療機関」とは、入管専属の医師や、各入管施設が慣行として利用している外部の医療機関のことではなく、個々の被収容者ごとのかかりつけの医療機関のことである。

3.入管専属の診療医の人員数および診断の質を改善すること。そのためには、収容施設ごとの最大収容人数に見合う数の医師をつけること、また入管職員と専属医師の癒着を防ぐために、担当医師を定期的に(少なくとも年に一度)交代させることは、最低限とるべき措置である。

4.各入管施設のすべての職員は、名札をつけるなどして勤務中に名前を明らかにすること。

5.現在いわゆるオーバーステイの状態にあるすべての外国籍者に対し、日本で暮らすうえでの安定した法的資格を与えること。これは、日本政府がこれらの人々を、これまで労働力として暗黙のうちにこの社会に組み入れ、かつ課税の対象としてきたことに対してとるべき、最低限の責任である。
[PR]

by P-dragon | 2010-05-31 00:38 | アクション・イベント  

GIVE BACK Our Family/Friends! Demonstration against Immigration Bureau


GIVE BACK Our Family/Friends! Stop Human Rights Abuses!
Demonstration against Immigration Bureau of Japan, 20 June


日本語

June 20, 2010
14:00 Gathering at Keyaki Street, Yoyogi Park (in front of NHK Hall), 10 Minute Walk from Harajuku St.
15:00 Starting Demonstration
e0188516_0185796.jpg


World Refugee Day, 20 June, is dedicated to raising awareness of the situation of refugees. There are said to be over 10 million refugees around the world.

Of course Japanese also have to do with Refugee problem since Japan signed Refugee Convention in 1981. However, Japan Ministry of Justice rejects almost all of refugee applications. And Immigration Office of Japan is horrible, heartless, and authoritarian. Officers treat refugee seekers and immigrant workers with NO regard to their human rights. Immigration Office arbitrarily take and detain anyone, even if he/she is a refugee seeker. If one is detained, he/she will be imprisoned in a small and dirty room for a very long time (there is no detention time limit!). This seriously harms detainees’ physical and mental health. Sometimes detainees even commits suicide or is killed by officers. Immigration Office of Japan does everything to keep worse the status and condition of refugee seekers and immigrant workers. But needless to say, refugees have no place to return. Even if it isn’t the case of refugees, such non-humanitarian detention system itself is a very serious problem.

Detainees’ family and friends shout to Immigration Office: GIVE BACK Our Family/Friends! Japanese must know more about what happens every day in Immigration Office, and say no to such administration of immigration in Japan. We, SYI, welcome anyone who protests against Immigration Office.


SYI’s Claim to Ministry of Justice and Immigration Office of Japan

* To totally check and reconsider the current way to officially acknowledge the detainees in terms of the Refugee Convention.

* To immediately release all sick or injured detainees or to offer to them proper medical care. "Proper medical care" is NOT that by the doctors belonging to the Immigration Office.

* To increase the number of doctors belonging to the Immigration Office and to periodically replace them in order to avoid a cozy relationship between officers and doctors.

* To make every officer wear a name tag.

* To offer overstaying immigrants the proper legal status to live in Japan


SYI (Syuyosha Yujin-yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)

MAIL: freeimmigrants yahoo.co.jp
WEB: http://pinkydra.exblog.jp/
[PR]

by P-dragon | 2010-05-25 00:09 | アクション・イベント  

6.20 《かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ》

牛久では、21日をもってハンストは「一時中止」となりました。
早くも仮放免者が増えてきているようで、一定の成果は出ているようです。
ただし収容者は、今後の対応が変わらなければまたハンストに入ると宣言しています。
詳しい情報はまた改めて。

さて、6月20日は世界難民の日。
この日にSYIは入管問題をひろく訴えるデモを行います。
ぜひご参加を!

↓↓↓↓


《かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ》

In English

2010年6月20日(日)
集合 代々木公園・ケヤキ並木(JR原宿駅徒歩5~10分)
  14:00 集会、アピール交換
  15:00 デモ出発(原宿・渋谷をめぐり、国連大学前を通ります)
主催 SYI (収容者友人有志一同)


 6月20日は世界難民の日。世界じゅうには、経済的または政治的な理由による難民が1000万人以上いると言われています。そのような難民の保護と援助について世界的な関心を高めるために、この日は制定されたそうです。

 ところで、難民とはどこか遠い国の問題ではありません。日本は移民・難民行政についてとても大きな問題をかかえています。ほとんどすべての難民申請は、たいした審査もなしに却下されます。さらには入国管理局が、難民申請中の人でさえおかまいなしに恣意的な収容を行います。ひとたび収容されれば、人権がまったく配慮されない環境のなかに、何ヶ月でも何年でも監禁され続けるでしょう。職業などを求めてやってくる難民以外の外国人も、同じようにあつかわれます。出身国での迫害から逃げてきた難民には、帰る場所などありません。また、たとえ難民の場合でなくとも、非人道的な収容環境それ自体が大きな問題です。収容のあいだに心身の健康を損ない、けがをし、ときには命を失うことすらあるのです。

 いつ解放されるとも知れず収容されている外国人の家族は、入管に対してこう訴えています。「かぞくをかえして!」と。わたしたちもこう叫びます。「ともだちをかえして!」と。日本人のみなさん、入国管理局でいったい何が行われているのかを正しく知ってください。こんな非人道的な入管行政を許し続けている日本人の責任について、この日によく考えてみてください。そしてわたしたちは、ともに声を挙げてくれる人を歓迎します。


※ 随時、SYIブログに最新情報をアップします。


SYI (収容者友人有志一同)
MAIL: freeimmigrants★yahoo.co.jp (★は@に変えてください)
WEB: http://pinkydra.exblog.jp/
[PR]

by P-dragon | 2010-05-22 20:22 | アクション・イベント  

第6回東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ

【第6回東京入管抗議・収容者激励】

2010 年5月6日(木)
11:00~ 品川駅港南口(東口)前集合、バスで品川入国管理局前へ移動
12:00~13:00 入管前アクション

e0188516_15342468.jpg
 

SYI (収容者友人有志一同)は、品川の東京入国管理局における収容者への非人道的な待遇、およびこの国の入国管理システム全般に対して、抗議をする有志グループです。
東京入管前での抗議・収容者激励アクションはこれで6回目になりますが、前回のアクションは Japan TimesInternational Press ポルトガル語版に掲載されました。

入国管理局は、自主的な帰国に応じない外国人を、無期限の収容によって心身が荒廃するまで追い詰めています。
ゆっくりと拷問・虐待・抹消していくやり方は、まさに殺人施設にほかなりません。
ことしになって、東日本入管センター(茨城・牛久)では2人の自殺が報じられました。
品川の東京入管でも、最近フィリピン人女性が亡くなったという噂が収容者のあいだで流れています。
2月の西日本入管センター(大阪・茨木)では、あまりの長期収容にたえかねて、収容者がハンストを決行しました。
3月には、ガーナ人男性が強制送還のさなかに謎の死を遂げましたが、東京入管および千葉県警はかれの死の原因をうやむやにしつづけ、しかるべき責任をとることを避けつづけています。

入管の職員たちに、自分たちがどれほどに非人道的な仕事をしているのかを、はっきりと突きつけましょう。

そして今回の行動では、収容されている友人たちのために、おどろきの仕掛けを準備中(?)
ぜひご参集ください。

SYI (収容者友人有志一同) 
MAIL: freeimmigrants★yahoo.co.jp (★は@に変えてください)
WEB: http://pinkydra.exblog.jp/
[PR]

by P-dragon | 2010-04-26 15:36 | アクション・イベント  

第5回東京入管抗議・収容者激励 + 西日本入管における弾圧を法務省に抗議!

今回は二本立てです。

2010 年3月31日(水)

【第5回東京入管抗議・収容者激励】
11:00~ 品川駅港南口(東口)前集合、バスで品川入国管理局前へ移動
12:00~13:00 入管前アクション 

【法務省への抗議、要請書提出】
16:00 法務省前に集合(地下鉄霞ヶ関駅から徒歩数分)
要請書提出+抗議アピール

e0188516_10462423.jpg


SYI(収容者友人有志一同)は、品川の東京入国管理局における収容者への非人道的な待遇、およびこの国の入国管理システム全般に対して、抗議する有志グループです。
今回は5回目の入管前抗議行動をおこないますが、それに加えて、西日本入管センターでの収容者ハンスト弾圧にたいする抗議を法務省でおこないます。

西日本入管センター(大阪府茨木市)では、日に日に悪化していく収容状況にたえかねて、男性被収容者全員(約80名)が3月 8日にハンガーストライキをはじめました。
しかしこれにたいし、西日本入管センターは拒否し徹底した弾圧で応えたのです。
ハンストおよびそれへの弾圧はいまもつづいており、また関西の難民支援など諸団体が共同で、西日本入管への抗議および待遇改善の要請を呼びかけています。

※くわしくは「転載・【緊急要請】被収容者ハンスト:西日本入管センターに抗議を!」をごらんください。
また、「WITH(ウィズ) 西日本入国管理センターを考える会」がハンストをめぐる最新情報を報告しています。

わたしたちはこのハンストと抗議声明に共鳴し、東京でも可能な抗議をおこなうことにしました。
3月31日(水)、定例の東京入管抗議ののち16時に、法務省にたいして西日本入管の収容者たちの待遇改善の要請書を提出し、また最近における全体的な収容者と収容期間の増加についての抗議をおこないます。

外国人というだけで人間を人間あつかいせず、収容者たちのからだとこころを蝕んでいく日本の入管システム。
こんな人権侵害システムを粛々と機械的に進行させつづけてはなりません。
ぜひご参集のうえ、ともに抗議の声をあげてください。


SYI(収容者友人有志一同) 
MAIL: freeimmigrants★yahoo.co.jp (★は@に変えてください)
[PR]

by P-dragon | 2010-03-19 10:46 | アクション・イベント  

第4回東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ

【東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ】

2010年3月2日(火)

10:30~    品川駅港南口(東口)前集合・情宣
11:00~ バスで品川入国管理局前へ移動
12:00~13:00 入管前アクション 
13:00~    収容者と面会

e0188516_17454770.jpg


SYI(収容者友人有志一同)は、品川の東京入国管理局における収容者への非人道的な待遇、およびこの国の入国管理システム全般に対して、抗議する有志グループです。
その入管前での抗議行動も、今回で4回目を迎えます。

いままでは、三つの目的で抗議をおこなっていました。
第一に、収容されている人たちに、外から激励の声を届けること。収容者たちは、自分たちがこの国では誰からも省みられない存在なのだと感じることで、からだやこころの健康をすり減らしていってしまいます。なによりまず、かれらの存在を無視してはいない、そして無視する制度には反対する、というメッセージを届けたいというのが、わたしたちの思いです。
第二に、入管職員に対し「警告」すること。つまり、収容施設内で行われているのは本当にひどいことなのだと、そしてそれを外部から見ている人たちがいるのだと、実際に入管システムにたずさわっている人びとに伝えることです。
第三に、入国管理局というところで何が行われているのかを、少しでも多くの人にきちんと知ってもらうということ。そのために、これまでは入管への抗議後に、品川駅で情宣をしてきました。

それに加えて今回は、入管の内情を知ってもらうために、収容者との実際の面会も行動スケジュールに組み込みました。
ぜひ、収容されている友人を励ますとともに、入管のしくみをその一片でもじかに見てみませんか。
多くの方のご参加をお待ちしています!

※ 面会を希望の方は、運転免許証、健康保険証などの身分証明書をご持参下さい(身分証明書がないと面会に入れません)。

SYI(収容者友人有志一同)
[PR]

by P-dragon | 2010-02-21 17:02 | アクション・イベント  

第3回抗議・激励行動やります!!

【東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ 】
2010年2月5日(金)
11:00 品川駅港南口(東口)前集合 その後、バスで品川入国管理局前へ移動
12:00~13:00 入管前アクション 
その後、品川駅前で情宣

品川に入国管理局があるのをご存じでしょうか?
私たちは入国管理局内で行われている、収容者への非人道的な待遇に反対しています。
入管前での抗議行動は今回で3回目を迎えます。入管の外から激励の声を上げ、収容されている人たちを
元気付けましょう!
また、入管職員に対し、収容施設内で行われていることを外部から見ている人たちがいること、
そして、収容者への非人道的な扱いを改めるよう訴えましょう!
入管問題について書いたチラシも配布していますので、ぜひお受け取り下さい。

                              SYI(収容者友人有志一同)


SYI(収容者友人有志一同)blog Pinkydragon(ピンキードラゴン)
URL   http://pinkydra.exblog.jp/
連絡先 freeimmigrants★yahoo.co.jp(★は@に変えてください)
[PR]

by p-dragon | 2010-01-24 02:33 | アクション・イベント  

【東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ 】

【東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ 】
2009年12月28日(月)
11:00 品川駅港南口(東口)前集合 その後、バスで品川入国管理局前へ移動
12:00~13:00 入管前アクション 
その後、品川駅前で情宣

品川に入国管理局があるのをご存じでしょうか?
私たちは入国管理局内で行われている、収容者への非人道的な待遇に反対しています。
12月28日(月)は、年内最後の面会日となっています。年末年始は面会が認められていないため、収容されている人は家族と会うこともできず、狭い部屋の中で過ごすことになります。
入管の外から激励の声を上げ、収容者を元気付けましょう!
また、入管職員に対し、収容施設内で行われていることを外部から見ている人たちがいること、そして、収容者への非人道的な扱いを改めるよう訴えましょう!

●超過滞在の外国人を犯罪者扱いしないで!

入国管理局の発表によると、日本における外国人の「不法残留者数」は、11万3,072人であるといわれています(2009年1月現在)。
「不法残留者数」などという言葉を使うと、あたかも凶悪な犯罪を犯した危険な人々のように見えるかもしれません。
ですが、なぜ「超過滞在」が犯罪なのでしょうか。そこに長くいるというだけで、他の誰が不幸になるというのでしょうか。

●超過滞在の外国人というのはどういう人たちなの?

テレビなどのマスメディアで報じられているような、窃盗や密輸、殺人などの凶悪犯罪を行っている外国人はごく一部です。
超過滞在の外国人たちは、その多くが、バブル経済の頃に日本にやってきて日本の経済活動に貢献し、日々まじめに働きながら生活を営んでいる人たちです。
子どもを学校に通わせ、地域に溶け込んで暮らしている人たちも多くいます。
また、戦争や迫害から母国にいられなくなり、命の危険を感じて日本に亡命してきた難民たちもいます。
いずれにせよ、移民や難民は地域社会に溶け込み、貢献しています。
そうした人びとを犯罪者扱いする社会は残酷だと思います。

●ビザがないという理由だけで全て収容できてしまう「全件収容主義」

そういった様々な背景をもって日本で暮らしている外国人たちに対し、入国管理局は「正規の滞在資格を持っていない」という理由のみで、入管内の収容施設に収容することができます。
日本人と結婚し在留資格を申請中の人や、小さな子どもや赤ちゃんでも収容可能です。
また、子どもは収容せずお母さんだけ、家族の生計を支えるお父さんだけを収容するということも頻繁に行われます。
いずれのケースでも、ある日突然、入管に収容され、家族はバラバラにされてしまいます。

●入管収容施設内での収容者への非人道的な扱い

入国管理局の収容施設の中では、収容者に対し想像を絶するようなひどい扱いが行われています。狭い部屋に大人数が押し込められ、非衛生的な状態に置かれます。
また、いつ収容施設から出られるのか、入管職員から教えられることもありません。
いつまで続くか分からない収容のストレスで、病気になったり、もともと病気がちだった人の症状が悪化することもあります。
病気になっても病院にも連れて行ってもらえず、立って歩けなくなってしまった人もいます。
ストレスに耐え切れず、自殺をしてしまう人すらいるのです。
さらには、自主的に帰国することを認めるまで、入管職員が暴行を加えたり、恫喝をすることも報告されています。
このような、収容者の健康や精神を破壊するような行為、そして家族を分断するような行為を「正規の滞在資格が無い」という理由だけで行ってよいのでしょうか。
これは人権侵害に他ならないと思います。

●私たちは入国管理局内で行われている、収容者への非人道的な対応に反対します。
入国管理局は外国人を犯罪者扱いするのはやめてください。
今すぐに、非人道的な扱いをやめ、収容者を解放してください。

12月14日配布ビラ 
品川に入国管理局があるのはご存知でしょうか?

12月28日アクション告知用ビラ(行動日付入り)
移民・難民に自由を

12月28日配布ビラ
移民・難民に自由を

[PR]

by p-dragon | 2009-12-21 23:59 | アクション・イベント