カテゴリ:アクション・イベント( 68 )

 

SYI 世界難民の日行動 2013~ 何が難民を作り出すのか、誰が権利を奪っているのか ~



SYI 世界難民の日行動 2013
~ 何が難民を作り出すのか、誰が権利を奪っているのか ~


English http://pinkydra.exblog.jp/20532333/
ビラ(ふりがなつき) http://pinkydra.exblog.jp/20560359/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2013年6月23日(日) 13:00開場  ※ 毎年6月20日は「世界難民の日」です。
渋谷区・隠田区民館 大集会室 (原宿駅から徒歩5分) 地図 http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_onden.html

第1部 ★ 報告・議論 「難民を生み出し、抹消する世界 ドイツ滞在の報告をかねて」 報告者 柏崎正憲
第2部 ★ クルドっこ演劇 ~入管収容所をテーマに~
    ★ 参加者からのアピール
   → 17:00から、渋谷をデモ

問い合わせ: SYI(収容者友人有志一同) freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

テレビの向こうの遠くの国で、戦災を逃れた人たちが、
荒野にキャンプを張っている。
「かわいそうだね」「募金してあげようか」「日本は平和でよかったなあ」
そうつぶやきながら、テレビのこちら側の人びとは、
自分の国がまだまだ安全で豊かだと確認できて、どこか安心している。
「あちら」の悲惨さと、「こちら」の豊かさとは、
まったく関係のない別世界の現実なのだと。

ところが難民は、山を越え、海を越えて、「こちら」にもやってくる。
でも、かれら・かのじょらにテレビカメラは向けられない。
「こちら」に難民たちが存在することすら、ほとんどの人が知らずにいる。
「収容施設」に入れられてしまうからだ。

「あちら」に居れば哀れみの対象、「こちら」に来れば隔離の対象。
なぜなのか。
難民が作り出される「あちら」と、難民が隠される「こちら」とは、
別の世界? それとも、ひとつの同じ現実?
この矛盾に目を向けよう。「あちら」ではなく「こちら」の世界の歪みをあらわにするために。






.
[PR]

by p-dragon | 2013-05-17 09:55 | アクション・イベント  

入管法が変わる! 難民の子供たちの未来は?

《転送歓迎》

====================

6月30日 2012世界難民の日・東京集会

入管法が変わる! 難民の子供たちの未来は?

http:// sekaina nmi.exb log.jp/

日時:6月30日(土) 1時開場 1時30分~4時

場所:早稲田奉仕園 リバティホール

〒169-8616 新宿区西早稲田2-3-1

東西線早稲田駅 徒歩5分

http:// www.hos hien.or .jp/map /map.ht ml

参加費:500円(カンパ歓迎)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



7月から入管法が変わります、在日難民の皆さんは、不安でいっぱいです。

難民の子どもたちはどうなるのでしょうか?

私たちには縁遠いと感じられる入国管理法ですが、日本にいる移民や難民の方々にとっては、その運用次第で運命が大きく変わるほどのものです。

日本の企業はいま、海外での生産や販売を増やすことに活路を求め、政治も国際社会の一員としての存在感を目指しています。つまり日本は今後、国際社会の一員としてやっていくほかないということです。

しかし日本は、世界から見て「難民鎖国」といわれるほど、特殊で片寄った難民行政をやってきました。

そのため、これまで多くの在日難民が悩み苦しんできました。

さて、この7月から、60年ぶりに改定された新しい入国管理法が施行される予定です。しかし残念ながら、とくに難民申請者の方たちにとっては「良い方向」への改正ではなく、さまざまな問題を引き起こしそうです。なかでも最大の犠牲者は、何の罪もない難民申請者の子どもたちでしょう。

皆さん、この改定入管法の中身を、ちょっぴりでも知っておいて下さい。

そして、難民の子どもたちがどうなるのかを考えてください。

日本人の人権感覚が、国際社会から問われています。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全体の流れ

1時開場 1時30分開演

第1部 講演 民主党 今野東議員

     

     難民の証言

休憩 

第2部 子供たちのリレートーク

      

     演劇

    

     全体に関しての質疑応答

               

     歌(子供たちと参加者)

16:00終了

17:00完全撤収

難民の方々の手作りアクセサリーなども販売しております。




連絡先

酒井 042 998 5501

nankirensato@jcom.home.ne.jp

主催

2012世界難民の日 東京集会実行委員会
[PR]

by p-dragon | 2012-05-29 00:26 | アクション・イベント  

SYI定例行動 11月7日(月)

SYI行動 入管への抗議と収容者への激励

かな

2011年11月7日(月)
情宣・ビラ配り  品川駅 港南口   12時~
抗議・激励 東京入国管理局前 13時~(1時間)


品川の入管は、いまもたえず新しい人をつかまえては閉じこめています。
ただそこに暮らしているだけの人を、ビザがないというだけで拉致・監禁するなんてこと、許せません。
たとえ有罪となり刑務所に送られた人でも、刑期がおわったあとでさらに入管収容所に無期限にとじこめるのは、不当です。
抗議しに行きましょう!
[PR]

by p-dragon | 2011-10-24 09:54 | アクション・イベント  

SYI ていれい こうどう 11がつ7にち(げつ)

SYIこうどう にゅううかんへの こうぎと しゅうようしゃへの げきれい

漢字・かな

2011ねん11がつ7にち(げつ)
じょうせん・ビラくばり  しながわえき こうなんぐち 12じ~
こうぎ・げきれい とうきょう にゅうこく かんりきょく まえ 13じ~(1じかん)


しながわの にゅうかんは、いまもたえず あたらしい ひとを つかまえては とじこめています。
ただ そこに くらしているだけの ひとを、ビザがない というだけで らち・かんきんする なんてこと、ゆるせません。
たとえ ゆうざいとなり けいむしょに おくられた ひとでも、けいきが おわったあとで さらににゅうかん しゅうようじょに むきげんに とじこめるのは、ふとうです。
こうぎ しに いきましょう!
[PR]

by p-dragon | 2011-10-24 09:53 | アクション・イベント  

だい19かい SYIこうどう にゅうかんへのこうぎ と しゅうようしゃへの げきれい(ひらがな)

だい19かい SYIこうどう にゅうかんへのこうぎ と しゅうようしゃへの げきれい

◆にちじ:2011ねん10がつ7か(きんようび)
◆しゅうごう:
 ・よびかけ&ビラくばり しながわえき こうなんぐち  12じ~
 ・にゅうかんまえこうどう とうきょうにゅうこくかんりきょくまえ 13じ~こうぎ・げきれい(1じかん)

わたしたちは、まいつき、だいいっしゅうの きんようびに、がいこくせきのじゅうみんへの じんけんしんがいを おこなうにゅうこくかんりきょくへのこうぎと にゅうかんにしゅうようされてしまったひとたちへの げきれいこうどうを おこなっています。こんげつのこうどうは7かにきまりました。

にゅうかん、せんそう、ふんそう、しゅうきょうたいりつ、みんぞくさべつなど さまざまなじじょうによるはくがいからのがれ ほごをもとめてにほんにきたなんみんたちをしゅうようし、あろうことか、いのちのきけんのある きょうせいそうかんをおこなうなど、しんじがたいことを やってきました。

ほかにもビザやざいりゅうしかくが きれてしまっただけで、ながねん にほんにくらして せいかつきばんが にほんにできあがっている、びょうきのかぞくがいるなど、こべつにこうりょするべきようそが たくさんあるひとたちをも、なんのはいりょもなしに れつあくなかんきょうにある しゅうようじょにとじこめています。

さくねんは、ガーナじんの だんせいの きょうせいそうかんをおこなおうとした にゅうこくけいびかんが、だんせいにぼうこうをはたらき、そのあと、だんせいが しぼうするという じけんがありました。そのけいびかんは しょるいそうけん されています。ことしの3がつ11にちには だいじしんがおきたのに しゅうようしゃに ひなんさせず、かぎをおろして せまいへやに とじこめるという じけんがありました(とうきょうにゅうかん)。また、さいきん、いばらきの うしくにゅうかんでは 「がいこくじんを いじめるのは たのしい」という はつげんをする しょくいんが いたことが はっかくするなど、じんけんしんがいがあとをたちません。

そして、けいむしょですらある 「けいき」がなく、いつそうかんされるか わからず、いつまで しゅうようされるかも、にゅうかんのさいりょうで きまっているという、さきのみえない じょうきょうにたえかねて じさつするひとも あとをたちません。にゅうかんに こうぎする ハンガーストライキも なんどもおきています。

わたしたちは、こうした にゅうかんせいどや にゅうかんしゅうようしょの ひどいじょうきょうを かえるために こうぎをし、かつ、しゅうようしょのなかで たえながら たたかっている人たちのために、げきれいをしているのです。

ぜひ、ふるってごさんかください。
[PR]

by P-dragon | 2011-10-05 00:02 | アクション・イベント  

第18回SYI行動 入管への抗議と収容者への激励

第18回SYI行動 入管への抗議と収容者への激励

様々な事情で日本で暮らしている外国籍の人たちに対して
入国管理局は非道な人権侵害を続けています。

入管は移民、難民たちの家族や生活、尊厳、時には
命すら奪っていきます。

そんな残酷な入管のやり方にNO!の意志を突きつけていきます。
そして収容されてしまった人たちに届くように激励の声をあげたいと
思います。
声は届き、また収容されている彼らの声も聞こえてきます。
一緒に励ましの声を届けましょう。

◆日時:2011年9月8日(木)
◆集合:品川駅 港南口にて 14時30分
    入管前アクション 15時~抗議・激励行動(1時間を予定
___
[PR]

by p-dragon | 2011-08-27 23:55 | アクション・イベント  

8月19日・SYI入管前定例行動

8月19日・SYI入管前定例行動


 かながき


2011年8月19日(金曜日)

12:00 品川駅港南口に集合、情宣
13:00 入管前抗議・激励行動
14:00 収容者への面会

e0188516_1065056.jpg


「国際化」「多文化共生」。そういったことばからもっとも遠い実態にあるのが、この国です。
入管は「外国人」を、どんな経緯で何年日本に暮らしてきたかもおかまいなしに、ビザが切れたり滞在資格がないというだけで、人権をかえりみない劣悪な収容所にとじこめ、監禁してしまいます。
難民として日本に保護をもとめてやってきた人たちさえ、難民条約が義務づける適正な保護をあたえず、収容してしまうのです。

入管の収容者たちは、自由を大幅に制限され、食べものもまずかったりくさりかけで、病気にかかっても医者は痛み止めしか出さず、職員のことを「先生」(!)と呼ぶよう強いられます。
そのため長期収容されている人ほど体や心の健康を害してしまいます。自殺をはかる人も少なくありません。
明白な差別、人権侵害が、入管収容施設のなかでは日々横行しています。

滞在資格を得るまえに収容所から「仮放免」されることもありますが、およそあらゆる権利をうばわれたまま、入管の定期的な監視状態におかれます。
就労権もなく、健康保険にも加入できず、病気になれば治療費は全額負担しなければなりません。
それでどうやって生きていけと言うのでしょうか。

この行動では、入管収容施設でのそのような人権侵害を監視、告発するとともに、権利をもとめてたたかっている収容者たちを激励し、協力していくことを目的としています。
ぜひご参加ください。


※ 10日には「仮放免者の会」よびかけの一斉面会行動があります。
http://praj-praj.blogspot.com/2011/08/blog-post.html



SYI (収容者友人有志一同: Immigration Detainee's Friends)
freeimmigrants ★ yahoo.co.jp(★は@に変えてください)
[PR]

by P-dragon | 2011-08-09 10:01 | アクション・イベント  

8がつ19にち・SYI にゅうかんまえ ていれい こうどう

8がつ19にち・SYI にゅうかんまえ ていれい こうどう


漢字・かなまじり


2011ねん 8がつ 19にち(きんようび)

12:00 しながわえき こうなんぐちに しゅうごう、じょうせん
13:00 にゅうかんまえ こうぎ・げきれい こうどう
14:00 しゅうようしゃ への めんかい



「こくさいか」「たぶんか きょうせい」。そういった ことばから もっともとおい じったいに あるのが、このくにです。
にゅうかん(immigration)は 「がいこくじん」を、どんなけいい(じじょう)で なんねん にほんに くらしてきたかも おかまいなしに、ビザがきれたり たいざいしかくが ないというだけで、じんけんを かえりみない れつあくな しゅうようじょに とじこめ、かんきん してしまいます。
なんみんとして にほんに ほごを もとめて やってきた ひとたちさえ、なんみんじょうやくが ぎむづける てきせいな ほごをあたえず、しゅうよう してしまうのです。

にゅうかんの しゅうようしゃ たちは、じゆうを おおはばに せいげんされ、たべものも まずかったり くさりかけで、びょうきに かかっても いしゃは いたみどめ しかださず、しょくいんのことを 「せんせい」(!)とよぶよう しいられます。
そのため ちょうきしゅうよう されている ひとほど からだや こころの けんこうを がいして しまいます。じさつを はかるひとも すくなくありません。
めいはくな さべつ、じんけんしんがいが、にゅうかん しゅうようしせつの なかでは ひび おうこうしています。

たいざい しかくを えるまえに しゅうようじょから 「かりほうめん」されることも ありますが、およそ あらゆる けんりを うばわれたまま、にゅうかんの ていきてきな かんりじょうたいに おかれます。
しゅうろうけん(はたらく けんり)もなく、けんこうほけんにも かにゅうできず、びょうきになれば ちりょうは ぜんがく ふたん しなければなりません。
それで どうやって いきていけと いうのでしょうか。

このこうどうでは、にゅうかん しゅうようしせつでの そのような じんけんしんがいを かんし、こくはつするとともに、けんりを もとめて たたかっている しゅうようしゃたちを げきれいし、きょうりょく していくことを もくてきと しています。
ぜひ ごさんか ください。


※ 10にち には「かりほうめんしゃのかい」よびかけの いっせいめんかい こうどうが あります。
http://praj-praj.blogspot.com/2011/08/blog-post.html



SYI (しゅうようしゃ ゆうじん ゆうし いちどう : Immigration Detainee's Friends)
freeimmigrants ★ yahoo.co.jp(★は@にかえてください)
[PR]

by P-dragon | 2011-08-09 00:00 | アクション・イベント  

SYI・世界難民の日&難民条約60周年企画 「想像してごらん 入管のない世界を」

SYI・世界難民の日&難民条約60周年企画 「想像してごらん 入管のない世界を」

~悪の入管マンを倒すため、SYIレンジャーが戦うぞ!!~

6月20日は「世界難民の日」です。今年は難民条約60周年に突入します。日本も1981年に難民条約に加入し、ちょうど30周年目になります。

しかし日本は、本当に難民条約に加入している先進国のひとつとして、積極的に難民を保護しているのでしょうか。現実は、日本に庇護を求めた難民をなかなか認定せず、在留資格がないというだけで犯罪者として扱い、入国管理局の強制収容所に閉じ込めてしまいます。
みなさんも知ってください。入管に収容されている外国人は、難民もそのほかの移民も、他人に危害をくわえる犯罪者ではないのです。さまざまな理由で日本へやってきて、色々な事情で母国へは帰れない人たちもたくさんいます。入管は外国人というだけで「犯罪者」「テロリスト」として扱い、密室で日本人にわからないように人権侵害を行い、日本から出て行くように強要します。

人が人を傷つける行為、それこそ許される事ではありません。もしこのようなシステムがなければ、たくさん救われる人たちがいるのです。差別も偏見も、人が人を傷つけることもない世界、そんな世界を私達はつかみ取っていきたいと思います。

6月26日(日) 神宮前穏田区民会館 1F集会室 (原宿駅から徒歩5分) http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_onden.html

入場料:無料(カンパ歓迎)
14:30 開場
15:00 集会開始 
○ 戦隊ヒーローショー!悪の入管マンを倒すため、子供達の未来を守るため、SYIレンジャーが戦うぞ!!
○ リレートーク(各国の難民の方々のスピーチ)
16:30 デモスタート
○ みんなでひとつになり、元気よく平和と人権を祈るパレードをしましょう。


e0188516_17451273.jpg

e0188516_0171033.jpg

[PR]

by p-dragon | 2011-06-26 00:00 | アクション・イベント  

第16回SYI行動 入管への抗議と収容者への激励

第16回SYI行動 入管への抗議と収容者への激励

 わたしたちは、東京入管(品川)による数々の深刻な人権侵害に抗議するとともに、収容されてしまった移民・難民の皆さんを励ますアクションを毎月行なっています。今回で第16回を迎えますが、今月の詳細が決まりましたので、以下の通りお知らせします。

◆日時:2011年5月31日(火曜日)

◆集合:品川駅 港南口にて 12時~情宣

入管前アクション 13時~抗議・激励行動(1時間を予定)

 刑務所ですら「刑期」がありますが、入国管理局の収容者がいつになったら外に出られるのかは、入管の考え次第です。生命の危険の待っている祖国へ送還されてしまう人もいます。また、長く収容されるうち、劣悪な医療・衛生環境と、先の見えない毎日を過ごすストレスから、病気になる人が続出しています。

 わたしたちは、入管の非人道的な扱いに抗議の声をあげるとともに、そんな苦しみのなかにいる収容者へ励ましの声を届けたいと思います。入管問題についてもっと知りたいという方、初めて来られる方も、ぜひお気軽にいらしてください。途中抜け・途中参加もできますし、声をあげるのは苦手なのだけど少し覗いてみたい、という方も歓迎です。
[PR]

by P-dragon | 2011-05-26 00:00 | アクション・イベント