カテゴリ:アクション・イベント( 65 )

 

強制送還やめろ! ビザを出せ! 8.30 入管抗議デモ


強制送還やめろ! ビザを出せ! 8.30 入管抗議デモ

チャーター機 送還 反対!
人権無視の 入管行政に 反対!


English
にほんご


2013年 8月 30日(金)
13:30 品川駅 入管行バス停に集合
14:00 デモ
15:00ごろ 品川入管に抗議申し入れ


呼びかけ団体: SYI(収容者友人有志一同) 
freeimmigrants@yahoo.co.jp 
080-8844-7318


-------


・7月6日、約70人のフィリピン国籍者が、法務省入国管理局のチャーターした飛行機で、一斉に強制送還された。わたしたちは、この措置に、そしてすべての強制送還に、反対する。

・日本の入管は「ビザがない」というだけで、すべての外国人を無期限に監禁し、「帰れ」と脅しをかける。10年、20年と日本に暮らしている人であろうが、この国で生まれ育った「外国人」であろうが、お構いなしだ。そうした人々の生活基盤は、もはや送還先にはない。この国に残るしかない。そういう人たちを、入管は力ずくで強制送還している。そのせいで2010年にはガーナ国籍男性の命が奪われたし、今回の送還でも、多くの人々が生活を破壊され、また腰縄やスタンガンで身体や尊厳を傷つけられた。相手が日本人ではなく、在留資格もないというだけで、日本の入管は、ここまで徹底的に人権を踏みにじるのである。こんな国が「民主的」だと言えるだろうか。

・1980年代、1990年代には、多くの移民労働者が日本にも流入した。そうした人々を、日本の企業は低賃金労働力として活用し、入管もまた非公式に受け入れていた。そして2000年代、景気や政策転換のためにそうした人々を必要としなくなったとたん、入管は「不法滞在」狩りを始めた(その一方で、外国人への低賃金労働の強制は、「外国人研修生」制度というかたちで、公式の政策にまで高められている)。在留資格すら与えずに搾取しつづけ、いらなくなるとモノを捨てるように国外追放しようとする。そのような意味で、「不法滞在」を作り出しているのは、日本の行政だ。だからわたしたちは、ビザを、すべての非正規滞在者の正規化を、入管に要求する。


(クリックで拡大)
e0188516_8194612.jpg

[PR]

by p-dragon | 2013-07-29 08:36 | アクション・イベント  

きょうせいそうかん やめろ! ビザを だせ! 8.30 にゅうかん こうぎ デモ

きょうせいそうかん やめろ! ビザを だせ! 8.30 にゅうかん こうぎ デモ


チャーターき そうかん はんたい!
じんけん むしの にゅうかん ぎょうせいに はんたい!


English
日本語


2013ねん 8がつ 30にち(きん)
13:30 しながわ えき にゅうかん いき バスていに しゅうごう
14:00 デモ
15:00ごろ しながわ にゅうかんに こうぎ もうしいれ


よびかけ だんたい: SYI(しゅうようしゃ ゆうじん ゆうし いちどう) 
freeimmigrants@yahoo.co.jp 
080-8844-7318


(クリック で かくだい)
e0188516_8194612.jpg

[PR]

by p-dragon | 2013-07-29 08:31 | アクション・イベント  

Protest March against Immigration Bureau on 30 August

Stop Deportation!
Acknowledge the Right to Stay!
Protest March against Immigration Bureau
on 30 August 2013 in Shinagawa


At13:30 in front of Bus Stops for Immigration Bureau, Kohnan Exit of Shinagawa Station
March Starts at 14:00
Petition against Immigration Bureau at 15:00


Japanese
Japanese (Hiragana)


SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)

freeimmigrants@yahoo.co.jp 
080-8844-7318


(Click to enlarge)
e0188516_8194612.jpg

[PR]

by p-dragon | 2013-07-29 08:25 | アクション・イベント  

《7.17チャーター機強制送還への抗議申し入れ行動》

【転送歓迎】
=============
《7.17チャーター機強制送還への抗議申し入れ行動》
法務省・入管が7月6日にとうとう75人のフィリピン人をJALのチャーター機で一気に強制送還を強行しました。
長年、日本に移り住み、日本の経済を支え、日本に基盤を築いたフィリピン人たちを、用がなくなったからと、本人達の意志を尊重せず行った行為を許したままではいけません。
我々の怒りを突きつける意味でも法務省に申し入れ・抗議行動を決行します。
7月17日(水)16~17時
法務省前(新庁舎)集合

主催:SYI(収容者友人有志一同)
連絡先:080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2013-07-11 21:32 | アクション・イベント  

チャーター機による強制送還および移民の「不法」化への抗議

法務大臣 谷垣禎一 様
法務省入国管理局長 榊原一夫 様


チャーター機による強制送還および移民の「不法」化への抗議


 今月6日、約70人のフィリピン国籍者を、貴局はチャーター機で強制送還しました。この措置に私たちは強く抗議します。
 送還された当事者や、東日本(牛久)入管センターの被収容者の話によれば、今回送還された人々の多くは、10年、20年と長期にわたって日本に暮らしていました。そうした人々は、すでにこの国に生活基盤をもっており、出身国には生活のあても頼る人もありません。ましてや、若くして来日した人や日本で生まれた人にとっては、送還先はほとんど、あるいはまったくの見知らぬ国であり、言葉すら通じない土地です。実際そうした人々は、送還後に行き場がなく、とりあえずシェルターに身を寄せる以外にないと、報道されています。
 そうした人々に対して「不法滞在」という言葉を貴局は用いますが、これまで彼らの在留を正規化してこなかったのは、他ならぬ貴局です。近年、外国人労働者の積極的受け入れが政治の場で議論されていますが、まず受け入れるべきは、すでにこの国に暮らし、働いてきた人々ではないでしょうか。外国人を、国の都合次第で自由に処分できるモノとしてではなく、対等な人間として受け入れるというならば、すでにこの国に長く暮らし、しかし権利や公共サービスから排除されている人々こそが、まず正規化されるべきではないでしょうか。
 強制送還のさいには、拒否者に対してはスタンガンすら用いられ、飛行機内でも手錠と腰縄は外されず、ドアを閉めてトイレを使用することすら許可されなかったと、被送還者は証言しています。被送還者たちはまた、長くは一年以上にわたって、入管収容所に閉じ込められてきたはずです。収容所では、ビザがないというだけでほとんどの自由を奪われ、刑務所同然に生活時間をコントロールされ、外部との通信も大きく制限され、食事や居室環境も悪く、適切な医療へのアクセスも断たれます。刑務所への収容であれば、裁判という法的手続きがとられ、期限も最初に定められていますが、入管収容は、手続きも明確な期限もなく、すべては当局の判断次第で行われます。これらすべてのことに、日本の入管行政における人権の系統的な無視が表れています。法務省は日頃、日本社会に人権を啓発し、外国人の人権も数え入れていますが、実際には当の法務省管轄下の入国管理局こそが、その業務において、外国人の基本的権利を踏みにじっているわけです。
 日頃より貴局の職員たちは、自分たちだけが「法律」をつねに正しく代行しているかのように主張します。貴局はつねに「合法的」で、貴局がビザを与えていない外国人はつねに「不法」なのだと称します。しかしながら、外国人を対等な人間ではなくモノのように扱っている入国管理局は、かりにもこの国の運営原則とされている民主主義に、真っ向から反しています。したがって、私たちは以下を要求します。

1. 今回、フィリピンに強制送還された約70人の無条件の再入国および在留を認めること。
2. 現在、貴局が把握している約6万人の非正規滞在者をただちに正規化すること。即時の措置が不可能であれば、長期在留者から順に滞在資格を認めること。
3. 非正規滞在者の収容をただちにやめること。


2013年7月17日
SYI(収容者友人有志一同)
[PR]

by p-dragon | 2013-07-11 21:22 | アクション・イベント  

SYI せかい なんみんの ひ こうどう 2013



日本語テキスト http://pinkydra.exblog.jp/20504167/
English http://pinkydra.exblog.jp/20532333/

クリック で かくだい ↓
e0188516_1851891.jpg



.
[PR]

by p-dragon | 2013-05-27 18:53 | アクション・イベント  

SYI's World Refugee Day Action 2013



SYI's World Refugee Day Action 2013

What Makes Them Refugees?
Who Deprives Them of Rights?


* Japanese http://pinkydra.exblog.jp/20504167/
* Japanese Flyer http://pinkydra.exblog.jp/20560359/


23 June 2013, Onden Hall (5 Minutes Walk from Harajuku Sta.)
Open at 13:00, No Entrance Fee *20 June is World Refugee Day

Part I 13:30-
"The world, where refugees are at the same time created and erased: a report from Germany, comparative analysis, and discussion"
Reporter: Masanori Kashiwazaki (presented in Japanese)
Part II 15:30-
A play by kurdish children, on the situations in Detention Centers of Japan Immigration Buro
Comments or reports from the audience

17:00-
Demonstration in Shibuya

Contact to SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends):
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318






.
[PR]

by p-dragon | 2013-05-22 15:00 | アクション・イベント  

SYI 世界難民の日行動 2013~ 何が難民を作り出すのか、誰が権利を奪っているのか ~



SYI 世界難民の日行動 2013
~ 何が難民を作り出すのか、誰が権利を奪っているのか ~


English http://pinkydra.exblog.jp/20532333/
ビラ(ふりがなつき) http://pinkydra.exblog.jp/20560359/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2013年6月23日(日) 13:00開場  ※ 毎年6月20日は「世界難民の日」です。
渋谷区・隠田区民館 大集会室 (原宿駅から徒歩5分) 地図 http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kmkaikan/km_onden.html

第1部 ★ 報告・議論 「難民を生み出し、抹消する世界 ドイツ滞在の報告をかねて」 報告者 柏崎正憲
第2部 ★ クルドっこ演劇 ~入管収容所をテーマに~
    ★ 参加者からのアピール
   → 17:00から、渋谷をデモ

問い合わせ: SYI(収容者友人有志一同) freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

テレビの向こうの遠くの国で、戦災を逃れた人たちが、
荒野にキャンプを張っている。
「かわいそうだね」「募金してあげようか」「日本は平和でよかったなあ」
そうつぶやきながら、テレビのこちら側の人びとは、
自分の国がまだまだ安全で豊かだと確認できて、どこか安心している。
「あちら」の悲惨さと、「こちら」の豊かさとは、
まったく関係のない別世界の現実なのだと。

ところが難民は、山を越え、海を越えて、「こちら」にもやってくる。
でも、かれら・かのじょらにテレビカメラは向けられない。
「こちら」に難民たちが存在することすら、ほとんどの人が知らずにいる。
「収容施設」に入れられてしまうからだ。

「あちら」に居れば哀れみの対象、「こちら」に来れば隔離の対象。
なぜなのか。
難民が作り出される「あちら」と、難民が隠される「こちら」とは、
別の世界? それとも、ひとつの同じ現実?
この矛盾に目を向けよう。「あちら」ではなく「こちら」の世界の歪みをあらわにするために。






.
[PR]

by p-dragon | 2013-05-17 09:55 | アクション・イベント  

入管法が変わる! 難民の子供たちの未来は?

《転送歓迎》

====================

6月30日 2012世界難民の日・東京集会

入管法が変わる! 難民の子供たちの未来は?

http:// sekaina nmi.exb log.jp/

日時:6月30日(土) 1時開場 1時30分~4時

場所:早稲田奉仕園 リバティホール

〒169-8616 新宿区西早稲田2-3-1

東西線早稲田駅 徒歩5分

http:// www.hos hien.or .jp/map /map.ht ml

参加費:500円(カンパ歓迎)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



7月から入管法が変わります、在日難民の皆さんは、不安でいっぱいです。

難民の子どもたちはどうなるのでしょうか?

私たちには縁遠いと感じられる入国管理法ですが、日本にいる移民や難民の方々にとっては、その運用次第で運命が大きく変わるほどのものです。

日本の企業はいま、海外での生産や販売を増やすことに活路を求め、政治も国際社会の一員としての存在感を目指しています。つまり日本は今後、国際社会の一員としてやっていくほかないということです。

しかし日本は、世界から見て「難民鎖国」といわれるほど、特殊で片寄った難民行政をやってきました。

そのため、これまで多くの在日難民が悩み苦しんできました。

さて、この7月から、60年ぶりに改定された新しい入国管理法が施行される予定です。しかし残念ながら、とくに難民申請者の方たちにとっては「良い方向」への改正ではなく、さまざまな問題を引き起こしそうです。なかでも最大の犠牲者は、何の罪もない難民申請者の子どもたちでしょう。

皆さん、この改定入管法の中身を、ちょっぴりでも知っておいて下さい。

そして、難民の子どもたちがどうなるのかを考えてください。

日本人の人権感覚が、国際社会から問われています。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全体の流れ

1時開場 1時30分開演

第1部 講演 民主党 今野東議員

     

     難民の証言

休憩 

第2部 子供たちのリレートーク

      

     演劇

    

     全体に関しての質疑応答

               

     歌(子供たちと参加者)

16:00終了

17:00完全撤収

難民の方々の手作りアクセサリーなども販売しております。




連絡先

酒井 042 998 5501

nankirensato@jcom.home.ne.jp

主催

2012世界難民の日 東京集会実行委員会
[PR]

by p-dragon | 2012-05-29 00:26 | アクション・イベント  

SYI定例行動 11月7日(月)

SYI行動 入管への抗議と収容者への激励

かな

2011年11月7日(月)
情宣・ビラ配り  品川駅 港南口   12時~
抗議・激励 東京入国管理局前 13時~(1時間)


品川の入管は、いまもたえず新しい人をつかまえては閉じこめています。
ただそこに暮らしているだけの人を、ビザがないというだけで拉致・監禁するなんてこと、許せません。
たとえ有罪となり刑務所に送られた人でも、刑期がおわったあとでさらに入管収容所に無期限にとじこめるのは、不当です。
抗議しに行きましょう!
[PR]

by p-dragon | 2011-10-24 09:54 | アクション・イベント