カテゴリ:アクション・イベント( 64 )

 

たべよう! まなぼう! いみん・なんみん こうりゅうかい 3 フライヤー


クリックで かくだい
e0188516_16485640.png


2014.11.23 (にちようび) 
 13:00 (おりょうり)  15:00 (おしょくじ・おはなし)

★ さんか したい かたは、なるべく、じぜんに SYIへ ごれんらく ください。
 TEL: 080-8844-7318
 Email: freeimmigrants@yahoo.co.jp

まんせいばし くみん かいかん・ちょうりしつ (ちよだ く そとかんだ 1-1-11 03-3980-3131)
とうきょう と あきはばら えき でんきがい ぐち から とほ 5ふん
[PR]

by p-dragon | 2014-11-04 16:56 | アクション・イベント  

SYI's Learning Café with a Colombian Refugee on 23 Nov.

SYI's Learning Café with a Colombian Refugee on 23 Nov


Japanese


Sun., 23 Nov., 2014

Cooking from 13:00
Learning Café from 15:00

Mansei-Bashi Hall (Cooking Room, 4th Floor, 03-3980-3131)
Chiyoda-ku, Soto-Kanda 1-11-1, Tokyo
5 Minute Walk from Denki-Gai (Electric Town) Exit of Akihabara Sta.


* Tell us that you'd like to participate!
 TEL: 080-8844-7318
 Email: freeimmigrants@yahoo.co.jp

Flyer: Click to enlarge
e0188516_16485640.png


SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
[PR]

by p-dragon | 2014-11-04 16:52 | アクション・イベント  

食べよう! 学ぼう! SYI移民・難民交流会 第3回 11/23

食べよう! 学ぼう! SYI移民・難民交流会
第3回 コロンビア難民の話

SYI's Learning Café with a Colombian Refugee


フライヤー(ひらがな)


わたしたちの友人、明るくパーティ好きで仲間思いな、コロンビア出身のCさんは、難民としての承認と人間としての権利を求めて、いまもたたかっています。
日本では馴染みの薄い、南米の社会情勢について、また日本における難民申請者の状況について、Cさんの話を聞いてみませんか。

料理は、エストファド(Estofado、南米風シチュー)を作る予定です。


2014年11月23日(日) 
13:00(お料理を手伝ってくれる人) 15:00(お食事から参加したい人)

★ 参加したい方は、なるべく、事前にSYIへご連絡ください。
 TEL: 080-8844-7318
 Email: freeimmigrants@yahoo.co.jp

万世橋区民会館・調理室 (千代田区外神田1-1-11 03-3980-3131)
東京都・秋葉原駅 電気街口から 徒歩5分

地図 http://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/annai/029.html

★ 食べ物・飲み物の持込み、大歓迎!
★ 材料費として、500円以上のカンパをお願いします(可能な方)


主催: SYI(収容者友人有志一同 : Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
[PR]

by p-dragon | 2014-10-27 08:51 | アクション・イベント  

たこくせきフェス2014(仮)をいっしょに作ろう!


(追記) 実行委員会を立ち上げました。
http://takokuseki14.wordpress.com/


たこくせきフェス2014(仮)をいっしょに作ろう!


ひらがな
English


第1回実行委員会 2014年3月21日(金)18:30
スマイルなかの3階 会議室B 東京都・中野駅北口 徒歩5分
地図 http://nakanoshakyo.com/contact_us/


6月20日は世界難民の日。毎年この時期に私たちは、日本における移民・難民問題を考える集会を、東京で行ってきました。今年は、より多くの協力を呼びかけつつ、討論、展示、料理、音楽やダンスなどから構成される「たこくせきフェス2014」(仮)を企画しています。

近年、日本の政界や財界では、人口減少への対策として移民をたくさん受け入れることが議論されています。他方で、この国の外国人を減らせと主張する人たちもいます。しかしどちらも、外国人を日本の都合だけで働かせたり追い出したりしようと考えている点では、違いはありません。すでにこの国に暮らし、働き、あるいは難民条約にもとづく保護を求めて逃げ込みながらも、まさにこの国の法律によって権利を妨げられている、多くの移民や難民は、どうなるのでしょうか。こうした人たちを排除しつづける日本を、開かれた、国際的な、民主的な社会と呼ぶことができるでしょうか。

移民政策でも排斥でもない、ほんとうに平等で民主的な多文化共生への道を、このフェスをつうじていっしょに模索してみませんか? まずは集まり、アイデアを持ちよりましょう。


呼びかけ団体 SYI(収容者友人有志一同)
連絡先 freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2014-03-05 10:06 | アクション・イベント  

たこくせき ふぇす 2014(かり)を いっしょに つくろう!


たこくせき ふぇす 2014(かり)を いっしょに つくろう!


漢字・かな
English


だい1かい じっこういいんかい 2014ねん 3がつ 21にち(きん)18:30
スマイルなかの 3かい かいぎしつB とうきょうと なかのえき きたぐち とほ5ふん
ちず http://nakanoshakyo.com/contact_us/


6がつ20にちは せかい なんみんの ひ。まいとし このじきに わたしたちは、にほんに おける なんみん・いみん もんだいを かんがえる しゅうかいを、とうきょうで おこなって きました。ことしは、より おおくの きょうりょくを よびかけつつ、とうろん、てんじ、りょうり、おんがくや だんす などから こうせいされる「たこくせき ふぇす2014」(かり)を きかく しています。

きんねん、にほんの せいかいや ざいかいでは、じんこう げんしょうへの たいさくとして いみんを たくさん うけいれる ことが ぎろん されています。たほうで、このくにの がいこくじんを へらせと しゅちょうする ひとたちも います。しかし どちらも、がいこくじんを にほんの つごうだけで はたらかせたり おいだしたり しようと かんがえている てんでは、ちがいは ありません。すでに このくにに くらし、はたらき、あるいは なんみん じょうやくに もとづく ほごを もとめて にげこみながらも、まさに このくにの ほうりつによって けんりを さまたげられている、おおくの いみんや なんみんは、どうなるのでしょうか。こうした ひとたちを はいじょ しつづける にほんを、ひらかれた、こくさいてきな、みんしゅてきな しゃかいと よぶことが できるでしょうか。

いみん せいさくでも はいせきでもない、ほんとうに びょうどうで みんしゅてきな たぶんか きょうせい への みちを、この ふぇすを つうじて いっしょに もさくして みませんか? まずは あつまり、あいであを もちよりましょう。


よびかけ だんたい SYI(しゅうようしゃ ゆうじん ゆうし いちどう)
れんらくさき freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2014-03-05 10:01 | アクション・イベント  

Call for Organizing Members of Multinational Cultural Fes 2014

Call for Organizing Members of Multinational Cultural Fes 2014 (tentatively named)


Japanese


1st Organizing Meeting: 18:30, 21 March 2014
Room B, 3rd Floor, Smile Nakano Bldg. (http://nakanoshakyo.com/contact_us)
5 minute walk from the North Exit of Nakano Station, Tokyo


Every year, around 20 June, the World Refugee Day, we hold a conference in Tokyo concerning refugees and immigrants in Japan. This year we are planning tentatively named Multinational Cultural Fes 2014 composed of discussions, exhibitions, food booths, musical or dance performances, and so on. In order to realize this plan, we call for organizing members.

The leadership in Japanese politics and economy argues these years over a measure to invite more immigrant workers in compensation for the domestic population expected to decrease. On the other hand, some insist to reduce the number of foreigners staying in Japan. These two positions, however, never make the opposite extremes because they both suppose that they can introduce or deport foreigners only by reason of national interest. They never consider the immigrants or asylum seekers already living in Japanese society, whose basic human rights are ignored or abused in the name of law. Can we call such a society open, international or democratic?

Our planned Fes will be one of the attempts to search for a way other than immigration politics or xenophobia, a truly egalitarian and democratic way of cultural coexistence. Why don't you join us? We need your support.


SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318
[PR]

by p-dragon | 2014-03-05 09:56 | アクション・イベント  

第2回お料理会、ご参加ありがとうございました。

e0188516_19365847.jpg


今回は韓国難民のBさんを呼んで、お食事とお話をして頂きました。
Bさんは料理も得意なので、手際よくチャプチェとチジミを参加してくれた皆さんと
一緒に作ってくれました。
そして光州事件での凄惨な体験を、時には涙ぐみながら年表ともあわせて、
詳しく語ってくれました。
Bさん、本当にありがとうございました。

また参加してくれた方々のおかげで、よいイベントとなることにありました。
ありがとうございます。

次回はアフリカ料理とお話を予定しております。
詳細が決まり次第、告知しますので、皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]

by p-dragon | 2014-02-14 19:46 | アクション・イベント  

食べよう! 学ぼう! SYI移民・難民交流会 第2回 2/11

食べよう! 学ぼう! SYI移民・難民交流会
第2回 韓国からの難民 光州事件とは?

SYI's Learning Café with a Korean Refugee



今回は、韓国から難民として来たBさんに、本場チャプチェやチジミを教わります。
Bさんは、韓国の民主化運動において有名な光州で、軍政期に弾圧され、 逃れてきました。
その体験からは、日本の植民地支配と冷戦、それによる朝鮮半島の南北の分断、
南の韓国における軍事政権の成立という、一連の歴史が垣間見えてくるでしょう。
Bさんは今でも帰国できません。それは一体なぜなのでしょうか?
一緒に食事しながら体験を聞きませんか?


2014年2月11日(月・休日) 13:00(お料理を手伝ってくれる人) 15:00(お食事から参加したい人)

★ 参加したい方は、なるべく、事前にSYIへご連絡ください。
 TEL: 080-8844-7318
 Email: freeimmigrants@yahoo.co.jp

豊島勤労福祉会館・調理室 (豊島区西池袋2-37-4 03-3980-3131)
東京都・池袋駅 西口から 徒歩10分

地図(ビラを見てください)

★ 食べ物・飲み物の持込み、大歓迎!
★ 材料費として、500円以上のカンパをお願いします(可能な方)

主催: SYI(収容者友人有志一同 : Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)


e0188516_21132685.jpg

[PR]

by p-dragon | 2014-01-04 21:19 | アクション・イベント  

たべよう! まなぼう! SYIいみん・なんみん こうりゅうかい だい1かい 11/17

たべよう! まなぼう! SYIいみん・なんみん こうりゅうかい
だい1かい パキスタン なんみんの りょうりと おはなし。


漢字・かな


にほん にも、さまざまな くにから やってきた いみんや なんみんがいます。
どんな じじょうで にほんへ やってきたのか。
にほんの ほうせいどや しゃかい かんきょうの なかで、どんな けいけんを、どんな おもいを してきたのか。
そんな おはなしを、いっしょに おりょうり、おしょくじを しながら、きいてみよう! という こうりゅうかい です。
こんかいは、パキスタン なんみんの Aさん を、ゲストとして おまねき します。


2013年11月17日(日) 13:00(おりょうりを てつだって くれる ひと) 15:00(おしょくじから さんか したい ひと)

さんか したい かたは、なるべく、じぜんに SYIへ ごれんらく ください。

 TEL: 080-8844-7318
 Email: freeimmigrants@yahoo.co.jp

こうとうく せいしょうねん センター ちょうりしつ  とうきょうと・かめいど えき から とほ15ふん バスで5ふん
バス: かめいど えき バスのりば 1ばん または 10ばん で 「かめいど7ちょうめ」へ、みちの はんたい がわに わたり、じどうしゃの みせ(BMW)の うらへ(かめいど7ちょうめ41)
ちず(ビラを みてください)


★ たべもの・のみもの の もちこみ、だいかんげい!

★ ざいりょうひ として、500えん いじょうの カンパを おねがいします(かのうな かた)


しゅさい: SYI(しゅうようしゃ ゆうじん ゆうし いちどう)
[PR]

by p-dragon | 2013-10-13 08:13 | アクション・イベント  

強制送還やめろ! ビザを出せ! 8.30 入管抗議デモ


強制送還やめろ! ビザを出せ! 8.30 入管抗議デモ

チャーター機 送還 反対!
人権無視の 入管行政に 反対!


English
にほんご


2013年 8月 30日(金)
13:30 品川駅 入管行バス停に集合
14:00 デモ
15:00ごろ 品川入管に抗議申し入れ


呼びかけ団体: SYI(収容者友人有志一同) 
freeimmigrants@yahoo.co.jp 
080-8844-7318


-------


・7月6日、約70人のフィリピン国籍者が、法務省入国管理局のチャーターした飛行機で、一斉に強制送還された。わたしたちは、この措置に、そしてすべての強制送還に、反対する。

・日本の入管は「ビザがない」というだけで、すべての外国人を無期限に監禁し、「帰れ」と脅しをかける。10年、20年と日本に暮らしている人であろうが、この国で生まれ育った「外国人」であろうが、お構いなしだ。そうした人々の生活基盤は、もはや送還先にはない。この国に残るしかない。そういう人たちを、入管は力ずくで強制送還している。そのせいで2010年にはガーナ国籍男性の命が奪われたし、今回の送還でも、多くの人々が生活を破壊され、また腰縄やスタンガンで身体や尊厳を傷つけられた。相手が日本人ではなく、在留資格もないというだけで、日本の入管は、ここまで徹底的に人権を踏みにじるのである。こんな国が「民主的」だと言えるだろうか。

・1980年代、1990年代には、多くの移民労働者が日本にも流入した。そうした人々を、日本の企業は低賃金労働力として活用し、入管もまた非公式に受け入れていた。そして2000年代、景気や政策転換のためにそうした人々を必要としなくなったとたん、入管は「不法滞在」狩りを始めた(その一方で、外国人への低賃金労働の強制は、「外国人研修生」制度というかたちで、公式の政策にまで高められている)。在留資格すら与えずに搾取しつづけ、いらなくなるとモノを捨てるように国外追放しようとする。そのような意味で、「不法滞在」を作り出しているのは、日本の行政だ。だからわたしたちは、ビザを、すべての非正規滞在者の正規化を、入管に要求する。


(クリックで拡大)
e0188516_8194612.jpg

[PR]

by p-dragon | 2013-07-29 08:36 | アクション・イベント