カテゴリ:アクション・イベント( 70 )

 

第27回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励と面会アクション

第27回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励と面会アクション

2017年10月12日(木)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会

入国管理局には在留資格のない外国人を収容する施設があります。

収容されている人々は、職員によるいじめ、厳しすぎる規律、自由のない生活により、身体も心も痛めつけられています。
精神疾患になる方や、自傷行為に及ぶ方が後を絶ちません。
適切な医療を受けることができずに命を落とす人すらいます。
正規の資格がないというだけで、人権をそれほどまで無慈悲に踏みにじる、そのような当局の暴力に私たちは反対しています。

市民の税金で運営される公的施設で、立場の弱い外国人を相手に何が行われているか、その目で確認してみませんか。

参考 東京入管への抗議文書(9月4日)

集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車


《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

[PR]

by p-dragon | 2017-09-22 23:31 | アクション・イベント  

第26回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション

第26回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション

In English

2017年9月4日(月)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 申入書提出
 14:30 面会

私たちは入国管理局の収容所における、外国人への虐待に反対しています。
入管は、人々の目が届かないのをいいことにに、コソコソと立場の弱いものに人権侵害を続けています。

去年から、収容・再収容をとくに強化しており、大勢の外国人が収容されつづけています。
なかには、仕事をしたから、住所変更を早く申請しなかったから、許可なく隣の県に移動したからと、個人の自由を否定するまったく不当な理由で、あるいはまったくささいなことをあげつらって、彼らを拘束し自由を奪っています。
収容された人たちの多くは職員によるいじめや、厳しすぎる規律、自由のない生活で身体も心も痛めつけられており、精神疾患になる方や、自傷行為に及ぶ方が後を絶ちません。

入管に対する抗議のため、また収容されている私たちの友人たちに孤独じゃないと伝えるために、かれらの心を入管に壊させないためにも、精いっぱい激励の声をあげましょう。声は必ず収容者に届きます。ともに生きる社会を目指し、かれらとつながりましょう。


【東京入国管理局への行き方】
 品川駅港南口(東口)8番バスのりば 「入国管理局前」下車すぐ
 バス停地図


《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318



[PR]

by p-dragon | 2017-08-30 08:48 | アクション・イベント  

【集会】入管の人命軽視を問う 6/18 + 抗議申し入れ 6/20

ENGLISH

【世界難民の日企画2017・集会】
入管の人命軽視を問う なぜ人が死んでも責任を取らないのか

※ 並行して 牛久入管元所長の免職を求めるキャンペーン も実施中! ご協力を!


● 6月18日(日)
2017年6月18日(日) 13:30-16:30
万世橋区民館 3階和室
東京都・JR秋葉原駅から徒歩5分(千代田区外神田1-1-11 03-3980-3131)

第1部 集会
 3月に亡くなった入管収容者について
 入管収容所の医療問題にかんする解説: 高橋ひろみ弁護士(恵比寿西法律事務所)
 収容経験者からの話 など
第2部 交流会

資料代 500円


● 6月20日(火)
2017年6月20日(火) 16:00 法務省前抗議街宣+申し入れ
東京都霞が関1-1-1 地下鉄・霞が関駅より徒歩3分(下記の地点)


 3月25日、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で、一人の男性がもがき苦しみながら絶命しました。何日も前から体じゅうの痛みを訴えつづけてきたのに無視されたまま、孤独に死んでいったのです。当局はどう対応したのか? 牛久入管局長の「処遇に問題はなかった」というコメント、たったそれだけです。

 残念ながら、これらすべては「またもや」起きたことでしかありません。これまで入管は、収容所の劣悪な医療環境を改善せず、多くの収容者を死なせ、そして無数の人々を心身の病状悪化に追い込んできました。在留資格がないという理由で、国が外国人の生存権さえも侵害することが、なぜ許されるのか? 当局の誰も公的に責任をとることがなく、メディアや市民もそれに無関心であるからではないでしょうか。

 世界難民の日を控えた6月18日、わたしたちは、この喫緊の課題に焦点をあてた集会を開きます。まずは問題を知ることから始めませんか。ご参加をお待ちしています。

《主催》
SYI(収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318
e0188516_09240580.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-06-18 00:00 | アクション・イベント  

Conference (18 June): Accusing the Abuse of Human Life in Japanese Immigration Bureau

JAPANESE

[Conference on World Refugee Day 2017]
ACCUSING THE ABUSE OF HUMAN LIFE IN JAPANESE IMMIGRATION BUREAU

1. Conference
  • Sun, 18/06/2017, 13:30-16:30
  • 3rd Floor, Mansei-Bashi Hall, Soto-kanda 3-11-1, Chiyoda-ku, Tokyo (5 min. walk from the Denkigai Exit, JR Akihabara-Sta.)
  • Entrance: 500 JPY (for the copying cost of handouts)
  • Reports from former detainees, activists, lawyers etc. (tentative)

2. Protest

A man detained in the East-Japan Immigration Center (Ushiku, Ibaraki) died on 25 March, after having been left for many days with no medical care although he had repeatedly complained about pains.

How did the authority react? Nothing other than a very short comment: "there were no problems with the Immigration Bureau about his death".

It is shameful to mention, but such deaths have happened again and again in the detention centers of Japanese Immigration Bureau. It must also be added that the health of numberless detainees were seriously harmed, both mentally and physically. However, the authority have never taken formal responsibility for such violation of detainees.

We will discuss this problem in the conference, and demand the dismissal of those who responsible in the authority.


SYI (Shuyosha Yujin-Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318




[PR]

by p-dragon | 2017-05-06 06:18 | アクション・イベント  

【緊急よびかけ】牛久入管元所長の免職を求めるキャンペーン

※ 最終更新: 2017年5月14日(修正前の画像をはがきに使っても問題はありません)。

【緊急よびかけ】
牛久入管元所長の免職を求めるキャンペーン
2017年5月6日

 集会「入管の人命軽視を問う」は6月18日です!

  • 2017年3月25日、東日本入管センター(茨城県牛久市)に収容されていたグエンさんが、動脈破裂によるくも膜下出血で亡くなりました。何日も前から病状を訴えていたのに、入管職員に放置されるなかで起きた悲劇です。つまり当局の職務怠慢と人権無視の結果であって、入管には明らかに責任があります。
  • ところが牛久入管センター所長の北村晃彦氏は26日、取材にたいして「処遇に問題はなかったと考えている」と回答し、なんら責任を認めようとしません。入管収容所においては悪質な医療環境と人命軽視の風潮が常態化しています。当局が公的な責任をとらないかぎり、今後も改善されないでしょう。
  • 北村・元牛久入管所長の免職を当局に要求してください! はがき or ファックス or 電話を希望します(Eメールより効果が高いと見られるため)。はがきの印刷用データは右からダウンロードできます。牛久入管宛 / 法務省宛

《参考記事》
【転載】 牛久入管内からの声 ベトナム人収容者の死について
牛久入管でのベトナム人収容者の死亡事件にかんする抗議

《申し入れ先》
1.東日本入国管理センター(牛久入管収容所)
 300-1288 茨城県牛久市久野町1766-1 
 東日本入国管理センター所長 宛
 電話: 029-875-1291
 FAX: 029-830-9010

2.法務省入国管理局
 100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-1
 法務省入国管理局長 宛
 電話: 03-3580-4111 (警備課)
 FAX: 03-3592-7368 (警備課)

《申し入れ文例》

前略 以下を要求します。

1.2017年3月25日、東日本入管センター7Bブロックにおけるグエンさんの死亡の経緯を調査、公表すること。

2.事件当時、東日本入管センターの責任者(所長)であった北村晃彦氏を懲戒免職すること。

(年月日、差出人名等)


※ 北村晃彦氏は2017年4月1日付で高松入国管理局長に異動し、現在の東日本入管センター(牛久)所長は清水洋樹氏となっています。しかし本キャンペーンの趣旨は、個々の事件ごとに当局が責任をきっちり負うよう要求することであるため、当該事件が起きた当時に牛久所長だった北村氏の免職を要求するものです。当然ながら、それをつうじて牛久入管および法務省入国管理局の全組織におよぶ責任を問うことが、本キャンペーンの基本目的であります。

《呼びかけ団体》
SYI(収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_15250986.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-05-06 06:16 | アクション・イベント  

パネル展「日本の知られざる難民・入管問題」 札幌でも!(4/1-4/12)

2月にSYIが実施したパネル展「日本の知られざる難民・入管問題」ですが、なんと、札幌でも開催していただくことになりました!
「パレスチナ連帯・札幌」を中心とした札幌の市民団体の皆さまに、実行委員会を組織していただきました。ありがとうございます!

以下の期日中、札幌にご予定のあるかたは、ぜひお立ち寄りください。


パネル展「日本の知られざる難民・入管問題」 @札幌

2017年4月1日~4月12日
午前9時~午後9時 (最終日は午後6時まで)

札幌エルプラザ 2階交流スペース
(札幌市北区北8条西3丁目 011-728-1222)

主催: 「日本の知られざる難民・入管問題」パネル展札幌実行委員会
後援: さっぽろ自由学校「游」 / 札幌キリスト教連合会 / 在日韓国・朝鮮人との共生をめざす委員会 / パレスチナ連帯・札幌

資料提供: SYI(収容者友人有志一同) 東京 


概要 (2月パネル展告知文)

 世界では難民受け入れをめぐる議論が活発になっています。
 日本もまた、ずっとまえから難民条約を結び、そして実際に多くの難民がやってきています。ところが、こうした人々にたいして政府は「不法滞在者」「にせ難民」などのレッテルを貼り、排除をつづけています。そのような閉鎖的な入国管理政策の実態は、市民にはほとんど知られていません。
 いかに日本の制度が人権を無視しているものか、このパネル展をとおして確かめてみませんか?


[PR]

by p-dragon | 2017-03-25 08:08 | アクション・イベント  

パネル展 日本の知られざる難民・入管問題 2/13-19

パネル展 日本の知られざる難民・入管問題

 いよいよ開催!

2017.2.13 (月) ~ 2.19 (日)
9:00-20:30 ※ 最終日は18:00まで

日本教育会館一ツ橋ホール 1階ロビー
 東京都千代田区一ツ橋2-6-2 
 地図: http://www.jec.or.jp/koutuu/
 電話: 03-3230-2833

 世界では難民受け入れをめぐる議論が活発になっています。
 日本もまた、ずっとまえから難民条約を結び、そして実際に多くの難民がやってきています。ところが、こうした人々にたいして政府は「不法滞在者」「にせ難民」などのレッテルを貼り、排除をつづけています。そのような閉鎖的な入国管理政策の実態は、市民にはほとんど知られていません。
 いかに日本の制度が人権を無視しているものか、このパネル展をとおして確かめてみませんか?

《主催》 SYI (収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

e0188516_614134.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-02-11 06:03 | アクション・イベント  

外国人の人権無視を許さない! SYI法務省前抗議行動&申し入れ(10月7日)

外国人の人権無視を許さない! SYI法務省前抗議行動&申し入れ

とき  2016年10月7日(金) 16:30~18:00
ばしょ 法務省(東京都千代田区霞が関1-1-1) 正面玄関前(日比谷公園がわ)
よびかけ SYI(収容者友人有志一同) http://pinkydra.exblog.jp
    freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318


昨年、シリアの難民問題が世界的なニュースとなり、日本でも難民の受け入れが議論されました。
しかし忘れられがちなことですが、日本にも難民はすでに来ています。

また近年、将来的に減っていく日本の人口を移民で埋め合わせよう、という議論も起きています。
しかし忘れられがちなことですが、日本にも移民はすでに数多く定着しています。

ところが法務省入国管理局は、こうした人々の多くを、
「不法入国者」「不法滞在者」「にせ難民」などとみなして、自由と権利を奪っています。


以下のような入国管理局の人権侵害に、わたしたちは反対します。

1. 収容に反対!

入管の収容施設は、法的地位を認められない外国人を、
裁判なしに、無期限に閉じ込め、刑務所と同じやりかたで自由を奪います。
収容者の多くは、拘禁ストレスや持病により、心身の健康を悪化させていきます。
ところが入管施設は、まともな医療を収容者に提供しません。

そのせいで、収容施設での病死や自殺が、これまでになんども起きています。
収容を解かれたあとに、健康状態が回復せずに亡くなる人もいます。
収容者の抗議行動もしばしば起きています。

入管収容は、外国人の自由と生存権にたいする侵害です。


2. 強制送還に反対!

法的地位を認められない難民や移民に、入管は強制退去を命じます。
多くの人は、自費の出国に同意するまで、収容施設に閉じ込められつづけます。
それでも出国できない人は、入管職員が大人数でとりおさえ、むりやり飛行機にのせます。
最近では、チャーター便による大規模な強制送還もおこなわれています。

送還された人々のなかには、人生の大半を日本でくらし「帰国」先の言葉すら話せない人もいます。
送還中に職員の制圧によって亡くなってしまった方もいます(国家賠償訴訟中)。

強制送還もまた、人の自由と生存権を脅かす行為なのです。


3. ビザ(在留資格)のない難民・移民の放置に反対!

難民として入国した人々の大半は、数年以上におよぶ審査手続のあいだ、
ひじょうに不安定な在留資格しか与えられません。
しかも99パーセントに近い数が、難民申請を却下され、ビザを奪われてしまいます。
このきわめて低い認定率は、日本政府の認定基準や手続に問題があるせいです。

他方で、非正規滞在またはビザを取り消された移民のなかにも、
出国できない理由がある人、帰る場所がない人は、とても多くいます。

こうした人々はビザのないままに放置され、
ほとんどの権利や公的サービス(住民登録や健康保険など)から排除されています。

難民や移民にたいして在留資格を認めないことじたいが、人権の否定なのです。


こうした数々の人権無視をいますぐやめるよう、
わたしたちは上記の日程で法務省への抗議・申し入れを行います。
ぜひご参加を!
[PR]

by p-dragon | 2016-09-19 22:22 | アクション・イベント  

【告知】世界難民の日企画 たこくせき☆交流会6.18

世界難民の日企画 たこくせき☆交流会
~ともに生きる世界を目指して~

English

6月20日は国連の定めた世界難民の日です。
世界は、今日も止まらぬ戦争などで、母国を後にせざるをえない難民たちが、
増え続けています。
日本に逃れてきた難民もたくさんいますが、
その大半が、難民として認められることもなく、何の権利も与えられず、
厳しい生活を送っています。
彼らと手を取り合い、ともに助け合い、ともに生きる世の中を私たちは目指します。
この日は国籍問わず、色々な国の人たちをお呼びして交流会を開きたいと思います。
たこくせきな空間を感じつつ、親睦を深めていきましょう。


【日時】
2016年6月18日(土)13:00~

【入場料】
カンパ制

【場所】
公益財団法人 早稲田奉仕園 
奉仕園会館地下1階you-Iホール
〒169-8616  東京都新宿区西早稲田2-3-1

【地図】
http://www.hoshien.or.jp/images/map/map_150406.jpg

【主催】
SYI(収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_15421073.jpg

[PR]

by p-dragon | 2016-05-11 21:00 | アクション・イベント  

Multicultural Mixer for WRD! (18 June, Tokyo)

Multicultural Mixer for World Refugee Day 2016
-- In Dreaming of a Convivial World --

日本語

13:00, 18 June 2016
You-I Hall in Waseda Hoshien
Address: Nishi-Waseda 2-3-1, Shinjuku, Tokyo
Access: 20 minute walk from JR Takadanobaba Sta. or 5 minute walk from Metro Waseda Sta.
Map: http://www.hoshien.or.jp/images/map/map_150406.jpg

No Entry Fee


World Refugee Day, 20 June every year, is coming soon.
The number of refugees of the world is drastically increasing today.
Japan is also one of the country where refugees come, but since the government refuses to recognize most of them, they are forced to survive with hardly any legal protection of their rights.
What we need to do is to find a way to live with refugees in equality and solidarity.
For this purpose, we will have a mixer this day.
Let's have fun in multicultural atmosphere!


SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_15421073.jpg

[PR]

by p-dragon | 2016-05-11 20:59 | アクション・イベント