「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:アクション・イベント( 64 )

 

パネル展 日本の知られざる難民・入管問題 2/13-19

パネル展 日本の知られざる難民・入管問題

 いよいよ開催!

2017.2.13 (月) ~ 2.19 (日)
9:00-20:30 ※ 最終日は18:00まで

日本教育会館一ツ橋ホール 1階ロビー
 東京都千代田区一ツ橋2-6-2 
 地図: http://www.jec.or.jp/koutuu/
 電話: 03-3230-2833

 世界では難民受け入れをめぐる議論が活発になっています。
 日本もまた、ずっとまえから難民条約を結び、そして実際に多くの難民がやってきています。ところが、こうした人々にたいして政府は「不法滞在者」「にせ難民」などのレッテルを貼り、排除をつづけています。そのような閉鎖的な入国管理政策の実態は、市民にはほとんど知られていません。
 いかに日本の制度が人権を無視しているものか、このパネル展をとおして確かめてみませんか?

《主催》 SYI (収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

e0188516_614134.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-02-11 06:03 | アクション・イベント  

外国人の人権無視を許さない! SYI法務省前抗議行動&申し入れ(10月7日)

外国人の人権無視を許さない! SYI法務省前抗議行動&申し入れ

とき  2016年10月7日(金) 16:30~18:00
ばしょ 法務省(東京都千代田区霞が関1-1-1) 正面玄関前(日比谷公園がわ)
よびかけ SYI(収容者友人有志一同) http://pinkydra.exblog.jp
    freeimmigrants@yahoo.co.jp 080-8844-7318


昨年、シリアの難民問題が世界的なニュースとなり、日本でも難民の受け入れが議論されました。
しかし忘れられがちなことですが、日本にも難民はすでに来ています。

また近年、将来的に減っていく日本の人口を移民で埋め合わせよう、という議論も起きています。
しかし忘れられがちなことですが、日本にも移民はすでに数多く定着しています。

ところが法務省入国管理局は、こうした人々の多くを、
「不法入国者」「不法滞在者」「にせ難民」などとみなして、自由と権利を奪っています。


以下のような入国管理局の人権侵害に、わたしたちは反対します。

1. 収容に反対!

入管の収容施設は、法的地位を認められない外国人を、
裁判なしに、無期限に閉じ込め、刑務所と同じやりかたで自由を奪います。
収容者の多くは、拘禁ストレスや持病により、心身の健康を悪化させていきます。
ところが入管施設は、まともな医療を収容者に提供しません。

そのせいで、収容施設での病死や自殺が、これまでになんども起きています。
収容を解かれたあとに、健康状態が回復せずに亡くなる人もいます。
収容者の抗議行動もしばしば起きています。

入管収容は、外国人の自由と生存権にたいする侵害です。


2. 強制送還に反対!

法的地位を認められない難民や移民に、入管は強制退去を命じます。
多くの人は、自費の出国に同意するまで、収容施設に閉じ込められつづけます。
それでも出国できない人は、入管職員が大人数でとりおさえ、むりやり飛行機にのせます。
最近では、チャーター便による大規模な強制送還もおこなわれています。

送還された人々のなかには、人生の大半を日本でくらし「帰国」先の言葉すら話せない人もいます。
送還中に職員の制圧によって亡くなってしまった方もいます(国家賠償訴訟中)。

強制送還もまた、人の自由と生存権を脅かす行為なのです。


3. ビザ(在留資格)のない難民・移民の放置に反対!

難民として入国した人々の大半は、数年以上におよぶ審査手続のあいだ、
ひじょうに不安定な在留資格しか与えられません。
しかも99パーセントに近い数が、難民申請を却下され、ビザを奪われてしまいます。
このきわめて低い認定率は、日本政府の認定基準や手続に問題があるせいです。

他方で、非正規滞在またはビザを取り消された移民のなかにも、
出国できない理由がある人、帰る場所がない人は、とても多くいます。

こうした人々はビザのないままに放置され、
ほとんどの権利や公的サービス(住民登録や健康保険など)から排除されています。

難民や移民にたいして在留資格を認めないことじたいが、人権の否定なのです。


こうした数々の人権無視をいますぐやめるよう、
わたしたちは上記の日程で法務省への抗議・申し入れを行います。
ぜひご参加を!
[PR]

by p-dragon | 2016-09-19 22:22 | アクション・イベント  

【告知】世界難民の日企画 たこくせき☆交流会6.18

世界難民の日企画 たこくせき☆交流会
~ともに生きる世界を目指して~

English

6月20日は国連の定めた世界難民の日です。
世界は、今日も止まらぬ戦争などで、母国を後にせざるをえない難民たちが、
増え続けています。
日本に逃れてきた難民もたくさんいますが、
その大半が、難民として認められることもなく、何の権利も与えられず、
厳しい生活を送っています。
彼らと手を取り合い、ともに助け合い、ともに生きる世の中を私たちは目指します。
この日は国籍問わず、色々な国の人たちをお呼びして交流会を開きたいと思います。
たこくせきな空間を感じつつ、親睦を深めていきましょう。


【日時】
2016年6月18日(土)13:00~

【入場料】
カンパ制

【場所】
公益財団法人 早稲田奉仕園 
奉仕園会館地下1階you-Iホール
〒169-8616  東京都新宿区西早稲田2-3-1

【地図】
http://www.hoshien.or.jp/images/map/map_150406.jpg

【主催】
SYI(収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_15421073.jpg

[PR]

by p-dragon | 2016-05-11 21:00 | アクション・イベント  

Multicultural Mixer for WRD! (18 June, Tokyo)

Multicultural Mixer for World Refugee Day 2016
-- In Dreaming of a Convivial World --

日本語

13:00, 18 June 2016
You-I Hall in Waseda Hoshien
Address: Nishi-Waseda 2-3-1, Shinjuku, Tokyo
Access: 20 minute walk from JR Takadanobaba Sta. or 5 minute walk from Metro Waseda Sta.
Map: http://www.hoshien.or.jp/images/map/map_150406.jpg

No Entry Fee


World Refugee Day, 20 June every year, is coming soon.
The number of refugees of the world is drastically increasing today.
Japan is also one of the country where refugees come, but since the government refuses to recognize most of them, they are forced to survive with hardly any legal protection of their rights.
What we need to do is to find a way to live with refugees in equality and solidarity.
For this purpose, we will have a mixer this day.
Let's have fun in multicultural atmosphere!


SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_15421073.jpg

[PR]

by p-dragon | 2016-05-11 20:59 | アクション・イベント  

学習会 “日本の” 難民問題を知る 4月16日

​学習会 “日本の” 難民問題を知る

2016年 4月16日 (土) 18:30開始
報告者 柏崎 正憲(SYI)

なかのゼロ西館・学習室B
 JR中野駅・南口から徒歩10分
 東京都中野区中野2-9-7 03-5340-5000

資料代: 500円

~~~

いま国際的に注目を集めている難民問題。しかし、すでに日本にも多くの難民が来ていることや、かれらを政府が適切に受け入れていないことは、あまり知られていません。

昨年、日本の難民認定率は0.4%(27/7586人)。「平和で民主的な」国のものとは信じがたいほど、低い数字です。なぜこうなるのでしょうか。

基本的な点から解説していきます。 “日本の” 難民問題を、どうか知りにきてください。

~~~

SYI(収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_9414099.jpg

[PR]

by p-dragon | 2016-03-16 09:43 | アクション・イベント  

日本も難民を受け入れよう!デモ(11日)の予定

こちらも読んでください。
【声明】 「深まる難民危機──日本は何をするべきか」

---

日本も難民を受け入れよう! デモ@新宿(10月11日)
は、予定どおりに決行します!
デモコースが確定したので、以下もあわせてお読みください。

▼ 2015年10月11日 15:00デモ開始
  (14:00-14:50 街頭宣伝)
→ デモ参加者は、14:45くらいまでにお集まりください!

▼ 出発地: 東京都・新宿駅東口広場(アルタ前)
→ 14:50ごろに「アルタ前」から移動し、歌舞伎町交差点のあたりで列を作ります。それから、西回りに新宿駅周辺を一周します。

e0188516_11383768.png


ぜひともお集まりください!

▼ 呼びかけ: SYI(収容者友人有志一同)
  080-8844-7318 freeimmigrants@yahoo.co.jp
  http://pinkydra.exblog.jp/
[PR]

by p-dragon | 2015-10-09 12:33 | アクション・イベント  

【緊急開催2】 日本も難民を受け入れよう! デモ(10月11日)

【緊急開催1】
シリア難民に話を聞く会(10月4日) / Conference: A Syrian Refugee in Japan (4 Oct.)

-----

【緊急開催2】
日本も難民を受け入れよう! デモ(10月11日)
Demonstration: Accept Refugees, Japan Too! (11 Oct.)

▼ 2015年10月11日 15:00デモ開始
  (14:00-14:50 街頭宣伝)

▼ 出発地: 東京都・新宿駅東口広場(アルタ前) 地図

▼ 呼びかけ: SYI(収容者友人有志一同)
  080-8844-7318 freeimmigrants@yahoo.co.jp
  http://pinkydra.exblog.jp/


ますます深まる「難民危機」。ヨーロッパのみならず世界中で、中東やアフリカからの難民の受入拡大をめぐり議論が活発になっている。日本でも、難民問題への関心が比較的高まりつつある。

しかし! 年に数千人規模で日本にやってくる難民のほぼすべてを、政府は受け入れようとしない。しかも難民審査を担当する入国管理局の収容所では、さまざまな人権無視が横行している。そもそも難民を作り出す原因とは戦争・紛争に他ならないが、日本政府は、紛争を悪化させるような政策ばかり進めている(国益を武力で貫くための安保関連法や、紛争を煽ることにしかならない武器輸出解禁など)。これで「平和国家」と言えるのか。

受入難民数の拡大を求めるだけでなく、以上のような問題を解決するために、この国の政策を変えよう。さあ、街頭へ!


※ SYI声明「深まる難民危機──日本は何をするべきか」(9月15日)も、あわせてお読みください。
http://pinkydra.exblog.jp/23678224/

e0188516_14333950.jpg

[PR]

by p-dragon | 2015-09-23 08:10 | アクション・イベント  

Demonstration: Accept Refugees, Japan Too!

Conference: A Syrian Refugee in Japan, 4 Oct. (シリア難民に話を聞く会)

-----

Demonstration: Accept Refugees, Japan Too! (日本も難民を受け入れよう! デモ)


11 Oct. 2015, Start 15:00 (distributing flyers 14:00-14:50)

From the East Exit Square (in front of the Studio Alta), Shinjuku Station, Tokyo

Contact to: SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
080-8844-7318 freeimmigrants@yahoo.co.jp http://pinkydra.exblog.jp


We demand the Japanese government:
- Accept more refugees!
- Separate the organization of refugee affairs from the immigration bureau!
- Protect the human right of foreign residents in Japan!
- Give up the policies creating more refugees, such like the military legislation or the removal of the ban on weapon exports!
[PR]

by p-dragon | 2015-09-23 07:30 | アクション・イベント  

【緊急開催1】シリア難民に話を聞く会 10月4日

【緊急開催2】
デモ@新宿(10月11日) / Demonstration, 11 Oct.

-----


【緊急開催1】
シリア難民に話を聞く会

▼ 日時: 2015年10月4日(日) 13:30開場 14:00開始

▼ 会場: 鷺宮区民センター3階・洋室2
  西武新宿線「鷺ノ宮」駅北口・徒歩1分(JR高田馬場から快速1駅)
  東京都中野区鷺宮3-22-5 03-3330-4111

▼ 登壇者: Mさん(シリア難民)、浦城知子弁護士(シリア難民弁護団)

▼ 資料代: 500円

▼ 主催: SYI(収容者友人有志一同)
  080-8844-7318 freeimmigrants@yahoo.co.jp
  http://pinkydra.exblog.jp/


中東から欧州に向かう難民たちのニュースが、連日、日本にも届いています。その規模は第二次大戦後で最大とも言われ、欧州だけでなく国際社会が難民保護に向き合うよう求められています。

日本でも難民受入の議論が聞こえてくるようになりました。ところが、日本には大きな問題があります。すでに多くの難民が日本にも来ているのに、ほとんどのケースで政府は、正規の難民資格を認めていません。日本は難民条約を結んでいるにもかかわらず、それにともなう義務を果たしていないのです。

今年3月、4名の在日シリア難民が、政府に正式な難民認定を求めて提訴しました。彼らが法廷に訴えるしかなかったことは、まさにこの国の問題です。私たちの社会もまた問われているのです。

原告の一人のMさん、そして弁護団の浦城弁護士が、裁判の経緯と意義、シリアの情勢や、日本の難民受入や外国人の人権をめぐる問題について、貴重なお話しをしてくださいます。ぜひご参加ください。


※ SYI声明「深まる難民危機──日本は何をするべきか」(9月15日)も、あわせてお読みください。
http://pinkydra.exblog.jp/23678224/

e0188516_1432559.jpg

[PR]

by p-dragon | 2015-09-17 20:24 | アクション・イベント  

Conference: A Syrian Refugee in Japan

Demonstration: Accept Refugees, Japan Too!, 11 Oct. (日本も難民を受け入れよう! デモ)

-----


Conference: A Syrian Refugee in Japan (シリア難民に話を聞く会)

4 Oct. 2015, Open 13:30, Start 14:00

Speech by: Syrian Refugee M, Uraki Tomoko (member of the Defense Counsel of Syrian Refugees)

Venue: Saginomiya Hall, 3rd Floor, Room 2 (large)
Nakano-ku Saginomiya 3-22-5, Tokyo, TEL: 03-3330-4111

How to Reach: 1 Minute Walk from the North Exit of Saginomiya Sta.,
1 stop via Seibu Shinjuku Line (Rapid) from JR Takada-no-baba Sta.

Charge: 500 Yen (for handouts)

Contact to: SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
080-8844-7318 freeimmigrants@yahoo.co.jp http://pinkydra.exblog.jp


Thousands of refugees come from the Middle East to Europe.
It is said that the extent of this "refugee crisis" is the worst ever since the WWII.
The whole international society must make effort to help them.

Also in Japan it is begun to discuss whether Japan should welcome these refugees.
However, we must know that not a few refugees has already arrived at Japan.
The Japanese government nonetheless refuses to recognize most of them as refugees.
This means that the government, althougth it concludes the refugee treaty, ignores its duty.

In March four Syrian refugees appealed to the court in order to make recognize their refugee status.
Why do they have no other ways? This is not their problem but our country's.
Come and listen to Mr. M, one of the four, and the laywer Ms. Uraki, and discuss what we should do.
[PR]

by p-dragon | 2015-09-17 20:20 | アクション・イベント