カテゴリ:アクション・イベント( 75 )

 

【集会】人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う(12月10日)

(11月22日 内容を追加)

人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う
- SYI 年次報告会2017 -

In English

 2017年12月10日(日) 13:30 開場 14:00 開始
 和泉橋区民館 3階和室
 (東京都千代田区神田佐久間町1-11 秋葉原駅から徒歩5分)
 資料代 500円

  • 講演「コンゴ難民マッサンバさんの事例について」浪岡新太郎さん(明治学院大学准教授)
  • 報告「強化される取締り 入管収容施設で何が起きているか」(2017年の概観、医療と健康、食事と衛生 、難民の収容について、ベトナム出身の収容者について)
  • 当事者・活動団体アピール

 SYI(収容者友人有志一同)は、入国管理局による人権侵害、とくに収容に反対している団体です。おもに東京で活動し、東京入国管理局(品川区)での抗議や収容者への面会、入管問題にかかわる情報発信などをおこなっています。

 日本の入管は、在留資格がないという理由だけで、外国籍者を無期限に監禁します。裁判もなしに、当局の判断だけで、刑務所のような施設に人を閉じ込め、あらゆる自由を奪います。急病にすら適切な対応をとらず、何人もの人々を間接的に殺しています。自殺者も後を絶ちません。そして、収容施設内で何が起きても、当局は法的な責任を負わないのです。

 法務省は12月4日から10日を人権週間と定めています。当の法務省が、外国籍者の人権を侵害しつづけているというのに。この問題こそ問われるべきではないでしょうか?

 今回は、収容施設内での死者、劣悪な医療環境や食事、暴力的な職員など、2017年に入管で起きたさまざまな事件をふりかえり、問題点を明らかにします。当会の独自調査で判明したことも報告します。ぜひご参集ください。

SYI (収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

ビラ(PDF)
e0188516_09124828.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-11-22 09:33 | アクション・イベント  

[Conference] Accusing Human Right Abuses by the Immigration Bureau of Japan (10 Dec)

SYI's Public Debriefing 2017:
Accusing Human Right Abuses by the Immigration Bureau of Japan

In Japanese

2017.12.10 (Sun), 13:30 (open), 14:00 (start)
3rd Floor of Izumibashi Hall (Kanda Sakumacho 1-11, Chiyoda-ku, Tokyo), 5 minute walk from Akihabara sta. (JR Line or Metro)

  • Lecture: The Case of a Congolese Refugee Massamba, by Prof. Shintaro Namioka (Meiji Gakuin University).
  • Reports on Immigration Detention in 2017: food sanitation, medical problems, detained asylum seekers, Vietnamese detainees.
  • Speeches by ex-detainees, refugees and activists.

We, SYI, are a voluntary association in Tokyo opposing to Japanese immigration policy, especially to immigration detention.

The Immigration Bureau of Japan, a department of the Ministry of Justice, totally abuses basic rights of undocumented immigrants. Even when a detainee dies because of its wrong treatments, it never takes responsibility.

Dec. 10 is the day UN determines as World Human Rights Day, and the MOJ promotes public awareness of human right. However, it is the MOJ and the Immigration Bureau that violates basic rights of immigrants.

On this day, we have a public debriefing in order to report our activities and the problems made clear concerning Japanese immigration policy.

SYI: Shuyosha Yujin Yushi Ichido (Immigration Detainee's Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

Flyer (PDF)
e0188516_09124828.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-11-22 09:32 | アクション・イベント  

第28回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励と面会アクション

第28回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励と面会アクション

In English

2017年11月14日(火)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会

日本に外国人専用の収容所があることは、まだまだ知られていません。
難民として逃れてきた人も、日本に長年暮らし続け今更、帰る場所がない人など
みんな一緒くたに不法滞在者扱いされ、入管の都合で収容されてしまいます。
収容所の中では、罵詈雑言を浴びせたり怒鳴ったり、時には集団で暴力を振るいます。
食事も粗末なものを与え、病気になってもまともに治療しない。そういった陰湿なやり方で自ら母国に帰るよう仕向けます。
それでも、どうしても帰れない人達は多く、いつ出してもらえるのか分からない、いつ強制送還されるかわからない生活に絶望し精神を病み、外にやっと出られる頃には、社会復帰できないほどボロボロにされてしまうのです。

人の時間を、人生を奪う権利がどこにあるのでしょうか。
入管に好き放題やらせているのは私たち日本人の責任でもあるのです。
1人1人が関心を向け、いかに入管が私たちの税金でとんでもないことをしているのか知ることが大事です。

まずは私たちの行動に参加してください。
そして入管に反対の声、収容されている人たちへ1人ではない、私たちは味方だと、応援の声を届けていきましょう。


集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車


《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318

[PR]

by p-dragon | 2017-10-28 10:36 | アクション・イベント  

Protest against Tokyo Immigration Bureau (14 Nov)

Protest against Tokyo Immigration Bureau

In Japanese

14 Nov. 2017
From 13:00 in front of Tokyo Immigration Bureau bldg.
Konan 5-5-30, Minato-ku, Tokyo
Take a bus of terminal No. 8 of Konan exit, JR Shinagawa sta.

13:00 Demonstration
14:00 Submitting petitions
14:30 Meeting the detainees

These days Japanese immigration bureau put stricter control, detaining more foreign residents and violating their basic rights.
Come and join us to say no to detention!

SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

[PR]

by p-dragon | 2017-10-28 10:00 | アクション・イベント  

第27回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励と面会アクション

第27回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励と面会アクション

In English

2017年10月12日(木)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 抗議申し入れ
 14:30 面会

入国管理局には在留資格のない外国人を収容する施設があります。

収容されている人々は、職員によるいじめ、厳しすぎる規律、自由のない生活により、身体も心も痛めつけられています。
精神疾患になる方や、自傷行為に及ぶ方が後を絶ちません。
適切な医療を受けることができずに命を落とす人すらいます。
正規の資格がないというだけで、人権をそれほどまで無慈悲に踏みにじる、そのような当局の暴力に私たちは反対しています。

市民の税金で運営される公的施設で、立場の弱い外国人を相手に何が行われているか、その目で確認してみませんか。

参考 東京入管への抗議文書(9月4日)
   牛久入管元所長の免職を求めるキャンペーン(2017.5.6から継続中)
 
集合場所: 東京入国管理局 正門前(港区港南5-5-30)
行き方: 品川駅港南口(東口)8番バスのりば→「入国管理局前」で下車


《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318




[PR]

by p-dragon | 2017-10-12 00:00 | アクション・イベント  

Protest against Tokyo Immigration Bureau (12 Oct)

Protest against Tokyo Immigration Bureau

In Japanese

12 Oct. 2017
From 13:00 in front of Tokyo Immigration Bureau bldg.
Konan 5-5-30, Minato-ku, Tokyo
Take a bus of terminal No. 8 of Konan exit, JR Shinagawa sta.

13:00 Demonstration
14:00 Submitting petitions
14:30 Meeting the detainees

These days Japanese immigration bureau put stricter control, detaining more foreign residents and violating their basic rights.
Come and join us to say no to detention!

SYI (Shuyosha Yujin Yushi Ichido: Immigration Detainee’s Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318



[PR]

by p-dragon | 2017-09-22 22:28 | アクション・イベント  

第26回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション

第26回 東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション

In English

2017年9月4日(月)
 13:00 東京入管前に集合、行動開始
 14:00 申入書提出
 14:30 面会

私たちは入国管理局の収容所における、外国人への虐待に反対しています。
入管は、人々の目が届かないのをいいことにに、コソコソと立場の弱いものに人権侵害を続けています。

去年から、収容・再収容をとくに強化しており、大勢の外国人が収容されつづけています。
なかには、仕事をしたから、住所変更を早く申請しなかったから、許可なく隣の県に移動したからと、個人の自由を否定するまったく不当な理由で、あるいはまったくささいなことをあげつらって、彼らを拘束し自由を奪っています。
収容された人たちの多くは職員によるいじめや、厳しすぎる規律、自由のない生活で身体も心も痛めつけられており、精神疾患になる方や、自傷行為に及ぶ方が後を絶ちません。

入管に対する抗議のため、また収容されている私たちの友人たちに孤独じゃないと伝えるために、かれらの心を入管に壊させないためにも、精いっぱい激励の声をあげましょう。声は必ず収容者に届きます。ともに生きる社会を目指し、かれらとつながりましょう。


【東京入国管理局への行き方】
 品川駅港南口(東口)8番バスのりば 「入国管理局前」下車すぐ
 バス停地図


《呼びかけ団体》
 SYI(収容者友人有志一同)
 http://pinkydra.exblog.jp
 freeimmigrants@yahoo.co.jp
 080-8844-7318



[PR]

by p-dragon | 2017-08-30 08:48 | アクション・イベント  

【集会】入管の人命軽視を問う 6/18 + 抗議申し入れ 6/20

ENGLISH

【世界難民の日企画2017・集会】
入管の人命軽視を問う なぜ人が死んでも責任を取らないのか

※ 並行して 牛久入管元所長の免職を求めるキャンペーン も実施中! ご協力を!


● 6月18日(日)
2017年6月18日(日) 13:30-16:30
万世橋区民館 3階和室
東京都・JR秋葉原駅から徒歩5分(千代田区外神田1-1-11 03-3980-3131)

第1部 集会
 3月に亡くなった入管収容者について
 入管収容所の医療問題にかんする解説: 高橋ひろみ弁護士(恵比寿西法律事務所)
 収容経験者からの話 など
第2部 交流会

資料代 500円


● 6月20日(火)
2017年6月20日(火) 16:00 法務省前抗議街宣+申し入れ
東京都霞が関1-1-1 地下鉄・霞が関駅より徒歩3分(下記の地点)


 3月25日、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で、一人の男性がもがき苦しみながら絶命しました。何日も前から体じゅうの痛みを訴えつづけてきたのに無視されたまま、孤独に死んでいったのです。当局はどう対応したのか? 牛久入管局長の「処遇に問題はなかった」というコメント、たったそれだけです。

 残念ながら、これらすべては「またもや」起きたことでしかありません。これまで入管は、収容所の劣悪な医療環境を改善せず、多くの収容者を死なせ、そして無数の人々を心身の病状悪化に追い込んできました。在留資格がないという理由で、国が外国人の生存権さえも侵害することが、なぜ許されるのか? 当局の誰も公的に責任をとることがなく、メディアや市民もそれに無関心であるからではないでしょうか。

 世界難民の日を控えた6月18日、わたしたちは、この喫緊の課題に焦点をあてた集会を開きます。まずは問題を知ることから始めませんか。ご参加をお待ちしています。

《主催》
SYI(収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318
e0188516_09240580.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-06-18 00:00 | アクション・イベント  

Conference (18 June): Accusing the Abuse of Human Life in Japanese Immigration Bureau

JAPANESE

[Conference on World Refugee Day 2017]
ACCUSING THE ABUSE OF HUMAN LIFE IN JAPANESE IMMIGRATION BUREAU

1. Conference
  • Sun, 18/06/2017, 13:30-16:30
  • 3rd Floor, Mansei-Bashi Hall, Soto-kanda 3-11-1, Chiyoda-ku, Tokyo (5 min. walk from the Denkigai Exit, JR Akihabara-Sta.)
  • Entrance: 500 JPY (for the copying cost of handouts)
  • Reports from former detainees, activists, lawyers etc. (tentative)

2. Protest

A man detained in the East-Japan Immigration Center (Ushiku, Ibaraki) died on 25 March, after having been left for many days with no medical care although he had repeatedly complained about pains.

How did the authority react? Nothing other than a very short comment: "there were no problems with the Immigration Bureau about his death".

It is shameful to mention, but such deaths have happened again and again in the detention centers of Japanese Immigration Bureau. It must also be added that the health of numberless detainees were seriously harmed, both mentally and physically. However, the authority have never taken formal responsibility for such violation of detainees.

We will discuss this problem in the conference, and demand the dismissal of those who responsible in the authority.


SYI (Shuyosha Yujin-Yushi Ichido: Immigration Detainee's Friends)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318




[PR]

by p-dragon | 2017-05-06 06:18 | アクション・イベント  

【緊急よびかけ】牛久入管元所長の免職を求めるキャンペーン

※ 最終更新: 2017年5月14日(修正前の画像をはがきに使っても問題はありません)。

【緊急よびかけ】
牛久入管元所長の免職を求めるキャンペーン
2017年5月6日

 集会「入管の人命軽視を問う」は6月18日です!

  • 2017年3月25日、東日本入管センター(茨城県牛久市)に収容されていたグエンさんが、動脈破裂によるくも膜下出血で亡くなりました。何日も前から病状を訴えていたのに、入管職員に放置されるなかで起きた悲劇です。つまり当局の職務怠慢と人権無視の結果であって、入管には明らかに責任があります。
  • ところが牛久入管センター所長の北村晃彦氏は26日、取材にたいして「処遇に問題はなかったと考えている」と回答し、なんら責任を認めようとしません。入管収容所においては悪質な医療環境と人命軽視の風潮が常態化しています。当局が公的な責任をとらないかぎり、今後も改善されないでしょう。
  • 北村・元牛久入管所長の免職を当局に要求してください! はがき or ファックス or 電話を希望します(Eメールより効果が高いと見られるため)。はがきの印刷用データは右からダウンロードできます。牛久入管宛 / 法務省宛

《参考記事》
【転載】 牛久入管内からの声 ベトナム人収容者の死について
牛久入管でのベトナム人収容者の死亡事件にかんする抗議

《申し入れ先》
1.東日本入国管理センター(牛久入管収容所)
 300-1288 茨城県牛久市久野町1766-1 
 東日本入国管理センター所長 宛
 電話: 029-875-1291
 FAX: 029-830-9010

2.法務省入国管理局
 100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-1
 法務省入国管理局長 宛
 電話: 03-3580-4111 (警備課)
 FAX: 03-3592-7368 (警備課)

《申し入れ文例》

前略 以下を要求します。

1.2017年3月25日、東日本入管センター7Bブロックにおけるグエンさんの死亡の経緯を調査、公表すること。

2.事件当時、東日本入管センターの責任者(所長)であった北村晃彦氏を懲戒免職すること。

(年月日、差出人名等)


※ 北村晃彦氏は2017年4月1日付で高松入国管理局長に異動し、現在の東日本入管センター(牛久)所長は清水洋樹氏となっています。しかし本キャンペーンの趣旨は、個々の事件ごとに当局が責任をきっちり負うよう要求することであるため、当該事件が起きた当時に牛久所長だった北村氏の免職を要求するものです。当然ながら、それをつうじて牛久入管および法務省入国管理局の全組織におよぶ責任を問うことが、本キャンペーンの基本目的であります。

《呼びかけ団体》
SYI(収容者友人有志一同)
http://pinkydra.exblog.jp
freeimmigrants@yahoo.co.jp
080-8844-7318

e0188516_15250986.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-05-06 06:16 | アクション・イベント