年次報告会「人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う」の報告

 12月10日の年次報告会「人権週間に法務省・入管の人権侵害を問う」では、2017年に入管で起きた問題と、SYIの活動について報告しました。以下の資料(PDF)をごらんください。

年次報告会資料 目次
  • 開会の辞(2017年の概観)
  • 2017年の入管・難民関係のできごととSYIの活動
  • 入管当局にたいするSYIの要求: 以下の各要求の趣旨説明、あわせて収容者の事例と証言の紹介。
  1. 収容をやめること。
  2. 長期在留者に資格資格を認め、難民審査の基準を改善すること。
  3. 仮放免者の就労禁止と移動制限をなくすこと。
  4. 横暴な入管職員の名前と役職を公開すること。
  5. 収容施設で喫煙者にたいする禁煙の強制をやめること。
  6. ムスリムのハラルフード対応をおこなうこと。
  7. 収容者が健康の問題を訴えたらすぐに外部の医者に診せること。

 ゲスト講師の浪岡新太郎さん(明治学院大学准教授)には、2015年に裁判をつうじて難民認定をえたマッサンバさんの支援会の活動について、報告をお願いしました。
 もともと難民支援とはかかわりのなかった個人や団体が、たまたま隣人として知り合った一難民を支援することになり、難民認定義務づけの判決を得るまでの経緯について、エピソードをまじえながら分かりやすく興味深く語っていただきました。
 隣人としての繋がりにもとづく、日常性を基盤にした運動の意義と可能性について、示唆に富むお話をいただけました。その一方で、そういう日常性のなかで私たちが出自や国籍をこえて社会関係をはぐくんでいく可能性を、まさに入管が阻んでいると、浪岡さんが最後に強調されていたことが、心に残ります。
 浪岡さん、まことにありがとうございました。

 翌日の東京入管抗議行動の報告に続きます。


e0188516_08074627.jpg

[PR]

by p-dragon | 2017-12-14 08:23 | アクション報告  

<< 第30回 東京入管抗議・激励ア... ある日の入管53 >>