【記事紹介】難民虐待の東京入国管理局

9月4日の抗議行動の取材を含む、フリージャーナリスト志葉玲さんの記事が公開されています。ぜひお読みください。

独房に監禁、医療受けさせず死亡、腐った給食 難民虐待の東京入国管理局

https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20170913-00075687

 9/13(水)

 戦争や人権侵害から必死の思いで逃れ、日本にたどり着いた難民達。彼らを受け入れる難民条約を批准しているにもかかわらず、日本は先進国中、最悪の「難民鎖国」だ。トランプ政権ですら今年度5万人の難民を受け入れ予定であるのに対し、ここ数年、日本が受け入れる難民は、年間で十数人程度にとどまり、過去最多1万人以上の申請があった昨年もたったの28人のみ。そして、難民不認定の烙印を押された人々は、日本から出て行くように言い渡され、入国管理局の収容施設に拘束されたり、時には迫害が待つ母国に強制送還される場合もある。

 今月4日、在日の難民やその支援者らが法務省・東京入国管理局(港区)の前でデモを行い、入管に収容されている難民の仮放免を訴えた。独房に数か月にわたって閉じ込めたり、命にもかかわる持病を持つ者を十分なケアもなく拘束しているのだという。

 (つづき



[PR]

by p-dragon | 2017-09-20 08:18 | 声明・情報・考察  

<< Protest against... ある日の入管49 >>