11月に東京入管(品川)で被収容者が亡くなった件にかんする声明

11月22日、東京入国管理局(品川)に収容されていたスリランカ人の男性が死亡しました。

報道では、こう伝えられています。

男性は「先月〔11月〕中旬に来日したものの滞在を許可されず」東京入管に収容されていた。
22日には「朝から激しい胸の痛みを訴えたにもかかわらず、入管が医師の診察を受けさせるなどの対応を取っていなかった」。
ところが「午後1時ごろ」男性は「意識不明の状態で発見され、搬送された病院で死亡が確認され」た。

この事態について、東京入管は次のようにコメントしている。
「男性を一般の部屋から単独の部屋に移して職員が様子を確認していて、対応に不備はなかったと考えている。現時点では死因が特定されておらず、それ以上のことは申し上げられない」。

入管施設でまた収容の外国人が死亡(NHK NEWS WEB 12月1日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141201/k10013633961000.html



上の記事にもあるように、今年3月には、東日本入管センター(牛久)で、別々の部屋に収容されていた2名の男性(イラン国籍とカメルーン国籍)が、一両日のあいだに立て続けに死亡するという、異常な事態が起きています。

そのさいの当局のコメントも、同様のものでした。
いわく、施設内の医師からは「重篤でない」と聞いていた。
「適正な救命措置を講じた」ので「処遇上の問題」はなかった。
「偶然にも不幸な事案が続けて発生した」だけだ、など。

くわえて思い出されるのは、メンバーが電話で問い合わせたさい、牛久入管の総務課職員が「私たちもびっくりしました」と、まったく他人ごとのように言い放ったことです。

3月31日記事 
4月6日記事+報道転載 

なぜ入管は、半年前も、今回も、臆面もなく「対応に問題はなかった」などと言うことができるのでしょうか?
痛み止めと睡眠薬と精神安定剤しか出さないヤブ医者を平日の午後に置いているだけで、他には誰も医療の専門家がいない、入国管理局が。



わたしたちとしては、半年前に言った同じことを、今回もくりかえすしかありません。

ひとつに、この事態を大半の関係者がとくに異常と思っていないことが、きわめて異常であるということ。
「学校であれ病院であれ、公的または準公的な機関で人が命を落とすことがあれば、当の機関じしんが記者会見などで事態を公的に説明し、少しでも責任があれば謝罪し、原因究明や再発防止を約束するはずですし、公権力による捜査や法的手続きを受けることになるはずです。入管がこの程度の報道だけで済まされ、公的に釈明することすらしていないという事態は、はっきり言って異常です」。

もうひとつに、ビザのない外国人を監禁することを目的とした施設で、人権を守るということが、根本的に矛盾した要請であること。
「もちろん、基本的人権を無視せずして、収容所のような施設を運営するなど、とうてい不可能なことです。人を狭い部屋に閉じ込めつづけながら、他のあらゆる自由や権利を保障することが、一体どうして可能になるのでしょうか。そもそも収容など、入国管理のためであろうが、してはならないことなのです。入管法を改定し、収容をなくさないかぎり、今後も入管収容所内は死者を作り出していくことでしょう」。

わずか半年で、こう書いたとおりになってしまいました。
暗たんたる心境にならざるをえません。



再発を防ぐためには、少なくとも、以下のような改革が必要です。

・被収容者が24時間365日、本人の判断のみによって、即時に緊急医療を受けられるようにすること。
・収容期間を数ヶ月以内に制限すること。

以上の条件が予算上保障できないなら、そもそも収容などしてはならないのです。



「外国人だから」「ビザがないから」などといって、人を抗弁の余地もなしに無期限に監禁するような制度を、わたしたちが当たり前と思うのだとすれば、そのような感覚こそが反人道的であり、このような死者を作り出す根本原因に他なりません。

そのような感覚が間違っていると認めるならば、入管収容の廃止が、論理的にも道徳的にも当然の結論であるはずです。

したがって私たちは、入管収容の廃止を訴えます。



2014年12月5日

SYI(収容者友人有志一同)
[PR]

by p-dragon | 2014-12-05 17:02 | 声明・情報・考察  

<< 【声明】深まる難民危機──日本... SYI移民・難民交流会 第3回... >>