牛久入管への申し入れの報告



前記事にあるとおり、SYI 世界難民の日行動2013で、牛久入管に対する申し入れ文を決議し、それを6月26日に牛久入管に届けました。
対応したのは、総務課の高草木係長でした。

われわれが提出したのは、5つの「質問と要求」でしたが、高草木係長は「皆さんの意見は間違いなく(牛久入管)所長に伝え、参考とさせていただきます」という対応を、終始くりかえしました。
最初から質問に答える気はないようです。

「あなたたちは、まがりなりにも公的機関なのに、あなたたちが「法に基づいて行っている」と称しているところの業務について、なぜ市民からの質問に答えないのか? かりに機密事項であったとしても、「こういう法的根拠により公開しない、答えない」などといった回答はせめてあるはずだ。それならば、問題はあれこれの法律ということになる。しかし、まったくの無反応となると、入管当局は、自分たちの業務について説明責任はない、入管収容所のなかでは何をやってもいい、という姿勢でいるのかと見なさざるをえない。それを、法にもとづいた公務と言えるのか。」

「たとえば仮放免申請が却下されたとき、却下の理由を明確に示せと申請者たちは要求しており、私たちも同じ要求を掲げている。しかしながら当局は「申請却下にはさまざまな理由があるので一概には言えない」といった返答しかしない。一般論を聞いているのではなく、個別の申請について、申請者本人にきちんと説明をせよと言っている。はぐらかした返答をするのはやめていただきたい。」

こういったことを、何回も何回もくりかえし説明しました。

その結果として、高草木係長からはようやく、「それでは何らかの回答をするよう、上に促しておきます」という答えが返ってきました。

本当に回答が得られるのでしょうか? さしあたりは様子を見ることにします。

牛久入管のみなさん、このブログを見ているのでしたら、高草木係長はたしかに、回答をよこすと言いましたので、その点、お忘れなきよう。


---

その後も、牛久入管からは情報が伝わってきています。
本日もまた、帰室拒否による抗議が行われたようです。
入管当局は、抗議者の一人の「保護房」行き(隔離房、要するに懲罰房)によって応えたと、聞いています。

裁判もなく、期限もなく、「ビザがない」というだけで人間を国が拉致・監禁しつづける収容制度に、正義はない!
被収容者たちの抗議は正当である!
入管は収容をやめろ!



.
[PR]

by p-dragon | 2013-06-28 21:09 | アクション報告  

<< チャーター機による強制送還およ... 牛久入管への申し入れ(SYI ... >>