8.23「入管前納涼祭」での申し入れ報告


さきの報告記事にもあるように、8.23「入管前納涼祭」のさい、品川入管への申し入れをおこないました(対応したのは総務課のトミヤマ、オザキ)。

まず、SYI・5つの要求を知ってもらおうと、申し入れを行いました。ただし、これについては、回答をもとめていません。入管職員は「わたしたちは法律にのっとった措置をおこなっているだけだ」と言いながら平然と人権侵害をおこなっているので、権利にかんする発想が根本的にズレています(たとえば牛久入管での申し入れ時のやりとり)。よって、これらの要求を全入管職員に読ませレポートを書かせろ、とだけ言っておきました。

また、ことし3月22日に起きた、不当にも強制送還されたガーナ国籍のスラジュさんの死亡事件についも、質問をおこないました。

この件については、スラジュさんの妻と支援者(APFS)が、かれの死の原因と責任についての究明を入管と千葉県警にもとめており、6月28日には刑事告訴もおこなっています(APFSブログ)。しかし、これにたいする誠実な回答はいまだなされていません。

この件にかんする責任の究明が進んでいるのかどうかという質問にたいして、対応したトミヤマは「警察の捜査に全面協力している」の一点張りでした。一般論として「入国管理のための公務の最中に人命が失われた」ことの責任を、入管としてはどう考えているのかと聞いても、同じ答えのくり返し。公務中における人命の損失について、入管は独自には責任を調査する気がない、つまり、同じようなことの再発防止を講じようとすらしていないわけです。これには、怒りを通りこして心底あきれました。

入管に自浄能力はありません。これを放っておいたままでは、今後も第二、第三のスラジュさんが作り出されつづけるでしょう。戦後ずっと、入管は在日朝鮮人・韓国人、在日中国(台湾)人の弾圧機関でありつづけましたし、ほかの国からの労働者が流入するようになってからも、おなじように非人道的な拉致、監禁をもって対応し、多くの外国籍者の健康や生命をうばってきました。それは2010年のいまもかわっていないのです。
[PR]

by P-dragon | 2010-08-28 11:14 | アクション報告  

<< 9月8日(水)難民申請者たちに... 入管前納涼祭 >>