6.20 《かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ》

牛久では、21日をもってハンストは「一時中止」となりました。
早くも仮放免者が増えてきているようで、一定の成果は出ているようです。
ただし収容者は、今後の対応が変わらなければまたハンストに入ると宣言しています。
詳しい情報はまた改めて。

さて、6月20日は世界難民の日。
この日にSYIは入管問題をひろく訴えるデモを行います。
ぜひご参加を!

↓↓↓↓


《かぞくをかえして! ともだちをかえして! 入管の人権侵害に反対するデモ》

In English

2010年6月20日(日)
集合 代々木公園・ケヤキ並木(JR原宿駅徒歩5~10分)
  14:00 集会、アピール交換
  15:00 デモ出発(原宿・渋谷をめぐり、国連大学前を通ります)
主催 SYI (収容者友人有志一同)


 6月20日は世界難民の日。世界じゅうには、経済的または政治的な理由による難民が1000万人以上いると言われています。そのような難民の保護と援助について世界的な関心を高めるために、この日は制定されたそうです。

 ところで、難民とはどこか遠い国の問題ではありません。日本は移民・難民行政についてとても大きな問題をかかえています。ほとんどすべての難民申請は、たいした審査もなしに却下されます。さらには入国管理局が、難民申請中の人でさえおかまいなしに恣意的な収容を行います。ひとたび収容されれば、人権がまったく配慮されない環境のなかに、何ヶ月でも何年でも監禁され続けるでしょう。職業などを求めてやってくる難民以外の外国人も、同じようにあつかわれます。出身国での迫害から逃げてきた難民には、帰る場所などありません。また、たとえ難民の場合でなくとも、非人道的な収容環境それ自体が大きな問題です。収容のあいだに心身の健康を損ない、けがをし、ときには命を失うことすらあるのです。

 いつ解放されるとも知れず収容されている外国人の家族は、入管に対してこう訴えています。「かぞくをかえして!」と。わたしたちもこう叫びます。「ともだちをかえして!」と。日本人のみなさん、入国管理局でいったい何が行われているのかを正しく知ってください。こんな非人道的な入管行政を許し続けている日本人の責任について、この日によく考えてみてください。そしてわたしたちは、ともに声を挙げてくれる人を歓迎します。


※ 随時、SYIブログに最新情報をアップします。


SYI (収容者友人有志一同)
MAIL: freeimmigrants★yahoo.co.jp (★は@に変えてください)
WEB: http://pinkydra.exblog.jp/
[PR]

by P-dragon | 2010-05-22 20:22 | アクション・イベント  

<< GIVE BACK Our F... 【牛久ハンスト】被収容者からの手紙 >>