収容者からの手紙②

e0188516_22413160.jpg

私は日本のやっている事がわかりません。
何故、私を無理やり強制送還しようとするのですか。
本当に何もわからない。
日本は何の理由で私を捕まえるのですか。
これは人間の自由を奪うという意味です。
人間の自由を奪うという事は人間として認めていない
という意味です。
この国はアムネスティがあるはず。
アムネスティは人間の権利の為に戦う組織のはず。
でも本当にわからないのは、日本は難民条約にサインをしているはず。
サインをしている国はこんなんじゃない。
日本はクルドとトルコの問題がないと言っている。
でも実際はそんな事ないです。
ただ、日本からイスタンブールやアンカラに行く人はないと
言っているが、実際のこの問題はあります。
この世の中ではクルド民族の存在がまるでないように思われているが
民族の声が届くように、私は祈っている。

日本の法務大臣へ。
我々は日本で難民申請をしたけれど、お願いしただけなのに
何故捕まえるのですか。
しかもやり方が汚い。
私を収容して、家族を引き離して、外にいる奥さんと子供の生活を
大変にさせる。
一度、法務大臣とテーブルで向き合い、話をしてみたい。
人間の権利について、難民申請をするという事はどういう事か。
たとえあなた達が我々の生きる権利を奪ったとしても、私は絶対に
負けたくない。
たとえ私が負けたとしても、そのうち、他の誰かが必ず解決すると
思う。
自由の指を壊さないで。

この手紙を書いたのはイルハン・C
1979.5.1生 31歳
私の罪は日本の政府に難民申請した事。
2009年11月16日捕まる。
いつ出られるのかまだ分からない。

万歳、自由
万歳、クルディスタン
頑張れ、クルド人達とクルディスタン
万歳、クルド
[PR]

by p-dragon | 2010-04-14 22:43 | 入管内からの声  

<< 第6回東京入国管理局への抗議・... またもや入国管理局で自殺者が >>