第4回東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ

【東京入国管理局への抗議・収容者への激励アクション呼びかけ】

2010年3月2日(火)

10:30~    品川駅港南口(東口)前集合・情宣
11:00~ バスで品川入国管理局前へ移動
12:00~13:00 入管前アクション 
13:00~    収容者と面会

e0188516_17454770.jpg


SYI(収容者友人有志一同)は、品川の東京入国管理局における収容者への非人道的な待遇、およびこの国の入国管理システム全般に対して、抗議する有志グループです。
その入管前での抗議行動も、今回で4回目を迎えます。

いままでは、三つの目的で抗議をおこなっていました。
第一に、収容されている人たちに、外から激励の声を届けること。収容者たちは、自分たちがこの国では誰からも省みられない存在なのだと感じることで、からだやこころの健康をすり減らしていってしまいます。なによりまず、かれらの存在を無視してはいない、そして無視する制度には反対する、というメッセージを届けたいというのが、わたしたちの思いです。
第二に、入管職員に対し「警告」すること。つまり、収容施設内で行われているのは本当にひどいことなのだと、そしてそれを外部から見ている人たちがいるのだと、実際に入管システムにたずさわっている人びとに伝えることです。
第三に、入国管理局というところで何が行われているのかを、少しでも多くの人にきちんと知ってもらうということ。そのために、これまでは入管への抗議後に、品川駅で情宣をしてきました。

それに加えて今回は、入管の内情を知ってもらうために、収容者との実際の面会も行動スケジュールに組み込みました。
ぜひ、収容されている友人を励ますとともに、入管のしくみをその一片でもじかに見てみませんか。
多くの方のご参加をお待ちしています!

※ 面会を希望の方は、運転免許証、健康保険証などの身分証明書をご持参下さい(身分証明書がないと面会に入れません)。

SYI(収容者友人有志一同)
[PR]

by P-dragon | 2010-02-21 17:02 | アクション・イベント  

<< クルド人難民が国連大学前で抗議 入管により引き裂かれた難民家族 >>