入管により引き裂かれた難民家族

e0188516_230074.jpg


今年1月25日にクルド人難民メティンさんが収容された。
残された病気の奥さんと子供4人は生活が非常に切迫している。と、共にお父さんを奪われたストレスで次々と病気になっていく。
家賃も光熱費も滞納が続き、まったく明日の見えない状態。奥さんはいつも泣いている。

2月2日に家族はお父さんの面会に行き、6階の仮放免部門へ行き
「お父さんを早く外に出してください、お願いします」と子供達は泣きながら訴え、自分達の気持ちを書いた手紙を手渡した。
この時の担当はチョウナンという職員だった。
子供達は本気で話をしているのに、職員達が擦れ違い様にジロジロ見てくるのが辛かったと語る。

『娘達の手紙』
こんにちわ、メティンの娘です。
なぜ、お父さんをつかまえたのですか、お父さんはあなた達に何をしたのですか。
私は本当は今日学校に行かなければならないのに、あなた達にせいで、学校に行けませんでした。
もし、あなた達がお父さんをつかまえなければ、私は、今日学校に行くことができたのに、もし、お父さんがつかまらなければ、今ちゃんとした生活ができたのに
でもあなた達のせいで、元の楽しい生活に戻ることができません。私のお父さんはすごく病気です。腰の骨が折れていてあまり動くことができません。あと、肝臓に灰がいっぱいたまっています。もしお父さんがそこで死んでしまったら入管のせいです。そうなる前に早く出してください。私は入管のことを信じています。本当に本当に今すごく困っています。お願いします。早くお父さんを出してください。お願いします。
                           長女 中学1年生

東京入国管理局の方
わたしはメティンのむすめです。
お父さんがつかまってから宿題ができません。
勉強に集中することができません。お父さんがいないと生活ができません。
理由もないのになんでつかまえるのですか。にゅうかんが、きめた時間にきてとゆったら守りますよね。なんでお父さんがつかまらなきゃいけないのですか。なぜわたしのお父さんですか。
どうかお父さんをそのてつの中からだしてください。
おねがいします。わたしのお母さんの足に水がたまってすごくたいへんです。お母さんは3回もしゅずつをしています。買い物もできません。わたしはあなたたちをしんじています。
あなたたちもわたしの気持ちをわかってもらえると思います。おねがいします。
どうかお父さんをそこからだしてください。
わたしたちが、学校から帰ってくると家のふんいきがかわっています。どうすればいいですか。
お父さんがいないとほんとうにだめです。おとうとはいつもパパがいなからないています。
きょうめんかいにいったらぜったいになくと思います。
わたしは、お父さんがいないかぎりかなしい気持ちです。
よるはなきながらねむれません。どうすればよいですか。
もし私たちが、トルコにかえったらトルコ語があまりおぼえていないのでトルコの学校にいっても、勉強にしゅうちゅうできません。おねがいします。さいたまでは雪がふっていて東京までくるのにお金がかかります。お父さんがいないとどうやって生活をすればいいですか。
あなたたちにそんなわるい人なんて、思っていませんでした。お父さんが12年間ここにいてつかまらないで今になってつかまるとは思ってもいませんでした。今すごくこまっています。
おねがいします。お父さんを出してください。
おねがいします。おねがいします。
                           二女 小学5年生

その他にも5歳と1歳の男の子がいます。
この手紙は2月2日に入管職員に手渡したものですが、父親は未だ収容所の中で、孤独と強制送還の恐怖と、家族を引き離された悔しさで、日々体が衰弱しています。 

入管に、このように家族を引き裂かれるケースはあまりにも多いです。   
        
[PR]

by p-dragon | 2010-02-19 23:01 | 入管内からの声  

<< 第4回東京入国管理局への抗議・... 東京入管収容者の声 >>